聴覚障害者に関する災害救援について

  

東日本大震災を忘れない 3.11声明

  

熊本地震の支援金受付は2/28で終了しました。ご協力ありがとうございました。


防災に関する出版物のご案内


手話で防災

手話で防災

皆さんの職場やご近所に、耳の聞こえない人はいませんか?
聴覚障害者にとっていつ起きるかわからない災害から身を守るのはとても大変なことです。
「危険!」という情報をどのように知ればよいのか―
本書は、災害の聴覚障害者への支援を地域の方々にご理解いただけるよう、聴覚障害者や手話についてわかりやすく解説しました。
聴覚障害者も共に暮らす地域のコミュニケーションに、防災に、ぜひお役立てください!

A5判54頁
定価500円+税(税込価格540円)


守ろう!LIFE

守ろう!LIFE

いつ起きるかわからない災害から身を守るには?
本書は、災害が発生したとき、聴覚障害者の命や身を守るには何をすべきかを解説しています。
初動対応、安否確認、救援体制のつくり方を東日本大震災時の聴覚障害者救援活動の実例から学びます。
地域の防災ネットワークを確立し、日頃からの備えを万全にし、災害時被災死亡者「ゼロ」を実現するためにぜひご活用ください。
聴覚障害者団体、支援団体関係者及び行政関係者など地域防災ネットワーク作りの推進者、
また、地域防災学習会等に携わる方や参加者のためのテキストとしておすすめの一冊です。

A4判96頁
定価1300円+税(税込価格1404円)


全国防災対策会議 報告書

報告書

2013年3月に兵庫県神戸市にて開催いた「全国防災対策会議」の報告書です。
阪神大震災を経験した地元兵庫はもちろん、東日本大震災で被災した東北3県をはじめ、全国から集まった参加者により、
避難訓練等に関する様々な事例や、今後の課題についての提案、意見交換がなされました。
参考になる事例、共に考えていかなければならない課題などが報告されています。
地域での防災会議、学習会等にご活用し、地域の「災害ネットワークづくり」を進めましょう。

A4判102頁
定価1000円(税込価格)