ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

【JD政策会議2019】障害者権利条約 パラレルレポートの到達点と課題

◆日時:2019年5月24日(金)午後1時半~5時

◆場所:戸山サンライズ2階 大研修室(東京都新宿区戸山1-22-1)
最寄駅東京メトロ東西線 早稲田駅(2番出口徒歩10分)都営大江戸線 若松河田駅(河田口徒歩10分)

◆参加費:500円

◆定員:150名 ◎定員になり次第、締め切ります。
※点字資料(要約版)・要約筆記・手話通訳 ◎必要な方は5月17日までにお知らせください。

障害者権利条約の締約国には条約の履行状況を国連に報告する義務があります。
2014年1月に締約国となった日本は、2016年6月に締約国報告を提出しました。

国連の審査(当該国との建設的対話)では、市民社会による報告・
パラレルレポート(パラレポ)は国の報告と同様に重視して臨まれます。
パラレポは、障害者の実態を映したもう一つの障害者白書とも言える大事な
内容を表すものです。

JDF(日本障害フォーラム)は、パラレポ特別委員会(特委)を設置し、
JDなどJDF構成団体が集まる10数回の委員会および条文毎の起草委員会で
議論を重ねてパラレポをまとめ、英訳後、6月までに国連に提出される予定です。

日本の審査は2020年9月頃と予想されています。今秋には「事前質問事項」が
出される見込みで、それを受けての、パラレポ第二弾も必要になります。
JD政策会議ではこれまで、パラレポづくりに向けての学習や意見交換会を
行なってきました。

今回はひとまとまりとなったJDFのパラレポを共有し、日本の障害者の現状と
課題を学び合います。
3月末の国連・権利委員会のJDF傍聴団報告(JDメンバー)と合わせて学習の
機会とします。

主なプログラム

◆情勢報告 藤井 克徳 JD代表

◆国連・障害者権利委員会~第21期/ジュネーヴ~傍聴報告
薗部 英夫 JD副代表
赤松 英知 きょうされん常務理事
佐藤 久夫 JD理事/ 日本社会事業大学名誉教授

◆JDFパラレポ概要と今後の焦点と課題
佐藤 久夫(前掲)

◆4つの分科会に分かれて学習と意見交流します。

お申し込みお問合せ方法
下記JD事務局まで、お名前、所属団体(ある場合)、ご住所、電話番号、
FAX番号、メールアドレス、障害による必要な配慮(手話・要約筆記・
点字資料・車いすスペース、その他)をメール、電話、FAX等でお知らせください。

また、WEB申し込みも可能です。下記よりお進みください。
WEBからお申し込み

特定非営利活動法人 日本障害者協議会
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
Tel:03-5287-2346 fax:03-5287-2347

第56回社会福祉セミナー 「身寄りのない人」と社会福祉

期日 2019年7月5日(金)

時間 10時20分~16時30分

会場 有楽町朝日ホール
(東京都千代田区、JR・東京メトロ有楽町駅下車、徒歩2分「有楽町マリオン」11階)

定員 600名(定員になり次第締切)

受講料 4,000円(学生は1,000円)

主催:公益財団法人鉄道弘済会
後援:社会福祉法人全国社会福祉協議会

【プログラム】
基調講演(10:30~12:00)
「身寄りのない人」を社会はどう支えるか-福祉制度と実践の発展方向を探る-
認定NPO法人抱樸理事長、東八幡キリスト教会牧師 奥田 知志

選択講座①(13:30~16:30)
単身社会における福祉制度・政策のあり方
十文字学園女子大学教授 今井  伸
日本福祉大学教授、みずほ情報総研主席研究員 藤森 克彦
川崎市幸区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所) 一ノ瀬 望
コメンテーター:認定NPO法人抱樸理事長、東八幡キリスト教会牧師 奥田 知志
コーディネーター:立正大学教授 蟻塚 昌克

選択講座②(13:30~16:30)
「身寄りのない人」の最期をどう支えるか-施設と在宅の両面から-
特別養護老人ホームみずべの苑施設長 川崎千鶴子
救護施設旭寮施設長 西村 行弘
かんな福祉相談支援事務所所長 髙橋 岳志
コーディネーター:城西国際大学教授 清水 正美

