JDF-日本障害フォーラム-Japan Disability Forum

JDF は、障害のある人の権利を推進することを目的に、障害者団体を中心として2004年に設立された団体です。

JDF

セミナー・学習会

■最終更新 2013年11月6日

HOME>セミナー・学習会>国際防災の日記念 障害者と防災シンポジウム「誰もが住みやすい まちづくりに向けて」

国際防災の日記念 障害者と防災シンポジウム「誰もが住みやすい まちづくりに向けて」

UNISDRのロゴマーク  日本財団のロゴマーク  JDFのロゴマーク

国際防災の日記念 障害者と防災シンポジウム
「誰もが住みやすい まちづくりに向けて」

10月13日は「国際防災の日」2013年のテーマは「障害とともに生きる人々と災害」

【発表資料はこちらからご覧いただけます。】

シンポジウムは、終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

日時:2013年10月29日(火)13:30~16:30
場所:岩手県陸前高田市 キャピタルホテル1000
(陸前高田市高田町字長砂(ながすか)60-1 TEL 0192-55-3111 FAX 0192-55-3500)
参加無料 定員200名
主催:国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所、日本財団、日本障害フォーラム(JDF)

 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、2万人近くにのぼる犠牲者の中でも、 障害者の死亡率は住民全体の約2倍であったとの報告が出されています。
 このシンポジウムでは、「障害者と防災」という観点から、東日本大震災の経験と教訓を共有するため、 被災地である陸前高田市から世界に発信していきます。
 2015年3月に仙台で開催される第3回「国連防災世界会議」で策定される、新たな防災に関する国際的な枠組を見すえながら、 誰もが住みやすいまちづくりのあり方を探ります。

プログラム(順不同・敬称略)

2013年国際防災の日ロゴ

◆ 開会挨拶
  笹川 陽平 (日本財団会長)
  嵐谷 安雄 (日本障害フォーラム代表)
  戸羽 太 (陸前高田市長)
  マルガレータ・ワルストロム(国連事務総長特別代表-防災担当、兼UNISDRヘッド)

ワルストロム特別代表に提言を手渡す

◆ 国連事務総長 国際防災の日に寄せるメッセージ(代読)
 代読 松岡 由季 (国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所代表)

◆ 障害のある生徒と仲間たちのメッセージ
     陸前高田市立第一中学校の皆さん

手話コーラスをする地元の作業所の皆さん

◆ ドキュメンタリー映画上映「生命のことづけ -死亡率2倍 障害のある人たちの3.11-」

◆ パネルディスカッション「障害インクルーシブな防災とまちづくり」
 パネリスト     田中 陽子 (岩手県聴覚障害者協会気仙支部長)
           津田 知子 (セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
                 東日本大震災復興支援事業部副部長(プログラム)
                 兼プログラムマネージャー(子どもにやさしい地域づくり))
           菅野 利尚(陸前高田市民生部社会福祉課長)
           小山 貴 (JDFいわて支援センター事務局長)
 ファシリテーター  藤井 克徳(日本障害フォーラム幹事会議長)
 コメンテーター   マルガレータ・ワルストロム

陸前高田でのシンポジウムの様子

◆ 被災地からの提言-誰もが住みやすいまちづくりに向けて
 読み上げ 金子 清子 (青松館せせらぎ利用者/陸前高田市障がい福祉計画ワーキンググループメンバー)

【被災地からの提言】

◆ 閉会挨拶
  田村 幸八 (JDF被災障がい者支援いわて本部長)


マルガレータ・ワルストロム(Margareta Wahlström)

マルガレータ・ワルストロム女史の写真

国連事務総長特別代表(防災担当)として、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)のヘッドを勤める。 UNISDR(本部ジュネーブ)は国連の防災担当部局として2000年に設立され、国連防災世界会議の事務局も勤めている。 2008年に国連事務総長特別代表に就任したワルストロム氏は、 緊急人道支援、及び防災・減災分野において30年以上の経験を持つ。国籍はスウェーデン。

ページの先頭へ