は が き 通 信 No.57 - Page. 1 . 2 . 3 . 4
POST CARD CORRESPONDENCE 1999.5.25
counter
《ごあいさつ》

東京では花見も終わり、緑が濃くなってきた気がします。3月から4月は頸髄損傷者として自立生活をする私にとって大変な時期のひとつです。
それは介護者が引っ越しや卒業、進級による授業時間の変更などでやめる人が重なる時期なのです。以前は新しい人が入ると1から説明するのが苦痛でたまりませんでしたが、自立生活も2年がたとうとしている今では、少々余裕が出てきたような気がします。
失禁しても、開き直りの精神であまり気を使わないことです。介護してもらうほうが気を使いすぎると、介護者も気を使うようですよ。

編集委員 麸澤孝

感謝状


編集委員を瀬出井さんに交替します

「はがき通信」の皆さん、5月の連休はいかがお過ごしですか。私は外房白子でのんびり過ごす予定です。
さて浜松医大に移り、4年めに入りました。おかげさまでこの3月、初の卒業生を出しました。全国各地の病院で卒業生が働き始めました。大学院も4月に開設し、これから学部学生と院生教育に加えて、研究や大学の管理運営など、ますます多忙になります。
「はがき通信」は名前だけの編集委員となって3年間、向坊さんや麩沢さんのご厚意に甘えてきました。通信の会員も500人近くになり、ますます編集への期待も大きくなってきます。
そこでこの際、名前だけの編集委員を降りて、瀬出井さんに編集委員を引き受けていただきました。これからは向坊さん、麩沢さん、瀬出井さんと実質、当事者主体の編集となります。
私も皆さんとの交流は今までどおり継続させていただきたいし、「はがき通信」には今後もできるだけ係わっていきたいと考えています。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

旧編集委員 松井和子



皆様よろしくお願い申し上げます

若葉茂る新緑の季節となりました。松井先生が浜松医大でお忙しくなられた関係で、このたび編集委員を引き継ぐことになりました瀬出井と申します。
思い起こせば、「はがき通信」の18号に登場して以来、毎回のごとく図々しく顔を出させていただいております。
麩澤編集委員も「はがき通信」は「特別なもの」だとおっしゃっています。私にとってもそうです。今後も皆様のご支援・ご協力を仰ぎながら、継続に向けて努力していきたいと考えておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
「新編集委員としての抱負」という題を頂きましたが、大それたことはとても申し上げられません。「松井先生の築かれた方針を大切にして、呼吸器使用レベルの頸髄損傷者の方たちのことを念頭に置く暖かい情報交換誌であるよう」心がけていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

新編集委員 瀬出井



バイク事故

初めまして。ただいま50歳の男性です。3年前、バイク事故で頸椎損傷(C3)になり、現在上肢下肢が動かせず、妻にすべて介護をまかせて自宅にて日々を送っています。
インターネットのホームページで「はがき通信」なる情報誌があることを知ったので、購読したいと思い、メ−ルを書きました。よろしくお願いします。
奈良県 : MA nijyosan@pop16.odn.ne.jp


子宮以外の病気は殆どやった

初めてお便りします。私は33年前、海に飛び込んでC5,6となり、完全麻痺した53歳の若者です。今は(千葉県)松戸市の私の尊敬する先生の病院に入院させてもらっています。「はがき通信」はもうずっと前から読ませてもらって、皆さんの活躍に感心していました。

今まで骨髄炎、膀胱炎、腎う腎炎、肺炎、膵炎、肝炎、不眠症、結膜炎に口内炎、皮膚炎に額関節炎と子宮以外の病気は殆どやってきました。手術も10回以上受け、かなりスタミナを無くしましたが、このところ持ち直して、今は一日3、4時間起きて、電動車椅子に乗ったり、本を読んだり、新聞を読んだりしています。
今度、インターネットにつなぎましたので、E-mailで仲間に入れて下さい。どなたか金をかけないで英語の勉強をしたいという人がいれば、手助けできるかもしれません。
それから今、マニュアルのリフトカーを持っているので運転してくれるボランティアの人を捜しています。よろしくお願いします。
千葉県 :HK kuromaru@fsinet.or.jp


仕事と遊びの14年

花も終わり若葉が美しい季節となってきましたが肌寒い日が多く、寒さに弱い私にはまだまだ名のみの春にしか過ぎません。
「はがき通信」の読者になって2年、初めてお便りいたします。1943年生まれの56歳、福岡市役所に勤務していた85年に自転車と車の事故でC−3、4を損傷しました。
せき損センター入院中に職業訓練を受け、退院と同時にパソコンを購入しました。あわよくば在宅での仕事を、と虫のいいことを考えていましたが、「パソコンが使えれば職場復帰も可能では?」という思いが強くなり、88年4月に職場復帰の希望を表明しました。
人事課にとってはまさに青天の霹靂、前例無視の暴挙だったようで、担当者は「ひどいケガをした方は皆やめています。Tさんも退職していただけると思っていたのですが」と苦り切った表情でした。

しかし、復職審査会の10人の医師は私の希望を非常に好意的に受け止め、まずは「勤務に耐える体力があるか」を確認するため7月から近くの福祉事務所で働くことになりました。ワープロを使った文書作成や下手くそな字での封筒書き、それに窓口での相談受付などをこなすこと5ヶ月、ついに職場復帰がかないました。
それから早10年、この間一番悩まされたのは「おしっこ」に関する問題です。ユリドームを使っているので勤務中の水分摂取は控えざるを得ず、かといってあまり控えると濁ってしまうジレンマはどうしようもありません。
94年春にはついに括約筋がダウンして切開され、97年秋は4ヶ月連続の尿路感染・発熱まで経験しました。これはなんとか収まりかけているものの、「ユリドームのすっぽぬけ」ばかりはどうしようもありません。じわっと広がるズボンのシミを見るのはなんとも惨めなものです。

まあ、いろんなことはあるものの、若い衆に抱えられての職場旅行や忘年会への参加など、在宅勤務では味わえない楽しみもあります。一般職員とまったく同じ条件での勤務を続けていますが、家族や同僚の協力のおかげです。私の場合介助は妻に頼っており、妻が風邪でも引けば私も一緒にお休みという状況で、今はもう妻の体力が尽きるのと私の定年とどちらが早いかという段階にさしかかってきました。

元来私は遊び好きのほう。けれど車椅子と縁付いた以上、それもだめかと諦めていましたが、せき損センターのAさんに誘われ、94年9月には思いがけぬ北京見物をすることができました。北京の名所は階段ばかりでしたが、一番印象深かったのは「万里の長城」です。
尾根伝いに造られた長城に平らなところはなく、悪戦苦闘しながらやっと上げてもらいましたが、龍のような長城が悠々と寝そべって彼方の山の端に姿を消しています。スケールの雄大さに感動したのはもちろんですが、歴史上のさまざまなことが脳裏をよぎり感慨深いものでした。
介助者のご苦労に目をつぶらせてもらえれば、この旅行の最大の収穫は「抱えてくれる人さえいれば世界中どこでも行ける」ということでした。この自信のおかげで、Aさんと私のコンビは、今もモンゴルや新疆などの不便なところばっかり遊び歩いています。

福岡市中央区 : T



つづく
次ページへ




HOME ホームページ MAIL ご意見ご要望