人工内耳用の買い替えに関する助成

北海道

■北海道音更町(2012年10月~)
・助成額: 20万円を限度とする。
・対象者
 現に装用しているスピーチプロセッサーが5年以上経過していること
 本町に居住して1年以上経過していること(住民基本台帳登録していること)
 身体障害者手帳(聴覚障害)を交付されていること
 本人及び世帯全員が町税等を滞納していないこと。

東北

■秋田県にかほ市(20101月~)
・対象者:20歳未満。
・助成限度額: 人工内耳用の対外部装置の購入費用:20万円
・耐用年数:5
・対象者(20歳未満)本人または配偶者の本制度利用月の「市民税所得割」が16万円以上課税されている場合は、その月の属する年度は助成の対象外とする。

関東

甲信越

■新潟県柏崎市
・対象者
  身体障害者手帳の聴覚障害を有し、人工内耳を装用している者(児)
  市の住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者
  現在使用している人工内耳音声処理装置が5年を経過している方(購入に限る)
  購入する人工内耳音声処理装置が医療保険の適応を受けない方
・助成金額
  購入 60万円
  修理  3万円
  (原則1割は自己負担)

■新潟県加茂市(2008年~)
・対象者: 市内に住所を有し、人工内耳を装用している者(児)
・スピーチプロセッサ 1回20万円を限度とする購入経費
(他県の例では、前回購入から5年以上経過を条件としているが、当市は経過年数を条件としない。)

北陸

■石川県白山市(2013年4月~)
・助成額: 人工内耳用の音声処理装置の購入に要した費用とし、20万円を上限とする。
・対象者
  身体障害者手帳の交付を受けた聴覚障害者で、人工内耳を装用している者
  過去にこの助成金を受けた年から7年を経過している者
  所得制限有り

■石川県輪島市(2013年4月~)
・助成額: 装置の購入額に1/2を乗じた額とし、50万円を限度とする。
   (1000円未満の端数は切り捨て、所得制限有)
・対象者
  聴覚障害により身体障害者手帳を保持している者
  現に装用している人工内耳用音声信号処理装置が装用後5年を経過している者
  住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者

■石川県珠洲市(2013年4月~)
・助成額: 装置の購入額に1/2を乗じた額とし、50万円を限度とする。
   (1000円未満の端数は切り捨て、所得制限有)
・対象者
  聴覚障害により身体障害者手帳を保持している者
  現に装用している人工内耳用音声信号処理装置が装用後5年を経過している者
  住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者

■石川県穴水町(2013年4月~)
・助成額: 装置の購入額に1/2を乗じた額とし、50万円を限度とする。
   (1000円未満の端数は切り捨て、所得制限有)
・対象者
  聴覚障害により身体障害者手帳を保持している者
  現に装用している人工内耳用音声信号処理装置が装用後5年を経過している者
  住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者

■石川県能登町(2013年4月~)
・助成額: 装置の購入額に1/2を乗じた額とし、50万円を限度とする。
   (1000円未満の端数は切り捨て、所得制限有)
・対象者
  聴覚障害により身体障害者手帳を保持している者
  現に装用している人工内耳用音声信号処理装置が装用後5年を経過している者
  住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者

■石川県金沢市(2012年4月~)
・助成額:人工内耳用音声信号処理装置を購入した場合、上限20万円を助成(自己負担1割)
・対象者:
 ①金沢市に住所を有する聴覚の身体障害者手帳を所持している方で、現に人工内耳を装用している方
 ②現在装用している人工内耳用音声信号処理装置が5年を経過している方
 ③購入する人工内耳用音声信号処理装置が医療保険の適用を受けない方
 ④世帯の市町村民税の所得割額が46万円未満の方
 ⑤市税を完納している方(18才未満の場合は保護者)

■石川県小松市(2011年1月~)
・「人工内耳体外臓器(人工内耳用音声信号処理装置)」の購入費用70万円
・障害者日常生活用具の品目に追加。
・利用者負担 原則1割(上限額37,200円)


■富山県富山市(2009年4月~)
・対象者:聴覚障害により人工内耳を装用している18歳未満の方(所得制限有)
・人工内耳用対外部装置 20万円 (耐用年数 5年)
  (自己負担15,000円又は20,000円)


■福井県坂井市(2013年4月~)
・対象
  身体障害者手帳(聴覚障害)所持
  人工内耳装用者
  住民登録1年以上
  5年以上装用している。
  現に装用している音声信号処理装置が5年以上経過している。
  対象者及び配偶者の市民税所得割額が46万円未満
  対象者及び世帯に市民税の滞納がない
・助成額 高限度額30万円(購入費の4分の1以内)

