センターの概要
 兵庫県立聴覚障害者情報センターは、震災の教訓を踏まえ、聴覚に障害のある皆さんに、適切な情報を発信し、また、手話通訳をはじめコミュニケーション支援を行う方々の養成施設として、兵庫県と神戸市が協力し、全国で29番目に開設いたしました。
 広く交流の場となるよう、情報サロンや相談窓口なども設けておりますので、お気軽にご利用ください。

聴覚障害者情報センターの目的

 聴覚障害者の社会参加と自立を援助し、生活・文化の向上と福祉の増進をはかることを目的とします。そのためのさまざまな事業を、兵庫県及び神戸市等関係機関と調整を図り、サービスを提供していきます。

設立の経緯

 平成2年に「視聴覚障害者情報提供施設」が法制化されてから、全国で次々と聴覚障害者情報提供施設が誕生し、兵庫にも設置を求める声が出てきました。
 そして、県下の聴覚障害者団体と支援団体の願いが一つになって「聴覚障害者センター設立委員会」を立ち上げ、取り組みを続けました。その願いが「聴覚障害者情報提供体制検討委員会」という行政と共に検討する場を経て、県と神戸市の共同設置の形で実現しました。

必要性
 聞こえないために社会参加や自立が阻まれることのないよう必要な情報提供・コミュニケーション保障をはじめ、総合相談、緊急災害時の情報発信等の支援が求められています。聴覚障害者の権利擁護と生活・発達支援などの拠点施設としてセンターは非常に大きな役割を担っています。

事業の概要
手話通訳者、要約筆記者、盲ろう者向け通訳・介助員の派遣業務などコミュニケーション支援事業。
生活相談や、生活訓練等、暮らしに関する支援事業。
手話通訳者や要約筆記者及び盲ろう者向け通訳・介助員の養成等の事業。
聴覚障害者団体や手話サークル・要約筆記サークルなどの活動支援(団体交流室)。
聴覚障害者向けビデオの制作、字幕や手話入りビデオカセットの貸出事業。
聴覚障害者への情報発信に関する事業。
聴覚障害者向け災害等緊急時情報発信システム事業



トップページへ