大聴研ホームページ

大聴研会則

 会則




第1条(名称) 本会を大阪聴覚障がい児教育研究会(通称:大聴研)と称する。

第2条(目的) 本会は聴覚障がい児の教育を保障し充実させるために、
          聴覚障がい児教育における諸問題を研究することを目的とする。

第3条(事業) 本会は前条の目的達成のため次の事業を行う。
           1.総会
           2.研究会・講演会・実践交流会等の開催
           3.聴覚障がい児の交流会の開催
           4.その他(他の研究会との連携)

第4条(会員) 本会は大阪府内(大阪市、堺市を含む)で聴覚支援学校や
          難聴学級や通級指導教室を設置する学校、および聴覚障がい児
          教育に関わりのある学校の校長ならびに教職員、その他、本会の
          趣旨に賛同する教職員をもって組織する。

第5条(役員) 本会には次の役員を置く。但し、任期は1年とし、再任を妨げない。
           1.会長(1名)
           2.事務局長(1名)・事務局次長(若干名)
            3.会計(1名)
           4.研修(3名)
           5.事務局員(若干名)

第6条(役員の任務)
 1.会長は、会を代表して会を総括し、役員会を開き、会の運営を図る。
 2.事務局長・事務局次長は、役員会や各事業の実施に向け連絡・調整にあたる。
   事務局を研究会会長の所属校に置く
 3.会計は、会の会計事務を司る。
 4.研修は、各事業の企画にあたる。また、近畿教育オーディオロジー研究協議会
   代表委員として、全国公立学校難聴言語障害教育研究協議会へ実行委員
   として参加する。
 5.事務局員は、役員会に出席し、各事業の案について検討し、会当日の運営にあたる。
   在籍校周辺の学校への聴覚障がい児教育に関する様々な情報の発信元になる。

第7条(会計監査) 役員とは別に2名の会計監査を置く。その任務は、会計の監査にあたる。

第8条(承認) 本会の会長、事務局長、事務局次長、会計、研修、事務局員は会員の中より     
          推薦し総会の承認を得て決定する。

第9条(会費) 本会の経費は、1年あたり会員校の会費(1校あたり2000円)か個人会員の       
          会費(1000円)、または研究会等の参加費をもってあてる。

第10条(会計年度) 会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

(付則)
 1.この会則は、平成26年6月9日より施行する。