選択講座③(13:30~16:30)
入退院・入退所時支援や住まいの確保における身元保証
公益社団法人日本医療社会福祉協会業務執行理事・事務局長 坪田 まほ
立教大学大学院特任准教授、一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事 稲葉  剛
小長井・千木良・渡邊法律事務所所長 千木良 正
コーディネーター:新潟県立大学准教授 小澤  薫

■事情により講師等が変更となる場合があります。
■申込み・問合わせ先
公益財団法人鉄道弘済会『社会福祉セミナー』係
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-1
TEL 03-5276-0325 FAX 03-5276-3606

「電話の自動音声認識実証実験」モニター募集(4/1~8/31)

~電話利用での自動音声認識ソフト 実証実験モニター募集のお知らせ~

一般社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会(以下、全難聴)では
この度日本財団の助成を得て、電話利用での自動音声認識ソフトの有効性を
検証する実証実験を行います。
つきましては、実証実験にご参加いただけるモニターを募集いたします。

実証実験の期間中、モニターの方に各自がお持ちの
スマートフォン(Android:バージョン6.0以上※)に文字付き
電話アプリをダウンロードいただきます。
文字付き電話を実生活の場で自由にご利用いただき、
電話利用での自動音声認識ソフトの実用性を評価していただきます。
※iPhoneおよび他のスマートフォンはご利用いただけません。ご了承ください。

文字付き電話アプリは、相手先と音声で通話しながら、
同時にリアルタイムで文字でもみることができるアプリです。
相手の声が聴きづらい難聴者や高齢者などの電話に役立ちます。
実証実験では自動音声認識ソフトとオペレータによる手入力をお試しいただきます。

■募集要領
・お申込み期間:2019年4月1日(月曜)~ 2019年8月31日(土曜)
・実証実験期間:2019年6月1日(土曜)~ 2019年9月30日(月曜)
・募集人数  :最大500名(定員になり次第打ち切り)
・応募できる方:発声ができる聴覚障害者で、Android(バージョン6.0以上)スマートフォンをお持ちの方(電話会社は限定されません)
・参加費用 無料(電話料金・パケット通信料は利用者自己負担となります)

■お問い合わせ先
(一社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会事務所

音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー」-音で市場を創造する社会貢献企業-

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー」
-音で市場を創造する社会貢献企業-

株式会社サウンドファン開発のミライスピーカー(R)のご紹介とともに、
タイでの難聴者向けスピーカーの導入にかかる社会的弱者の社会進出に
向けた案件化調査や、今後の展開についてもお話しいただきます。

講師:山地 浩氏(株式会社サウンドファン 代表取締役社長)
   宮原 信弘氏(株式会社サウンドファン 代表取締役副社長 兼 研究開発本部長)
   冨田 聡史氏(株式会社サウンドファン 金融営業部 部長代理)

関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2018/190206_01.html

日時:2月6日(水)19:00~20:30             
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場
   (東京都新宿区市谷本村町10-5)

主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせください。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

☆JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
☆Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
☆Twitter https://twitter.com/jicahiroba

劇団銅鑼公演No.52『花火鳴らそか ひらひら振ろか』音声ガイド、ポータブル字幕機提供

劇団銅鑼(どら)2月公演では、視覚障害者用の音声ガイド、聴覚障害者用のポータブル字幕機提供をいたします。日時指定となりますが、演劇の面白さを味わって頂ければと思っております。

今回のガイドは2017年3月公演『彼の町』で若きチャーホフ役、2018年3月公演『おとうふコーヒー』で認知症のふみ子の孫役瑞樹(みずき)
を演じた齋藤千裕(さいとうちひろ)がライブでガイドをします。

あの世とこの世をつなぎながら、とあるお盆の不思議な時間の中ゆっくりと人間の関係を修復していく
ちょっと切なくて心温まる舞台 2019年2月15日から東池袋・あうるすぽっとで上演

劇団銅鑼公演No.52『花火鳴らそか ひらひら振ろか』
原案/小川未玲 台本・演出/松本祐子
会場/あうるすぽっと
交通/東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6・7番出口より直結。JR他「池袋駅」東口よりグリーン大通り徒歩10分。都電荒川線「東池袋4丁目」より徒歩2分。ライズアリーナビル2階。エレベーターあります。

