中途失聴・難聴者について

聞こえに困ったら

1人で悩まず、相談しましょう。
 相談先→  耳鼻科医(補聴器相談医)、認定補聴器専門店、市の福祉課、茨城県聴覚障害者センター「やすらぎ」など
 当会コミュニケーション部(聞こえの相談室)では、聞こえのメール相談も受け付けています。
    → ibanan_hpあyahoo.co.jp(あを@に変更してください)

難聴は聴力回復が困難な場合が少なくありません。
また、同じ「中途失聴者」「難聴者」と言っても、聞こえの程度や聞こえにくくなった年齢、これまでの教育、環境によって様々なな方がいます。
「聞く」を補う方法を増やすと、生活の幅が広がります。

当会の行事では、要約筆記や補聴援助システム(磁気誘導ループ)↓を用意しています。聞こえなくても安心してご参加ください。

 

コミュニケーション手段

自分に合ったコミュニケーション方法をいくつか組み合わせ、活用していきましょう。


  手段 説明
聴覚を補う方法 補聴器 正しい調整や聞き取る練習が必要です。信頼できる方(補聴器相談医、認定補聴器専門店など)へ相談しましょう。
 ※ 高価なものが良く聞こえるとは限りません。
 ※ 障害者手帳の等級により購入費の補助があります。購入前にお住いの福祉課へご相談ください。
 ※ 機種によって様々な支援機器(補聴援助システム)があります。
  人工内耳 内耳に埋め込んだ電極を通じて聴覚神経を刺激し、脳に音を伝えます。
 ※ 手術には健康保険が適用されます。
 ※ 会員の体験談はこちら→(準備中)
  補聴援助システム マイク(送信機)を通して補聴器や人工内耳(受信機)に、音声を飛ばして伝える援助機器。
電話、テレビ、集団での会話などが聞き取りやすくなります。
 ※ 種類:磁気ループ、赤外線、FM、Bluetoothなど
 ※ 補聴器・人工内耳(受信機)とマイク(送信機)が対応していることが条件。
 ※ システムを設置している茨城県内の公共施設→(準備中)
視覚で補う方法 手話・読話 読話(どくわ)は口の形を読み取る方法です。聞き取れないときの手がかりになります。
茨城県立聴覚障害者センター「やすらぎ」では、難聴者とその家族を対象とした手話講習会を開催しています。
 ※ 当会も事業協力しています。
  筆談 話のポイントをわかりやすく書くことが大切です。
相手のコミュニケーション方法がわからないときは、まず書いてみましょう。
 ※ ホワイトボードや筆談ボードが便利。
 ※ 「書いてください」と言えない、という方は「耳マーク」を活用しましょう。→ 主な活動 耳マーク部
  要約筆記 その場の音声を文字で伝える通訳です。手話通訳と同様に福祉サービスの一つです。
 ※ 個人や団体での利用も可能 → 会員の利用体験談(準備中)
 ※ お住いの福祉課、聴覚障害者センター「やすらぎ」へご相談ください。→ 要約筆記を利用するには
 ※ 県内の要約筆記サークル情報 → 平成28年7月現在
  会話支援アプリ スマートフォンやタブレット対応の便利なアプリがたくさんあります。ちょっとした会話に便利です。
 ※ UDトーク、こえとら など