ノーマネットトップページに戻る

障害者IT支援セミナーのご案内
IT支援の現状と課題
―パソコンボランティアの活動を中心に―

定員になりましたので、募集を締め切らせていただきました。
お申し込みありがとうございました。

日時:2006年2月11日(土) 13:00〜17:00(受付12:30より)
会場:品川イーストワンタワー大会議室(JR品川駅、港南口から徒歩5分)
港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー21F
http://www.e-onetower.com/access.html
主催:(財)日本障害者リハビリテーション協会

セミナー趣旨:障害者と高齢者のデジタル・デバイドが懸念され、一方でITの効果的活用方法が 開発されていますが、ITを活用した障害がある人々の社会参加を進めるためには、IT支援の現状を 把握して適切な方策を講ずることが急務であると考えられます。
当協会では全国のパソコンボランティア団体にアンケート調査と複数の団体への聞き取り調査を行い、 支援の実態と課題の把握に努めました。本セミナーでは基調講演に続き、調査結果の報告、 パソコンボランティア活動の好事例、利用者からの報告により情報支援の現状とニーズを把握いたします。 また、パソボラ団体、IT及び福祉の専門家、障害者団体などの方々によるパネルディスカッションを通し、 より良い支援のための方策及びネットワークの構築について参加者と共に討議する機会を提供いたします。

プログラム

13:00-13:10開会挨拶
13:10-13:50
基調講演:「パソコンボランティアと障害者IT支援の展望」
三崎 吉剛(都立中央ろう学校 主幹)
13:50-14:00
調査結果報告
財団法人日本障害者リハビリテーション協会
14:00-14:30
好事例報告
佐藤美由紀(札幌チャレンジド 事務局長)
寺田慶治(ドリームナビゲーター横浜 代表)
14:30-14:40
利用者からの報告
吉川豊子(ありんこ 会員)
14:40-17:00パネルディスカッション
コーディネーター:
寺島彰 (浦和大学総合福祉学部 教授)
パネリスト:
畠山 卓朗(星城大学リハビリテーション学部 教授)
望月 優(株式会社アメディア 代表取締役)
河村宏(国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 障害福祉研究部長)
川井節夫((社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 理事)
佐藤美由紀(札幌チャレンジド 事務局長)
寺田慶治(ドリームナビゲーター横浜 代表)

◆◆主催: (財)日本障害者リハビリテーション協会
◆◆助成:独立行政法人 福祉医療機構

申込要領

●参加費:無料
●募集人数:100名(事前申込制)
●申込方法:(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センターまでFAXまたはメールにてお申込み下さい。
また、下記フォームでのお申し込みもお受けしております。
●その他:パソコン要約筆記あり
★手話通訳、点字資料、磁気ループが必要な方はお申込み下さい。
FAX:03-5909-8284  e-mail:it-seminar@list.jsrpd.jp  
担当:有田・中村・野村
お問い合わせTEL:03-5909-8280
●会場:品川イーストワンタワー大会議室(JR品川駅、港南口から徒歩5分)
港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー21F
http://www.e-onetower.com/access.html

会場の地図

トップページへ戻る
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 Mail:info@mx.normanet.ne.jp
(C)2005 - 2006 NORMANET
本文はここまでです。