東海

■三重県四日市市(2014年4月〜)
・給付基準額:最高20万円(申請者の世帯の所得税額に応じて利用者負担額が決まる)
・条件
  身体障害者手帳(聴覚障害)を持つ人で、人工内耳埋め込み手術から5年以上が経過している人
  装置の買い替えが医療保険の対象にならないとき
  所得の条件を満たす人


■愛知県豊橋市(2013年4月~)
・上限20万円(民間保険及び医療保険が適用されない場合の買換えに限る)
 ※購入後、5年以上経過していること。両耳装用でも可。

■愛知県豊田市(2013年4月~)
・基準額:20万円
・耐用年数:5年間
・18歳以下の者(18歳に達した日の属する年度の末日まで)
・医療保険が適用されない場合の買い替えに限る。
  http://www.city.toyota.aichi.jp/division/ar00/ar07/1251888/02shogai_yogu.pdf

■愛知県岡崎市(2012年4月~)
・体外装置を買い替える場合、日常生活用具費として助成 35万円
  岡崎市人工内耳の体外装置買い替え助成制度


■静岡県浜松市
・上限20万円、耐用年数5年(2016年4月~)

■静岡県静岡市(2015年4月~)
・上限20万円、耐用年数5年

■静岡県焼津市(2014年4月〜)
・上限20万円、耐用年数5年

■静岡県吉田町(2012年4月~)
・スピーチプロセッサ 上限20万円

近畿
■兵庫県(耐用年数は5年。所得制限などの詳細は各自治体にお問い合わせください)
 ・姫路市 20万円
 ・小野市 100万円
 ・三木市 20万円
 ・神戸市 30万円
 ・西宮市 20万円
 ・尼崎市 20万円
 ・伊丹市 20万円
 ・宝塚市 20万円



■滋賀県湖南市(2014年4月~)
・助成限度額 110万円(市民税課税世帯は1割負担)
・耐用年数5年
  初回の給付は装用後5年以上経過している必要あり
  耐用年数内での再交付は不可(修理代助成は無し)
・湖南市に住民登録5年以上経過の必要有

■滋賀県米原市
・70万円:(2013年2月~)原則1割自己負担

■滋賀県長浜市
・20万円:(2013年4月~)原則1割自己負担

■滋賀県彦根市(2012年4月~)
・助成上限額:20万円 原則1割自己負担
・耐用年数:5年間
 「彦根市地域生活支援事業の日常生活用具給付等事業」 情報・意志疎通支援用具人工内耳(外部機器本体)

■滋賀県草津市(2011年4月~)
・対象者: 聴覚障害児・者であって、現に人工内耳を装用している者
・スピーチプロセッサーなどの外部装置(買替え時に限り電池も含む)
・基準額 300,000円、耐用年数 5年
 草津市障害者等日常生活用具給付事業

■滋賀県甲賀市(2009年4月~)
・対象者: 聴覚障害者であって、現に人工内耳を装用している者
・スピーチプロセッサ 20万円 (耐用年数 5年)
  (自己負担15,000円又は20,000円)

中国

■広島県東広島市(2009年12月〜)
・基準額20万円(一部負担あり、情報・意思疎通支援用具として)
・人工内耳体外部装置(スピーチプロセッサー、マイクロフォン、送信コイル)
・人工内耳を装用後5年以上経過の事、耐用年数5年


■鳥取県鳥取市(2016年4月〜)
・対外装置本体 300,000円 耐用年数5年 1割負担
  (医療制度が適応にならない場合のみ)

■鳥取県倉吉市(2012年4月~)
・スピーチプロセッサ30万円、耐用年数5年、本人負担1割、3歳以上

■鳥取県琴浦町(2012年4月~)
・スピーチプロセッサ30万円、耐用年数5年、本人負担1割

■鳥取県八頭町(2011年9月~)
・スピーチプロセッサ30万円、耐用年数5年、本人負担1割
 18歳未満、人工内耳手術後5年以上経過している者

■島根県松江市(2010年4月~ →2012年4月変更)
・スピーチプロセッサ(含充電器)30万円、耐用年数5年

■島根県松江市(2010年4月~)
・スピーチプロセッサ 20万円、耐用年数5年。

■島根県出雲市(2010年4月~)
・スピーチプロセッサ  20万円、耐用年数5年

■島根県江津市2010年3月~)
・スピーチプロセッサ 30万円。これには電池代も含めて。耐用も5年。

■島根県浜田市2010年3月~)
・スピーチプロセッサ  30万円。これには電池代も含めて。耐用年数5年

■島根県益田市2010年3月~)
・スピーチプロセッサ 30万円。耐用年数5年


■山口県長門市(2007年6月~)
・対象者: 市内に住所を有し、聴覚障害により身体障害者手帳の交付を受け、現に人工内耳を装用している者(児)
・人工内耳用体外装置(装用後5年を経過したもの) 20万円以内 (1割自己負担)