音声ガイドサービス日
2月17日(日)14時の部
2月19日(火)14時の部
両日共に13時より舞台説明会あります。
ご希望の方には東京メトロ有楽町線「東池袋駅」から係の者が案内します。
上演時間は2時間以内を予定しております。

チケット料金(全席指定席/税込)
一般5,000円
30歳以下3,500円
付添人が必要な場合のみ、付添人1名様無料

申込み方法
お名前
ご連絡先
日程
申込み枚数 
送迎希望有り・無し
FMラジオ貸出希望
舞台説明会 参加・不参加

ご記入の上、メールにてお申込みください。

チケットお申込み先
劇団銅鑼 平野 mail hirano@gekidandora.com

お申込み後、確認のため1週間以内に返信いたします。返信が届かない場合はご連絡ください。
また、公演1週間前に事前の舞台説明などメールでお送りします。
チケットは当日バリアフリー受付でお渡しします。そちらで料金をお支払いください。

公式ホームページ
http://www.gekidandora.com

詳細
「平和」と「人間愛」を求め人間らしく生きることとはをテーマに創作活動を続けている劇団どら。
お盆に花火や爆竹を打ち鳴らし賑やかに冥土からご先祖様を迎え入れ送る長崎の風習をヒントに描いている。
とあるお盆の不思議な時間の中ゆっくりと人間の関係を修復していくちょっと切なくて心温まる物語。
認知症の家主と仲違いしている息子にお手伝いさんと天涯孤独の女。そして他にもなにやら住人がいるらしい。
演出は文学座の松本祐子(まつもとゆうこ)。都民芸術フェスティバル参加作品

あらすじ
亡き祖父の友人・奥平(おくだいら)の屋敷の隅っこにある小さな離れに暮らす平原(ひらはら)。
人づきあいを避け、ヒノキの盆栽だけを話し相手につつましく日々を送っていたが、
ある夏の夜、花火のもらい火から起きたボヤで焼け出されてしまい、修理の間、母屋で仮住まいをすることに。
慣れない共同生活にとまどいを隠せない平原だったが、さらにこの家には、認知症の進んでいる主人の奥平と
お手伝いさんの他にも、なにやら住人がいるようで・・・?

キャスト
さとうふみ、はせがわゆり、たてのもとひこ、たけうちなおこ、むかいあきこ、やまがたとしゆき、はやさかさとみ、みやたまさひで

他に聴覚障がい者のためのポータブル字幕機提供サービス2月16日(土)14時の部あります。

お申込み方法。下記をご記入の上、メールにてお申込みください。当日受付で代金と引き換えにチケット、ポータブル字幕機をお渡しいたします。
お名前
ご連絡先
日程
申込み枚数

お申込み・お問い合わせ先
げきだんどら ひらの hirano@gekidandora.com tel.03-3937-1101

第30回こうさい療育セミナーのご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

開催趣旨
総合福祉センター「弘済学園」は、知的障害・自閉症児者施設として、幼児期から児童期における療育を通して成人期の自立に向けた支援を行うことを特色としています。
今回は、「こうさい療育セミナー30回目の節目を迎えて~立場やライフステージの違いを越えて大切にしたいこと~」をテーマとし、下記の内容で開催いたします。
本セミナーが、各領域・各分野で期待される将来展望を切り拓く一助になれば幸いです。現場につながる施設職員、学校教員、ご家族、行政関係、学生など皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要
〈テーマ〉 こうさい療育セミナー30回目の節目を迎えて
          ~立場やライフステージの違いを越えて大切にしたいこと~
〈主催〉 公益財団法人鉄道弘済会
〈日時〉 2019年2月1日(金)  9:00~16:00
〈会場〉 公益財団法人鉄道弘済会 総合福祉センター「弘済学園」

〈参加費〉 一般・終日:5,000円  一般・午後のみ:3,000円  学生:無料
昼食弁当代:1,000円(任意申込)   懇親会:無料(任意申込)

〈締め切り〉 2019年1月25日(金) 

〈事務局・開催要項及び参加申込書請求先〉
公益財団法人鉄道弘済会 総合福祉センター「弘済学園」 第30回こうさい療育セミナー係 (担当:大永・石井)          
〒257-0006  神奈川県秦野市北矢名 1195-3
TEL 0463-77-3222   FAX 0463-77-3225

