ノーマネットトップページに戻る

国際セミナー
「アジア太平洋障害者の十年後半5年の促進に向けて」

主催:財団法人日本障害者リハビリテーション協会
後援:独立行政法人福祉医療機構
協賛:JDF(日本障害フォーラム) 

日時:2006年11月21日(火)午後1時30分から5時
会場:戸山サンライズ2階大研修室(http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.htm)
参加者数:120人程度 
セミナー参加費:無料
レセプション:午後5時30分から7時まで(戸山サンライズ内)
       参加費は一人2,000円(飲み物とオードブル)

MSワード文書テキスト文書

趣旨

ESCAPは、来年、第二次アジア太平洋障害者の十年中間年を迎えます。それに先立ち今年10月18日から20日まで、変化の担い手としての障害者・家族・女性の自助団体に関するワークショップを開催しその結果を同十年の「後半5年の戦略」につなげる予定です。

また同十年を民間で推進するAPDF(アジア太平洋障害フォーラム)は10月16日と17日に総会と会議を開催します。

セミナーでは、この地域にとって重要なそれらの会議の結果を紹介し、今後のアジア太平洋地域での私たちはどう活動を展開するか、また草案が採択された国連障害者の権利条約は今後どうかかわるかなどについて参加者と議論ができればと思います。

はじめての方もお気軽にご参加ください!

【プログラム】

総合司会:沼田千、子(日本発達障害福祉連盟事務局長)
時間 内容 スピーカー
13:30 開会
主催者挨拶
片石修三(日本障害者リハビリテーション協会常務理事)
13:40 基調講演 秋山愛子(国連ESCAP障害担当官)
「アジア太平洋障害者の十年後半5年のESCAPの取り組み(仮)」
14:30 休憩
14:40 パネルディス
カッション
「アジア太平洋障害者の十年後半5年の民間での促進に向けて」
進行:松井亮輔(日本障害者リハビリテーション協会副会長)
パネリスト:
自助団体について
1.中西正司(DPIアジア太平洋地域評議会議長)
2.高田英一(世界ろう連盟名誉理事)
APCD(アジア太平洋障害者センター)について
3.JICA(国際協力機構)から
APDF総会・会議について
4.田中徹二(JD理事)
コメンテーター:
5.長田こずえ(国連本部 社会経済理事会サポート部
国際協力政策課 シニア経済担当官)
リソースパーソン:
6.秋山愛子(再掲)
16:15 質疑応答
16:45 総括コメント 松井亮輔
16:55 閉会
閉会挨拶
藤井克徳(JDF幹事会議長)

―17:00終了―

会場内に、パネル展示コーナーを設置し、国際活動を紹介します。
17:30-19:00にレセプションを予定していますので、どなたでもご参加ください。
お問合せ先:
日本障害者リハビリテーション協会国際部 案浦(あんのうら)、荒木
電話03-5292-7628、fax03-5292-7630、e-mail:araki.kaoru@dinf.ne.jp

11月21日の国際セミナーの参加申し込み


●下記にご記入の上、Fax(03−5292−7630)またはE-mail(araki.kaoru@dinf.ne.jp)にてお送りください。

お名前(ふりがな):


所属団体:


ご連絡先 
住所:

電話:                        Fax:

E-mail:

必要なものに○をつけてください。

手話通訳 ・ 点字プログラム ・ 車いすスペース

終了後のレセプションに 参加する ・ 参加しない

その他のご連絡事項:(                       
                                                                        )
トップページへ戻る
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 Mail:info@mx.normanet.ne.jp
(C)2005 - 2006 NORMANET
本文はここまでです。