JDF東日本大震災被災障害者総合支援本部 第五次報告会 「震災5年目から未来への提言」|

JDF-日本障害フォーラム-Japan Disability Forum

JDF は、障害のある人の権利を推進することを目的に、障害者団体を中心として2004年に設立された団体です。

JDF

セミナー・学習会

■最終更新 2016年3月17日

HOME>セミナー・学習会>JDF東日本大震災被災障害者総合支援本部 第五次報告会「震災5年目から未来への提言」|「障害者と防災」に関する当事者アンケート 集計結果<速報>

「障害者と防災」に関する当事者アンケート 集計結果<速報>

調査期間 2015年12月28日(月)~2016年2月10日(木)
調査方法 (1)アンケート調査票を障害者関係団体を通じて団体会員・関係者等に配布し、回収
      (電子メール、郵送、FAX)※支援者等による代筆を含む
     (2)同内容のWEB回答フォームをインターネット上に公開
調査対象 災害時(避難時など)に支援を必要とする在宅暮らしの障害当事者等
回答件数 1,809件
実施主体 NHK、日本障害フォーラム(JDF)(日本財団助成)

■回答の方法

紙調査票Webアンケート合計
1,505
83.1
304
16.9
1,809
100.0

単位:件数、%。以下同じ

■このアンケートを回答している方は、どなたですか?

本人家族が代理支援者が代理回答なし合計
1,046
57.8
634
35.0
79
4.4
50
2.8
1,809
100.0

問1あなた(当事者)について、教えてください。あてはまるもの全てに印をつけてください。

視覚障害聴覚障害盲ろう言語障害肢体不自由内部障害知的障害 発達障害精神障害難病呼吸器ユーザー
101
5.6
322
17.8
43
2.4
118
6.5
321
17.7
78
4.3
605
33.4
256
14.2
423
23.4
71
3.9
19
1.1

胃ろう認知症要介護高齢者1人暮らしをしている 身体障害者手帳を持っている精神障害保健福祉手帳を持っている療育手帳を持っている回答なし回答者数
15
0.8
14
0.8
35
1.9
159
8.8
663
36.7
281
15.5
500
27.6
18
1.0
1,809
100.0

問2災害が起きた時、自分だけで避難するのが難しい理由をお聞かせください。 (自由記述項目。別紙参照)

問3防災に関する次の言葉のうち、知っているものすべてに○をしてください。

避難行動要支援者(災害時要援護者)名簿個別(避難)計画 福祉避難所いずれも知らない回答なし回答者数
578
32.0
292
16.1
510
28.2
929
51.4
59
3.3
1,809
100.0

問3の棒グラフ

問4あなたはお住まいの市区町村の「避難行動要支援者(災害時要援護者)名簿」に登録していますか?

登録している登録していない分からない回答なし合計
385
21.3
724
40.0
658
36.4
42
2.3
1,809
100.0

問4の円グラフ


→「登録していない」「分からない」と答えた人は、その理由をお書きください (自由記述項目。別紙参照)

問5あなたは、個別(避難)計画を作成していますか?

作成した作成していない回答なし合計
86
4.8
1,619
89.5
104
5.7
1,809
100.0

問5の円グラフ


→「作成した」と答えた人は、いつ、どのように作成したか具体的に教えてください (自由記述項目)

問6あなたは災害が起きて避難指示が出た場合、避難所に行きますか?

行く行かない分からない回答なし合計
963
53.2
186
10.3
470
26.0
190
10.5
1,809
100.0

問6の円グラフ


→行かない、分からないと答えた人は、理由をお書き下さい。 (自由記述項目)

問7あなたはいざという時に自分が利用できる福祉避難所の場所を知っていますか?