■山口県防府市
・対象者: 市内に住所を有し、聴覚障害により身体障害者手帳の交付を受け、現に人工内耳を装用している者(児)
・人工内耳用スピーチプロセッサ(装用後5年を経過したもの) 20万円以内
※世帯の所得状況等により、自己負担が発生する場合があります。

四国
■愛媛県砥部町(2016年7月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円 原則1割負担 

■愛媛県松山市(2016年4月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円 耐用年数5年 原則自己負担1割 

■愛媛県宇和島市(2016年4月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円 耐用年数5年 原則自己負担1割

■愛媛県東温市(2016年4月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円 耐用年数5年 原則自己負担1割

■愛媛県大洲市(2016年4月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円 耐用年数5年 原則自己負担1割

■愛媛県四国中央市(2016年4月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円、修理費3万円(イヤモールド含む)
 原則自己負担1割

■愛媛県今治市(2016年5月~)
・スピーチプロセッサー上限30万円、修理費3万円、原則自己負担1割

■愛媛県新居浜市(2015年4月〜)
・スピーチプロセッサ 30万円(耐用年数5年、原則自己負担1割)
・修理 3万円(イヤーモールド含む)(耐用年数6ヶ月、原則自己負担1割)

■愛媛県西条市(2014年4月~)
・体外機助成 30万円(耐用年数5年、原則自己負担1割)
  損害保険に加入している事
  (損害保険、医療保険の適用を受けられないものに限る)
・修理費3万円(イヤモールド含む)耐用年数6ヶ月(2016年4月~)

■徳島県鳴門市(2016年~)
・上限30万円(所得状況により自己負担1割有、要事前申請)
・装用後5年を経過している方、医療保険の対象とならない方

■徳島県阿南市(2015年10月~)
・スピーチプロセッサ上限30万円 耐用年数5年、原則自己負担1割

■徳島県徳島市(2014年6月~)
・上限30万円、課税世帯1割負担、耐用年数5年


■香川県観音寺市(2013年8月~)
・体外機助成 20万円

九州・沖縄
■福岡県筑後市 (2016年3月~ 日常生活用具に追加)
 ・給付限度額 100万円
   ※課税世帯の本人負担限度額 37,200円
 ・耐用年数  5年


■大分県別府市(2012年4月〜 → 変更2016年4月〜 日常生活用具指定)
・人工内耳用体外機(スピーチプロセッサ) 100万円(耐用年数5年)
  - 聴覚障がい者(児)であって、現に装用している体外機(スピーチプロセッサ)装用後5年間を経過している者
  - 医療保険、動産保険その他の制度等で助成対象となる場合を除く。)
  - 人工内耳音声信号処理装置、マイクロフォン、送信コイル、送信ケーブル、マグネット及び接続ケーブル等

■大分県佐伯市(2015年9月〜 日常生活用具指定)
・人工内耳体外装置 100万円(耐用年数5年)
  - 人工内耳体外装置を装着している聴覚障がい者(児)で、現に装用している当該装置が5年以上経過しているもの    

■大分県宇佐市(2016年4〜)
・体外機 上限20万円(耐用年数5年)                                      
  - 人工内耳埋込術を受けている聴覚障がい者(児)で、現に装用している体外装置が5年以上経過している者。
   (医療保険が適用できるものを除く。)
  - 人工内耳用音声信号処理装置、マイクロホン、送信コイル、送信ケーブル、マグネット及び接続ケーブル等で聴覚障がい者(児)が容易に使用し得るもの

■大分県日出町
・人工内耳体外装置 上限 20万円(耐用年数5年)
  ※現に装用している体外装置が5年以上経過している者

■大分市 (2005年~、2015年から日常生活用具に指定)
・体外機 100万円(耐用年数5年)
  ※聴覚障害者(児)であって、現に装用している体外機装用後5年を経過している者
   (医療保険、動産保険などの他制度で助成対象となる場合を除く。)
  ※世帯の市民税課税状況により自己負担制度あり

■︎大分県臼杵市 (2015年4月1日〜)
・体外機 上限100万円(耐用年数5年、但し装用児は耐用年数に関わらず要相談)
  ※人工内耳音声信号処理装置、マイクロホン、送信コイル、送信ケーブル、マグネット及び
   接続ケーブル等で聴覚障がい者(児)が容易に使用し得るもの。
   但し、医療保険が適応できるときは、これを給付しない。

■大分県国東市 (2015年4月1日〜)
・体外機 上限 110万円(耐用年数5年、但し装用児は耐用年数に関わらず要相談)
  ※市の住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者。
  ※修理代の助成はなし。
  ※医療保険が適用できるときは、これを給付しない。
  ※電池、体外機とも本人及び家族の所得税や市民税の額に応じて自己負担制度あり

