ノーマネットトップページに戻る

「生活機能」向上をめざして
−ICFの保健・医療・介護・福祉・行政での活用−
【厚生労働科学研究・障害保健福祉総合研究成果発表会】

 ICF(国際生活機能分類)は単なる分類の道具ではなく、「生活機能」つまり 「人が生きることの全体像」を、総合的にとらえ、それを関係者全員が理解し合うための 「共通言語」です。その正しい理解と、種々の分野での実際的な活用のために講演会を開催します。

    会期 平成18年3月17日(金)13:00〜16:30
    会場 日本教育会館 一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2−6−2)
   対象者 参加費無料・事前参加申込必要 定員880名

プログラム

1.ICFの基本と活用 1)生活機能モデルの意義
2)コーディングの実際
3)コーディングの実例
4)ICFの使用における倫理
2.ICFの行政施策への導入 1)介護予防・介護保険サービス
2)その他
3.環境因子をどうとらえるか 1)基本的な考え方
2)環境因子のとらえ方の実例(1)真のバリアフリーとは
3)環境因子のとらえ方の実例(2)災害の場合

演者

上田 敏
(日本障害者リハビリテーション協会、顧問)
丹羽 真一
(福島医科大学、病院長)
大川 弥生
(国立長寿医療センター研究所 生活機能賦活研究部) 等

<参加について>

 参加自由ですが、準備の都合上、必要事項(所属・氏名・TEL・FAX・E-mail)を御記入のうえ、
 下記宛へE-mailもしくはFAXにてお送り下さい。
 
 定員に達し次第締切りますので、なるべく早くお申し込み下さい。

<申し込み先・問合せ先>

〒474−8522 愛知県大府市森岡町源吾36−3
国立長寿医療研究センター 研究所 生活機能賦活研究部 担当 工藤、小島
TEL 0562−44−5651(内線 5613、5614)
FAX 0562−46−8446、0562−44−9163
E-mail nils-reha@mbj.nifty.com  <なるべくE-mailにてお申込下さい。>


トップページへ戻る
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 Mail:info@mx.normanet.ne.jp
(C)2005 - 2006 NORMANET
本文はここまでです。