ノーマネットトップページに戻る

国際セミナー
「障害者の新しい雇用 −インクルーシブな雇用の実現−」

趣旨:

近年、社会的企業に対する関心の高まりのなか、障害者分野においては、ソーシャル・ファームなど、障害者福祉の領域を超えた新しい雇用形態が世界各国で生まれてきている。

わが国においても、ソーシャル・ファーム・ジャパンが設立されるなど、障害者の新しい雇用に対する取り組みがはじまっている。本セミナーでは、これまでの実績を踏まえ、先進国の専門家を招聘し、わが国の障害者の雇用を促進するためのインクルーシブな雇用の取り組みを発展させるための具体的な方策について、事例にもとづく検討を行う。

■日時:平成22年1月31日 (日) 10:30-16:40
■会場:全国社会福祉協議会・灘尾ホール http://www.shakyo.or.jp/jncsw/sinkasumi.html
■助成:全国労働者共済生活協同組合連合会(全労災)
東京都民共済生活協同組合(都民共済)
■主催:財団法人 日本障害者リハビリテーション協会・日英高齢者・障害者ケア開発協力機構
■後援:英国大使館
■定員:200名(定員になり次第締切)
■参加費:無料
■パソコン要約筆記あり。手話通訳・点字資料・磁気ループが必要な方は申込みの際にご記入ください。
■周辺レストランは日曜日で休業ですので、各自ご用意下さい。
■申込先・問合せ:
日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内
TEL:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 メール: dinf-j@dinf.ne.jp
URL: http://www.normanet.ne.jp/info/seminar100131.html
■担当:有田・野村
■参加申し込みは1月29日(金)午後5時で締め切らせていただきます。

MSワード文書テキスト文書

【プログラム】(変更する場合もあります)

10:30-10:40
開会挨拶
鴨下重彦(国立国際医療センター名誉総長、日英高齢者・障害者ケア開発機構委員長)
10:40-11:20
基調講演「インクルーシブな雇用の実現」
炭谷茂(社会福祉法人恩賜財団済生会理事長、前環境事務次官、日英障害者・ケア開発機構副委員長)
11:20-12:10
講演1「社会的企業の発展に向けた戦略」
ゲーロルド・シュワルツ(MDG・F(国連ミレニアム開発目標達成のための基金)とセリビア政府による共同プログラムコーディネータ)
12:10-13:10
休憩
13:10-14:00
講演2「英国におけるソーシャル・ファイナンスについて」
フィリーダ・パービス(リンクス・ジャパン会長)
14:00-14:50
講演3「ソーシャル・ファームUKメンバーの取り組み−Digital White Box」
デビッド・バーカー(Digital White Box創始者)
14:50-15:05
休憩
15:05-16:35
パネルディスカッション「日本におけるインクルーシブな雇用の実現」
コーディネータ:寺島彰(浦和大学総合福祉学部教授)
話題提供:
宮嶋 望(農事組合法人共働学舎新得農場代表 NPO共働学舎副理事長)
桑山 和子(NPO法人 ぬくもり福祉会たんぽぽ会長)
パネリスト:
炭谷茂
ゲーロルド・シュワルツ
デビッド・バーカー
上野容子(東京家政大学文学部教授)
16:40
閉会挨拶
湯澤 茂男 (財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 事務局長)

申込用紙

日本障害者リハビリテーション協会 情報センター 行き
Fax: 03-5273-0615
講演会(2010年1月31日)お申込み

下記にご記入の上、FAX(03-5273-0615)またはメールdinf-j@dinf.ne.jp までお申込み下さい。

お名前(ふりがな)
ご所属
ご連絡先
□〒
□住所
□Tel□FAX
□e-mailアドレス
下記に該当します(該当するものに○を付けてください。)
1)車イス使用
2)手話通訳が必要
3)点字プログラムが必要
4)磁気ループが必要
5)パソコン要約筆記が必要
6)その他

※ ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づきシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 Mail:info@mx.normanet.ne.jp
(C)2005 - 2009 NORMANET
本文はここまでです。