平成30年度「デイジー教科書事例報告会」

平成30年度 音声教材の効率的な製作方法等に関する調査研究事業
「デイジー教科書事例報告会」
主催:日本障害者リハビリテーション協会

■趣旨
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会は、平成20年度からボランティア団体等と協力して小中学校の発達障害など読みの困難がある児童生徒にデイジー教科書を製作・提供を行っています。
当初80名だった利用者は、平成29年度末は 8千名を越え、本年度は1万人を超える見込みで急速に普及しつつあります。
また、平成26年度からは、文部科学省の音声教材の効率的な製作方法等に関する調査研究事業として、デイジー教科書製作の効率化に取り組み、製作基準を整備するとともに教科書数を拡充し、平成30年12月現在では360冊を越え、検定教科書の約8割を提供しています。
本報告会では、デイジー教科書提供事業についてその取り組みと現状についての報告を行い、読みの困難 のある児童生徒へのデイジー教科書を活用した ICT 支援の実践、導入について、特別支援教育の専門家の視点、デイジー利用者の視点、入試への展望、などそれぞれの立場から有効な事例をご報告していただき、そこから得られた成果や課題を学び、今後のデイジー教科書のあり方と普及について考えます。

■主催:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会

■日時:平成31年2月24日(日) 12:30~17:00

■会場:戸山サンライズ 大会議室 http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/

■定員:140 名

■参加費:無料

■情報保障:要約筆記あり。希望に応じて手話通訳・磁気ループを用意。

■申込先・問合せ:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
TEL:03-5273-0796 / FAX:03-5273-0615 /e-mail: daisy_c@dinf.ne.jp
URL:https://kokucheese.com/event/index/550044/

■プログラム(予定)

12:30-13:30  デイジー教科書、機器展示

13:30      開会挨拶

13:35-14:00   デイジー教科書の利用申請状況報告
         西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与) 

14:00-14:45   デイジー教材の導入・活用について
         金森 裕治(大阪教育大学 特別支援教育講座 特任教授)
       
14:45-15:00  休憩

15:00-15:45   デイジーユーザー大学生からの提言
         小澤 彩果(立命館大学情報理工学部 学生)

15:45:16:30   センター試験及び「新テスト」における受験配慮でのIT活用 
         南谷 和範(大学入試センター 試験基盤設計研究部門 准教授)

16:30-17:00   質疑応答

17:00      閉会

地域共生社会開発実践プログラム 【体験研修会】

【開催趣旨】
 日本の地域では、少子高齢化、人口減少に伴う担い手不足が言われ、障害のある人や孤立した高齢者のかかえる問題が複雑化し、専門家だけでは対応が難しくなっていると言われています。
 日本政府は「我が事・丸ごと」の地域づくりによる地域共生社会の実現に向けて取り組まれており、そのための人材養成にも力を入れていると承知しています。
 当協会では2016年から地域共生社会開発研修プログラムを実施して参りました。内容は、地域の障害のある人々、地域住民やサービス提供者、福祉やリハビリーションの専門家、ボランティアがお互いのできることを持ち寄るワークショップを中心とするもので、実施地域では地域の特徴に応じた成果が出ています。
 地域づくりで新たな手法を探している方に知っていただき実践に結び付けていただくことを目的にこの体験研修会を開催します。関心のある方のご参加をお待ちしています!

【ご参加いただきたいのは全国のこのような皆様です】
市民団体、中間組織リーダー、地域包括支援センター、ひきこもり支援センター、若者サポートステーション、生活困窮者支援事業所、福祉事業所、福祉専門家(社会福祉士、ケアマネージャー、精神保健福祉士、地域連携従事者、リハビリテーション従事者、学生、地域の人、自治体職員、関心のある人等
上記から約50名(先着順)

【主催】公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
【後援】埼玉県民共済生活協同組合
(依頼中)一般社団法人地域活性化センター、総務省、厚生労働省

【参加費】一人3,000円(テキスト代を含む)

【情報サービス】手話通訳、要約筆記、点字プログラムを用意。

【プログラム】
10:00  あいさつ
10:10  研修プログラムの概要説明
      鈴木直也氏、NPO法人起業支援ネット副代表理事
10:40  休憩
10:50  これまでの研修実施報告(松本等)、質疑応答を含む
      鈴木直也氏
12:00  昼食休憩、部屋のレイアウトを変更します。
13:00  「できることもちよりワークショップ」体験
      渡辺ゆりか氏、一般社団法人草の根ささえあいプロジェクト代表理事
16:00  質疑応答および振り返り
      進行:鈴木直也氏
16:50  まとめ
17:00  終了
17:00-17:30 交流(名刺交換など)

