はがき通信ホームページへもどる No.66 2000.11.25.
Page. 1 . 2 . 3 . 4 .
カウンター
line
も く じ
ball ごあいさつ 広報委員 :麸澤孝
ball 福岡懇親会を終えて 懇親会実行委員長
ball 懇親会に参加して 佐賀県 :KN
ball 懇親会に参加した方々の声 懇親会参加の皆さん
ball 来年の懇親会は神奈川県横浜で 横浜懇親会実行委員
ball 「ボラバイト」って何? 宮崎県 :RS
ball 一日一生 奈良県 : MA
ball  C4頸髄損傷者の自立生活と健康管理 兵庫県 : ガベちゃん
ball  IT関連資格取得に関して 広島県 :兎本力
ball 正論?玉葱にITは小判?真珠?念仏? 広島県 :玉葱オヤジ
ball  デジタルカメラとケーブルTV・インターネットサービス 愛知県 :YT
ball 言葉遊び、第ニ弾! 佐賀県 :中島虎彦
ball 在宅になって1年半になります  石川県 :TH
ball メーリングリストを作りました 東京都 :麸澤孝
ball 私のカナダ旅行 福岡県 :KK
ball 初めての投稿 山口県 :DI
ball 車椅子収納補助装置の取り付け ミカリン
ball この夏の出来事 埼玉県 :HS
ball 弱い自分に負けず自立を目指した16年 長崎県 :YS
ball ひとくちインフォメーション


ごあいさつ

 「はがき通信」懇親会も終わり、今年も1年を振り返る時期となりました。私にとっては今年も昨年同様病気もせず、各地に旅行したり、リハ工学カンファレンスでの発表、友人との再会と満足のいく1年でもありました。
 自立生活も3年が過ぎて、東京に来た当時の生活の安定だけしか考えられなかった頃から見ると、今では生活も安定して余裕も出てきました。しかしその反面、これから先「何を目標に?」「どのように生きるか?」という壁にぶつかっているのも確かです。
 飛ぶように1年が過ぎ去る今、来年の今頃に同じようなことを考えてることだけはやめよう、と思うばかりです。
 これから寒くなります。皆様もお元気で!

広報委員:麸澤孝 ホームページHOME fuzawa@par.allnet.ne.jp

butterfly


福岡懇親会を終えて

 「はがき通信」福岡懇親会はお疲れさまでした。おかげで、50名(障害当事者・日帰り、宿泊含む)が参加して無事に終了しました。大変ありがとうございました。
 障害者の自立生活と社会参加は大きな目標でしたが、これに加えて、社会での義務と責任を深く考える方向で、「はがき通信」がより充実した内容になるようにみなさんの原稿、お便りをお待ちしています。
 今回は多くの不手際があったにもかかわらず、大会を盛り上げていただきまして本当にありがとうございました。深く感謝しています。 
懇親会実行委員長 向坊弘道



懇親会に参加して

C3〜5/受傷11年

 20世紀もあと僅かになりましたが、如何お過ごしでしょうか。「はがき通信」懇親会in福岡、向坊さん始め会を支えて下さった方々、本当に有り難うございました。介助者の都合がつかず、初日だけの参加になりました。初めて参加した広島で顔見知りになった方々との再会は、新たな感動と活力を与えてくれました。
 
 参加には、我が町の社会福祉協議会のお嬢さん二人のボランティア付き添いでJRを利用しましたが、博多駅までの12駅中、車いすでスムーズに乗降可能は僅か1駅のみで、他は天下の博多駅を含み20センチ前後の段差。今更ながら驚きました。自走式車いすで介助にさほどの困難はなかったようですが、重量が大きい電動車いす利用の場合はどうなるのかと考えさせられました。
 今回は、付き添ってくれた彼女達の感想を紹介してみようと思います。

<基山町社会福祉協議会・ボラ担当日高さんとホームヘルパー國金さんの感想>

 初めて四肢麻痺障害者のNさんの外出に付き添って、果たして何ができるかという不安もありましたが、図々しく同行させていただきました。少し遅くなりましたので博多駅前からリフトカーに乗り、会場に着いた私達の目に電動車いすを自由自在に操る、出席者の皆さんの姿が飛び込んできました。
 残念ながら発表会のお話を聞くことはできませんでしたが、表情も生き生きとしていて、自分の好きなことに打ち込んでいらっしゃる様子が、展示してある作品からも伺えます。仕事に追われ、趣味もなく毎日を送っている私達に比べ、障害を乗り越え、人生を大いに楽しんでいらっしゃる皆さん。ボランティアで参加した私達が、反対に励まされているのを感じました。
 障害を乗り越えるには自分独りで思い悩むだけでなく、また、がむしゃらに突き進むだけでなく、同じ障害を持った方や周りのいろいろな方達と語り合いながら、少しずつ進んでいく事が大切なのではないかと思えてきました。
 バリアフリーが提唱され、社会全体が福祉に対して意識が高まる中、人間一人としての関わり方が求められ、心の中のバリアも取り払う必要があることを、福祉の一端に従事している私達にとって再認識させられた、貴重で素晴らしい出会いであったと思います。有り難うございました。(以上)

