ノーマネットトップページに戻る

JANNET研究会のご案内
「CBR(地域に根ざしたリハビリテーション)の課題への取り組み」

JANNETは年2回研究会を開催し、アジアを中心とする途上国の障害者・関係者支援に関する活動紹介、経験交流を行ってきました。研究会のテーマにはこれまでCBR(地域に根ざしたリハビリテーション)を多く取上げてきましたが、 国や地域により実践が多伎にわたり、課題も少なくありません。今回はその中でもCBRの人材養成およびCBRの継続性に関して報告する機会を提供します。
人材養成では、カナダのクィーンズ大学で行われているCBR短期コースの紹介をいたします。継続性については、インドネシアのソロで外部者がはじめたCBRが村でどう継続、もしくは衰退したのかを紹介します。
質疑、ディスカッションの時間も用意しておりますので、どうぞ積極的にご参加ください。
また広報についてもご協力いただければ幸です。

MSワード文書テキスト文書

■日時:2006年1月21日(土)午後2時から4時30分
■場所:戸山サンライズ(電話03-3204-3611)
(新宿から大江戸線、若松河田駅または東西線早稲田駅からそれぞれ徒歩7〜8分)
■参加予定人数:50人(定員になり次第絞めきらせていただきます。)
◆手話通訳、点字プログラムを用意します。
■参加費:会員は無料。非会員は1,000円。学生500円。
ファックスでお申し込みの際は、ファックス申込用紙を送付ください。
E-mailで申し込みの場合は下記についてお知らせください。

   ・氏名、住所、所属、電話/FAX、E-mail
   ・手話通訳、点字プログラムの希望の有無
   ・その他、必要な連絡事項
【お問い合わせ先とお申込み】
JANNET(障害分野NGO連絡会)事務局
                     担当:篠嶋貴子
電話:03-5292-7628
ファックス:03-5292-7630
e-mail:shinojima.takako@dinf.ne.jp
URL:http://www.normanet.ne.jp/~jannet/
点字プログラムが必要な方は準備の都合上、1月13日(金)までにご連絡をお願いいたします。

プログラム

14:00開会
14:05
発表
1.カナダにおけるCBR人材養成コースの紹介―カナダ、クィーンズ大学の短期コースに参加して
高松美穂氏、郡山健康科学専門学校理学療法学科
2.CBRの継続性を考える―インドネシア、ソロにおける実例の紹介
大澤諭樹彦氏、秋田大学医学部保健学科
15:35休憩
15:45質疑・ディスカッション
16:30閉会
16:30-17:30懇親会(お茶とお菓子)ご自由にご参加ください。

ファックス申込用紙

FAX:03−5292−7630篠嶋宛


氏名
(ふりがな)

住所
〒

電話
ファックス

E-mail


所属

 
●手話通訳 必要・不要
●点字プログラム 必要・不要
 どちらかお選び下さい
●その他 連絡事項があればお書きください。
(                   )

会場の地図

■会場までのアクセス
都バス
●宿74・新宿駅西口→東京女子医大行
(小田急ハルク前より) (医療センター経由)
●橋63・山手線 新大久保駅→新橋駅行
●橋63・中央線 大久保駅→新橋駅行
国立国際医療センター前下車 徒歩5分
地下鉄
●東西線 早稲田駅下車 徒歩10分
●大江戸線 若松河田駅下車 徒歩8分

トップページへ戻る
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 Mail:info@mx.normanet.ne.jp
(C)2005 - 2006 NORMANET
本文はここまでです。