ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

韓国聾者俳優研修生キム・ビョンフンによる芝居

ノーマネット事務局にお寄せいただいた情報です。

2006年5月10日(水)開演午後7時00分〔開場6時30分〕
     5月11日(木)開演午後7時00分〔開場6時30分〕
プログラム
■サインマイム〈一人芝居〉「船人」出演 キム・ビョンフン
■高橋愛主演〈手話劇・舞踊劇・仮面劇〉「ジュリエット・チャットフレンド」
出演 高橋 愛 庄?隆志 酒井 郁 榎本トオル 長田茂樹 大山聡子 細田幸江 キム・ビョンフン
■韓国手話語り〈一人芝居〉「沈清傳(しむちょんじょん)」

会場:障害者スポーツセンター横浜ラポール1階ラポールシアター
222-0035 横浜市港北区鳥山町1752
TEL 045-475-2001/FAX 045-475-2053

チケット申し込み先
オフィス風の器 制作/庄?
Fax:045−974−1620(5/9迄)
E-Mail:sho8113sinryu@ybb.ne.jp
前売り券2000円 当日券2500円

私たちの日本から一番近い国、そして古代から様々にまじわってきた国−朝鮮・韓国。韓国の民話・手話・マイムを取り入れたこの作品を通して、両国の歴史的なかかわりの理解にも、というのがひとつの願いです。

この公演は「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」の研修の一環として行われ、収益の全ては運営費に当てられます。

「生活機能」向上をめざして、研究成果発表会(3月17日開催)

ICF(国際生活機能分類)は単なる分類の道具ではなく、「生活機能」つまり「人が生きることの全体像」を、総合的にとらえ、それを関係者全員が理解し合うための「共通言語」です。その正しい理解と、種々の分野での実際的な活用のために講演会を開催します。

会期 平成18年3月17日(金)13:00〜16:30
会場 日本教育会館 一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2−6−2)
対象者 参加費無料・事前参加申込必要 定員880名

<参加について>
 参加自由ですが、準備の都合上、必要事項(所属・氏名・TEL・FAX・E-mail)を御記入のうえ、下記宛へE-mailもしくはFAXにてお送り下さい。
 定員に達し次第締切りますので、なるべく早くお申し込み下さい。

<申し込み先・問合せ先>
〒474−8522 愛知県大府市森岡町源吾36−3
国立長寿医療研究センター 研究所 生活機能賦活研究部 担当 工藤、小島
TEL 0562−44−5651(内線 5613、5614)
FAX 0562−46−8446、0562−44−9163
E-mail nils-reha@mbj.nifty.com  <なるべくE-mailにてお申込下さい。>

NHK ハート展

ノーマネット事務局にお寄せいただいた情報です。

NHKは、障害のある方が綴った詩と、フジコ・へミング、UA、爆笑問題、星野富弘ら著名人やアーティストがその詩に合わせて描いた絵を組み合わせた展覧会「NHKハート展」東京展を3月7日(火)から3月12日(日)までの6日間、日本橋三越本店にて開催!日本全国から寄せられた4898編の詩の中から選ばれた50編の詩に、総勢50名のアーティストや著名人が、その詩の思いを受け止めて制作した絵とのコラボレーションが実現!

■入場料
無料

■開催期間
2006/03/07〜2006/03/12
午前10時〜午後7時30分(会期中無休)

■会場
日本橋三越本店 本館7階催物会場

■会場住所
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1

■問い合わせ先
NHK事業局「NHKハート展」係 
03-5455-6545

■主催
NHK、NHK厚生文化事業団、NHKサービスセンター、全国社会福祉協議会

平成17年度視覚障害者機器展について

川崎市盲人図書館様よりお知らせです。

日時:2006年3月4日(土)
時間:10:00〜15:30
会場:川崎市盲人図書館
川崎市川崎区日進町5−1 川崎市福祉センター内
(JR川崎駅より徒歩15分)

特別展示A「演奏家のいない演奏会 IN KAWASAKI」
開催時間:13:00〜14:00
開催時間以外でも試聴できます。
会場:川崎市福祉センター3階研修室
後援:「音楽のまち・かわさき」推進協議会

特別展示B「AMラジオを用いた音声案内システム」
当日、20名様に携帯AMラジオをプレゼントいたします。
 また、視覚障害者の方でAMラジオをお持ちでない方には、AMラジオの用意をしております。
 