 この二人、友さんのハーモニカと手品講義にしっかりハマリ込んで、しばしの任務放棄…。夕食時は、隣席のボラ・チーフ氏とボランティア論議。まぁ、難しいテーマではあるようです。次回は横浜。最低一泊…♪行けるといいな、行けるといいのに〜♪
 60の手習い、猫に小判、パソコン発注中です。メール届いたら拍手下さい。 
佐賀県 : KN



懇親会参加者から寄せられた声 


★10月1日、夕方5:30にエンストもなく無事着きました。初めての参加でしたが、さすがにリクライニング車が多いことと、発表会の最中あちこちでリクラインニングの頭が沈んだり、起きあがってきたりする光景が異様でした。しかし、考えてみるとわれら頸損者や難病者の集会です。皆さんシンドイ体に喝入れながら集まっているのだから、よくぞ集まってくれたと嬉しくなりました。僕自身ももっともっと頑張って過ごさねばと反省させられる有意義な会合でした。
 盛会おめでとうございます。さぞ、お疲れだったでしょう。ありがとうございました。

宮崎県日向市 F

★お礼を申し上げなくてはいけないのはこちらです!おかげさまで、本当に楽しい3日間を過ごさせていただきました。まさか私自身、九州に行ける日が来るなんて想像もしたコトがなかったので、きっかけを下さった「はがき通信」には心から感謝しています。
 新幹線があれば全国どこにでも行くことが可能であると、実感できました。知り合いの輪も広がり、年1回の同窓会気分で早くも来年が楽しみです。正直、神奈川も遠いのでどうしようカナと迷っていたのですが、仲良くしていただいた人たちの「ぜひまた来年も逢いましょう」の言葉に勇気づけられました。
 みんな、「はがき通信」がなければ出逢うことがなかった人たちです。本当に素敵な出逢いの場をどうもありがとうございます。機関誌も毎回楽しみにしています!「はがき通信」に出逢えた幸運に心から感謝して。本当に本当にいろいろとありがとうございました!! (^o^)/

兵庫県神崎郡 YT

★「はがき通信」懇親会、ありがとうございました。土曜日はあいにくの雨でしたが、ボランティアの澤田さん姉弟にラーメン屋に案内してもらって、大満足でした。 これからはもう少し、投稿もするようにします。お疲れになったと思います。ゆっくり休息をお取りください。

福岡県北九州市 YT

★懇親会のお世話、お疲れ様でした。手品あり、にわかありで楽しいひとときでした。私の詩の朗読も味わってもらえたでしょうか。
 天神までの雨にはひと苦労しましたが、その後初めてのカラオケBOXに連れていってもらい、3曲も歌ってしまいました。すぐに息があがって肺活量の乏しさを痛感しました。
 ともあれ、またひとつ見聞を広めることができました。これも関係者のみなさんのおかげです。骨病みなさいませんでしたか。

佐賀県 中島虎彦

★ 「はがき通信」懇親会ではお世話になり、ありがとうございました。また、3日間の懇親会開催、お疲れさまでした。初めての参加でしたが、メールだけでお顔が見えなかった方々にもお会いできてさらに親近感を持ちました。これからもよろしくお願いします。

 福岡県福岡市 HK

★福岡の懇親会ではお世話になりました。おかげさまで多くの人と話すことができ、また名前と顔が一致して想像していた通りの人だったり、このような顔をしていたんだと納得したりで、楽しいひとときを過ごすことができました。今回は本当にお世話になりました。ボランティアの人たちにもよろしくお伝えください。 

奈良県香芝市 MA

★「はがき通信」親睦会の時は、たいへんお世話になりました。向坊さんをはじめ、福岡の方たちのおかげで、たいへん有意義な3日間を過ごさせていただきました。お疲れはでられませんでしたでしょうか?本当にありがとうございました。ボランティアの方たちにもお礼をお伝えください。 

兵庫県姫路市 K

★親睦会ではお世話になりました。1日だけの参加でしたが、皆さんの話を聞かせていただき励まされ良い刺激を受け、有意義な時を過ごさせていただきました。いろいろと準備にご苦労なことだったと思います。お疲れさまでした。 

福岡県大野城市 KM

★ たいへんお世話になりありがとうございました。尿漏れの大ハプニングがあり、ちょっと気落ちしかけていたときみなさんの声に元気がでました。とんだハプニング発生のため主人ともども、思ったようなお手伝いができず申し訳なく思っています。
 でも、私自身去年より得た収穫が大きく、胸を熱くして帰って来ました。来年もぜひ参加できればと思っています。ほんとうにありがとうございました。