■︎大分県豊後大野市 (2015年4月1日〜)
・体外装置 上限20万円(耐用年数5年)
  ※人工内耳埋込術を受けている聴覚障害者(児)で 現に装用している体外装置が5年以上経過しているもの

■︎大分県竹田市 (2015年4月1日〜)
 ・人工内耳体外部装置 20万円(耐用年数5年)
  ※人工内耳埋込術を受けている聴覚障害者(児)
  ※医療保険が適用できるものは除く。

■︎大分県杵築市 (2015年4月1日〜) 
・体外機 上限 110万円(耐用年数5年、但し装用児は耐用年数に関わらず要相談)
  ※人工内耳埋込手術を受けている聴覚障害者(児)
  ※市の住民基本台帳に引き続き1年以上登録されている者。
  ※修理代の助成はなし。
  ※医療保険が適用できるときは、これを給付しない。
  ※本人及び家族の所得税や市民税の額に応じて自己負担制度あり

■︎大分県津久見市 (2015年4月1日〜)
・人工内耳体外装置 上限100万(耐用年数5年)
  ※聴覚障がいによる身体障害者手帳を所持する人工内耳装用者(児)で、現に装用している
   体外装置が5年以上経過している者。
  ※人工内耳用音声信号処理装置、マイクロホン、送信コイル、送信ケーブル、マグネット及び
   接続ケーブル等で、聴覚障がい者(児)が容易に使用し得るもの。



■熊本県八代市(2015年4月~)
・人工内耳体外機器 買い換え110万円、修理5万円
・障害者日常生活用具の品目に追加
・自己負担1割 (上限37,200円)
・人工内耳装用後、5年経過の聴覚障がい者(児)、医療保険の対象とならない方

■熊本県球磨郡あさぎり町(2014年9月〜)
・プロセッサ 110万円(日常生活用具に追加)
・対象者:人工内耳埋め込み手術を受けている聴覚障害者(児)(但し、住民登録1年以上の者)
・耐用年数5年、自己負担上限 37,200円(所得による)

■熊本県宇城市
・スピーチプロセッサ 110万円

■熊本県阿蘇市
・スピーチプロセッサ 110万円

■熊本県嘉島町
・スピーチプロセッサ 50万円

■熊本県甲佐町
・スピーチプロセッサ 50万円

■熊本県人吉市
・スピーチプロセッサ 110万円

■熊本県荒尾市(2013年1月24日~)
・助成額100万円
・日常生活用具の品目に追加
・耐用年数5年
・1割自己負担あり(上限37,200円)
※次のいずれにも該当する者、ただし医療保険が適用できる時は給付対象としない。
(1)人工内耳埋め込み手術を受けている聴覚障害者(児)で、現に装用している体外装置が5年以上経過しているもの。
※ただし、障害児については、心身の成長、生活環境の変化、教育上の必要性等を考慮し、新たな体外装置が真に必要と認められる場合は、この限りではない。
(2)市の住民台帳に引き続き1年以上記載されている者

■熊本県天草市(2012年4月~)
・スピーチプロセッサ 110万円
・耐用年数 5年、自己負担1割、動産保険へ加入すること
・修理 5万円(期間制限なし)

■熊本県大津町(2012年4月~)
・スピーチプロセッサ 110万円
・障害者日常生活用具の品目に追加
・自己負担 1割 (上限 37,200円)
・耐用年数 5年 (18歳未満の装用児は、環境の変化、必要性を考慮)

■熊本県合志市(2011年4月~)
・スピーチプロセッサ 110万円
・障害者日常生活用具の品目に追加
・自己負担1割 (上限37,200円)
・耐用年数 5年(修理不能など使用が困難となった場合は考慮する)

■熊本県菊陽町(2010年6月~)
・スピーチプロセッサ 110万円
同町に1年以上居住し、5年以上装用していること。

■熊本県山鹿市2010年4月~)
・助成額: 上限は70万円
・修理費用: 50,000円まで  

■熊本県菊池市2010年1月~)
・対象者: 菊池市の住民基本台帳に引き続き1年以上登録されていること。
       音声信号処理装置が装用後5年を経過していること。
       本人または世帯員に市税等の滞納がないこと。
・助成額: 上限は100万円。制度は補装具制度に準ずる。
・給付の日から5年を経過するまでの間は、再給付は行わない。
・任意保険または動産保険に加入すること。

■熊本県宇土市(2009年5月~)
・対象者:装用中の人工内耳を5年以上使用し、税金の滞納がないこと。
・基準額上限: 100万円(制度は、補装具制度に準じる。)
・耐用年数:障害者は7年、障害児は5年
・動産保険若しくは任意保険に加入すること。

人工内耳用電池の助成について

ホームに戻るお知らせと更新人工内耳って?[ACITA] 紹介[ACITA]の活動
入会案内病院リンク人工内耳相談会総目次