守る会とは

 全国重症心身障害児(者)を守る会は、昭和39年6月に発足し、「最も弱いものをひとりももれなく守る」 という基本理念に沿って、社会の底辺にあった重症児(者)の福祉を訴え、医療を求め、教育を願って、 重い障害をもつ子どもたちの幸せを願う親としての活動に取り組んできました。こうした真摯な運動は、 社会の共感を得、国を動かし、今日の重症児(者)の福祉対策の推進も寄与することになりました。
 守る会は、親の意識の啓発と連携を密にするため、全国47都道府県すべてに支部を置き、施設施策 と在宅施策の運動を進め、地域活動を行っています。

ご挨拶

 皆さま明けましておめでとうございます。
 平成最後の年をつつがなく迎えられたこととお慶び申し上げます。

 昨年(平成30年)は災害の年でありました。日本全土で発生した集中豪雨や地震被害、台風による災害と、 大自然の驚異にさらされた一年でありました。今なお復興に程遠い生活を強いられている方々がおられ ることに、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興を願うばかりです。

 今年のメインイベントは10月26日(土)~27日(日)にホテルニューオータニ博多にて開催予定の 九州・沖縄ブロック福岡大会でございます。大会に向け実行委員会を昨年立ち上げ、役員一同懸命に準備 を進めているところです。皆様の絶大なご協力とご支援が無ければ大会の成功はあり得ません。 会員一同、心を一つにご協力をお願い致します。
 皆様にとって、今年一年が幸せな年となりますよう心より祈念しております。

INFORMATION

2019-10-26,27
第22回九州・沖縄ブロック大会(福岡)
2019-01-20
保護者研修会(春日市クローバープラザ)
2018-12-23,24
第21回九州・沖縄ブロック大会(大分)
2018-09-07
福岡県信用組合協会様より寄付を頂きました
記事はこちら
2018-09-01
きずな(絆)第69号発行
こちらをご覧ください
ページのトップへ戻る