知っている知らない回答なし合計
358
19.8
1,367
75.6
84
4.6
1,809
100.0

問7の円グラフ


問8避難所や福祉避難所について、希望があれば書いてください。 (自由記述項目)

問9お住いの地域で行われている防災訓練や避難訓練などに参加したことがありますか。

いつも参加している参加したことがある参加したことがない回答なし合計
136
7.5
463
25.6
1,169
64.6
41
2.3
1,809
100.0

問9の円グラフ

→参加したことがある場合、どのような形で参加しましたか。 (あてはまるものすべてに○をつけてください。また、その訓練の名前もお書きください。)

一般の住民として参加障害者・要支援者に関する訓練の取り組みに参加その他回答なし回答者数
414
69.1
157
26.2
44
7.3
29
4.8
599
100.0

棒グラフ

※「その他」「訓練名」は、自由記述あり

→その訓練は、障害者が参加しやすいよう、どのような配慮が行われていましたか。 (あてはまるものすべてに○をつけてください)

会場や設備をバリアフリーにする 手話通訳・要約筆記の配置 資料の点字化、読み上げなど 資料に読み仮名をふったり、分かりやすい資料を配ったりする その他 特に行われていない回答なし回答者数
52
8.7
80
13.4
13
2.2
37
6.2
57
9.5
336
56.1
67
11.2
599
100.0

棒グラフ

※「その他」は自由記述あり

問10お住まいの地域の防災に関わる計画や施策を考えるための委員会・会議・話し合いの場に参加したことがありますか。

参加したことがある参加したことはない回答なし合計
190
10.5
1,566
86.6
53
2.9
1,809
100.0

問10の円グラフ

→ 参加したことがある場合、どのような形で参加しましたか。(あてはまるものすべてに○を)

委員会などの委員として ヒアリング、意見発表など 傍聴参加 その他回答なし回答者数
38
20.0
34
17.9
72
37.9
37
19.5
31
16.3
190
100.0

棒グラフ

※「参加した委員会名」「その他」は自由記述あり

問11障害者が参加したことで訓練の内容や防災計画などが、よくなった点があれば教えてください。     (自由記述項目)

問12訓練や計画づくりなどに参加したことがない場合、それはなぜですか。 (あてはまるものすべてに○)

障害者を含む内容になっていない 会場のバリアフリーや、情報に関わる支援、配慮が得られない 連絡や誘いを受けたことがない その他回答なし回答者数
289
16.0
174
9.6
1,099
60.8
241
13.3
380
21.0
1,809
100.0

問12の棒グラフ

※「その他」は自由記述あり

問13訓練や計画づくりに障害者が参加しやすくするためには、何が必要だと思いますか。     (自由記述項目)

問14お住いの地域の計画、訓練は、あなたの生命や安全を守るために役立つと思いますか。

はいいいえ回答なし合計
928
51.3
454
25.1
427
23.6
1,809
100.0

問14の円グラフ

※理由として自由記述あり

問15南海トラフ地震や首都直下型地震など、大規模な災害があった時のあなたの避難や防災について考えていることがありましたら、教えてください。 (自由記述項目)

■回答者の属性

性別

男性女性回答なし合計
906
50.1
821
45.4
82
4.5
1,809
100.0

年齢区分

10歳未満10代20代30代40代50代60代70歳以上回答なし合計
37
2.0
77
4.3
205
11.3
245
13.5
313
17.4
286
15.8
291
16.1
250
13.8
105
5.8
1,809
100.0

都道府県

北海道青森岩手宮城秋田 山形福島茨城栃木群馬埼玉
89
4.9
3
0.2
62
3.4
136
7.5
1
0.1
0
0.0
187
10.3
30
1.7
6
0.3
23
1.3
26
1.4

千葉東京神奈川新潟富山石川 福井山梨長野岐阜静岡
44
2.4
195
11.2
113
6.2
46
2.5
1
0.1
8
0.4
8
0.4
2
0.1
25
1.4
11
0.6
26
1.4

愛知三重滋賀京都大阪兵庫 奈良和歌山鳥取島根岡山
75
4.1
71
3.9
16
0.9
8
0.4
62
3.4
24
1.3
39
2.2
8
0.4
31
1.7
13
0.7
35
1.9

広島山口徳島香川愛媛 高知福岡佐賀長崎熊本大分
23
1.3
17
0.9
2
0.1
4
0.2
29
1.6
8
0.4
51
2.8
3
0.2
74
4.1
2
0.1
10
0.6

宮崎鹿児島沖縄回答なし合計
28
1.5
18
1.0
1
0.1
115
6.4
1,809
100.0

ページの先頭へ