広島県山県郡 MK

★ 「はがき通信」懇親会、お疲れ様でした。最終日の最後まで参加できなくて残念でしたが、多くの方にお会いしていろいろな話ができて、とても嬉しく思いました。私は、「はがき通信」の懇親会に参加させていただくようになって多くの方と知り合いになり、生活の工夫や頑張りに影響され、いろいろなことにチャレンジするようになりました。そして視野が広がり、自信が持てるようになりました。 来年は、横浜での「はがき通信」懇親会を成功させるために、瀬出井さんと頑張って準備したいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。 

神奈川県横浜市 MI

★ 「はがき通信」懇親会ありがとうございました。昨年の広島での懇親会が初めてで今回が2度目の参加ですが、前回と同様にたくさんの元気をわけてもらいました。
 昨年は、生活上の工夫をされるていることや健康管理の情報と、いかに外に向かって生活されているかを見聞きし、この1年間の自分の生活に役立ち、励みになりました。今年は、積極的に小中学校での講演に出かけるようにしているとの話から、自分はいかに社会に貢献していくべきかを考えさせられたり、枯れかかったひまわりの花への想いを聞いて心の温かさを感じました。生活技術より、むしろ、もうすこし内面的なものを得たような気がします。
 最後に松井和子さんが、電子メールで即座に情報交換ができる時代での、「はがき通信」の必要性は何だろうと考え込むことがあるとおっしゃっていましたが、私は「はがき通信」に電子メールにはない心の温かさやゆとりを感じますので、ぜひ、いつまでも存続を希望します。
 来年の横浜での懇親会がいまから楽しみです。世話人の方は非常にたいへんだと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

福岡県福岡市 MI

★ 先日の懇親会ではありがとうございました。いろいろお話ししたかったのですが、ちょっとすれ違いになってしまいました。今年は、旭化成の山岸さんとお会いできて良い刺激になりました。あの人は、良いものを作りそうですね。
 来年は横浜ですね。またおじゃまさせていただきたく思っています。近いのでありがたいです。

東京都武蔵野市 I

★ 本当にご苦労様でした。おかげ様で、また新しく知り合いが増えました。特に私は締め切り後の申し込みという「反則」者で、たいへんなご迷惑をおかけしたにもかかわらず、暖かく迎えて下さったことを感謝しております。さらに帰りにはラーメンのお土産までいただいてしまい、恐縮しております。
 皆がそれぞれの持ち場で、精一杯役割を果たせるようになれば良いですね。そのためには、「はがき通信」の果たす仕事もまだまだたくさん残されているように思います。
 最後にもう一度、福岡ではたいへんお世話になりましてありがとうございました。懇親会でお世話になった多くの方々。お名前は覚え切れませんでしたが、皆様にも「ありがとうございました」とよろしくお伝え下さい。それでは、またお目にかかれる日を楽しみにして…。失礼いたします。

東京都小平市 N

懇親会の写真
去年は一人で参加されたKFさんと Mさん…今年はうれしいご報告

左からKFさん + 泰子さんご夫妻と
DI さん + Mさんご夫妻


KFさんからのコメント

 「3人(娘さんの慈未さんと)で明るい家族を築いていきます」  

どうぞ末永くお幸せに…!!




 来年の懇親会は神奈川県横浜で

 7月号に概略をご報告させていただきましたが、横浜駅西口近くの会場とホテルを早くも予約できました。日程は来年の9月28日(金)〜30日(日)です。伊藤道和実行委員長のもと、皆さんに横浜を楽しんでいただけるようにがんばります。参加お申し込みについては、来年の7月号でご案内します。
 皆さん、来年は横浜でお会いしましょう!    

     横浜懇親会実行委員 : 瀬出井



 「ボラバイト」って何?

 9月3日日曜日の朝、新聞のテレビ欄を見ていましたら午後1時「噂の!東京マガジン 若者夢中・ボラバイトってナンだ」とあり、これはボランティアとアルバイトの合わさった言葉のことかと思ったものの、最近、意味のわからないカタカナ言葉が氾濫しています。
 それで、これは一部の新しもの好きの若者らの間で最近流行りはじめた遊びか、それともスポーツなどかも知れぬと漠然と思っていましたところ、午後1時からの放送を見れば、はじめに思ったボランティアとアルバイトが合わさった言葉でした。この番組で紹介されたボラバイトは農家で働く体験をしたいという女子学生で、この女子学生にとってみればボランティアでもなくアルバイトでもない、その中間に位置するボラバイトであるからこそできた貴重な体験だったようです。
 人手を必要としているのは農家だけではありません。人手は欲しいがボランティアに来てもらうのは心苦しい、アルバイトを雇うゆとりはないが人手が欲しい、ボランティアは無償行為とはいえ助けてもらったからには幾らかのお礼をしたい、等の思いをもって人手を求めている方は少なくないものと思います。
 アルバイト料ほどでない、負担の少ない金額で双方の心理的負担を減らすことができるならば、このボラバイトは双方に利益をもたらすものと思います。もしかすると、この放送をきっかけにしてボラバイトが広まっていくかも知れません。 平成12年9月5日

     宮崎県 : RS

このページの先頭へもどる  次ページへ進む


line


HOME ホームページ MAIL ご意見ご要望