【参加申し込み】
フォーマットにご記入いただきます。
https://kokucheese.com/event/index/549376/
フォーマットが使いにくい方は、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

【問い合わせ先】
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 上野悦子、堂西弥生
電話:03-5273-0601 fax:03-5273-1523 e-mail:kokusai@dinf.ne.jp

国際セミナー「リハビリテーションにおける多職種連携と人材育成」

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

1.趣旨:
2006年12月、国際障害者権利条約が国連総会で採択され、2008年5月、発効しました。
日本では、様々な国内法の整備を行い、2014年2月、我が国においても効力を生ずる
こととなりました。
現在では、本日ここにご講演をお願いした方々がいらっしゃるフィジー、
タイ、オーストラリアを初めとし、世界の177か国・地域においてこの条約が
締結されています。

障害者のリハビリテーションとは障害者の社会での共生を促進するものとして、
障害者に働きかけ、自立を援助するものです。障害者がリハビリテーションを
受けることはまさに障害者の権利です。自立を援助するリハビリテーションを
行うためには多職種連携によるチームアプローチが必要です。
どのような職種が必要とされるかは、障害の種別や時期、目的、環境によって
異なると考えられます。また、そのための人材の育成も必要となります。

アジア太平洋地域においては、島国、大陸国、熱帯から温帯まで、自然環境や
社会経済環境が異なる様々な国があります。それぞれが障害者の
リハビリテーションを行うための様々な工夫をしていると考えられます。
本セミナーでは、「リハビリテーションにおける多職種連携と人材育成」を
テーマにし、WHO西太平洋地域事務局の担当官、及び、先に挙げましたフィジー、
タイ、オーストラリアの専門家をお招きし、それぞれの取組について講演をいただき、
ディスカッションを行う中で、多職種連携と人材育成について考えてみたいと思います。

2.日時:平成31年2月16日(土)13:00~17:00

3.会場:東京国際交流館プラザ平成 3階 国際交流会議場

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/kyoten/tiec/plazaheisei/facility/hall.html

4.主催:国立障害者リハビリテーションセンター
(障害の予防とリハビリテーションに関するWHO指定研究協力センター)

5.使用言語:日本語、英語(同時通訳付き)、要約筆記、手話通訳

6.定員:200名

7.参加費:無料

8.申し込み:別紙参加申込書をFAX、E-メール若しくは郵送にてお送り下さい。
       メールの場合は本文に必要事項を記載していただいても結構です。
       申し込み締め切りは2月6日(水)です。
       但し、会場が満席になり次第締め切らせていただきます。

9.連絡先:事務局 国立障害者リハビリテーションセンター企画・情報部
           企画課国際協力室 菅原、白津、秋山、鶴田
           TEL 04-2995-3100(内2148、2149、2150)
           FAX 04-2995-3661 E-mail whoclbc@mhlw.go.jp
〒359-8555 埼玉県所沢市並木4-1

2018年12月21日に「全国一斉障害年金電話法律相談会」を実施

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

日時:2018年12月21日(金) 10時00分~16時00分
内容:全国一斉障害年金電話法律相談会

2018年12月21日(金)10時00分~16時00分
0570-051-221(12月21日)

上記ナビダイヤルおよび下記番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、
ご注意ください。

・上記ナビダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。
弁護士会によっては、電話相談を実施していないことや、実施時間が異なる場合が
ありますが、その場合は他の地域の弁護士会に繋がるように設定されています。

・通話料金がかかります。PHSや050IP電話からはご利用いただけません。

・回線混雑等の事情により、つながりにくい場合もございますので、
あらかじめご了承ください。

電話でのご相談が困難な方は、FAXによるご相談も受け付けます。
返信先FAX番号と、ご相談内容等を記載して以下にFAXにて送信ください。
FAX番号:03-3501-8405(東京での対応となります。)

主催:日本弁護士連合会・各弁護士会

お問い合わせ先:
日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9910
※各地の実施内容につきましては、「実施弁護士会一覧」をご参照の上、
各弁護士会にお問い合わせください。

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。