主催:川崎市盲人図書館・川崎市視覚障害者ボランティア連絡会
後援:社会福祉法人 読売光と愛の事業団
出展企業:大活字・メルコム・ラビット・アメディア・ケージーエス・アイネットワーク・読書工房・廣済堂スピーチオ

神奈川障害者職業能力開発校、2次募集のお知らせ

神奈川障害者職業能力開発校様よりお知らせです。

 今回、当校では2次募集を2月10日から3月1日まで行うことになりました。

募集コースは以下のとおりです。

【身体障害者対象コース】
 ●加工技術(6名程度)
 ●CAD製図(1名程度)
 ●コンピュータ制御(7名程度)
 ●グラフィックアーツ(9名程度)
 以上の4コースと

【知的障害者対象コース】
 ●総合実務(4名程度)

 のあわせて全5コースとなります。

 受験日は3月8日、合格発表日は3月14日、入校日は4月5日となります。
 訓練期間は4月初旬から3月中旬までの1年間または2年間です。入学金、授業料は無料(教科書代等は自己負担)です。
 なお、敷地内に寮を完備しており、全国各地から訓練生を受け入れています。
 詳細についてのお問い合わせは、当校又は最寄の職業安定所(ハローワーク)までご連絡ください。

神奈川障害者職業能力開発校のご案内

神奈川障害者職業能力開発校様よりお知らせです。

■当校は職業能力開発促進法に基づき国が設置し、神奈川県が委託を受けて運営する職業能力開発施設で、神奈川県相模原市にあります。職業能力開発施設とは、就職することを目的とし、一定期間希望する職務について実践的に学ぶことのできる施設のことです。

■現在、加工技術、CAD製図、コンピュータ制御、グラフィックアーツ、OAシステム、OA経理、OAビジネス、オフィスインフォメーション、総合実務の9コースが設置されており、さまざまな障害の方が訓練を受けております。

■当校では障害者の方々が職業能力を身につけ就職または自立できるよう、校を挙げて取り組んでいます。カリキュラムに実習を多く取り入れる等、より実際の実務に近い形で訓練を行うことにより、ほとんどの訓練生が就職し自立していきます。

■また訓練修了後、訓練生の就職企業先に出向きサポートするフォローアップ制度もあり、修了後も安心して就労できるよう支援しております。

■詳細についてのお問い合わせは、当校又は最寄の職業安定所(ハローワーク)までご連絡ください。

精神障害者がともにくらすまちづくり−浦河べてるの家講演会−

国立身体障害者リハビリテーションセンター様よりお知らせです。

下記の通り、科学技術振興調整費 「障害者の安全で快適な生活の支援技術の開発」
プロジェクトアウトリーチ
精神障害者がともにくらすまちづくり−浦河べてるの家講演会−
を開催します。

今回は、5名の浦河べてるの家のメンバー(早坂潔さん、川端俊さん、山根耕平さん、服部洋子さん、木林美枝子さん)と
浦河赤十字病院精神神経科の川村敏明医師にお越しいただきます。

障害のある人もない人も一緒に安心して暮らしていけるまちづくりとは?
地域の中で自分の居場所を見つけて生きていくにはどうしたらいいのか?
浦河町やべてるの家の経験を学びながら、フロアの皆様と語り合いの場を持ちたいと思います。

【日時】平成18年3月11日(土曜日) 13:30〜16:30

【場所】国立身体障害者リハビリテーションセンター学院講堂

【参加費】無料

【主催】国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所

【問い合わせ・申し込み先】
国リハ研究所 障害福祉研究部 べてる講演会事務局 太田順子
FAX(04-2995-3132)
メール(daisy-fukushi@rehab.go.jp)
電話(04-2995-3100 内線2515)

【情報参加保障】
パソコン要約筆記、手話通訳、点字資料、拡大資料(ゴシック22ポイント)、
磁気ループ(リオン フラットループアンプ GH-06D)、
車椅子貸出、保育室提供(シッターなし)

視覚障害者用音声ガイド上映会「マンゴと黒砂糖」

ノーマネット事務局にお寄せいただいた情報です。

「マンゴと黒砂糖」の上映会を朗読つきでいたします。
2006年2月11日(土)
15:00〜(1回目)・17:30〜(2回目) 朗読の時間
場所は、御茶ノ水のスペースネオ
http://www014.upp.so-net.ne.jp/kato_takanobu/neoneoza/

映画「マンゴと黒砂糖」のホームページ

2回目上映後 飲みながらの語らいのひととき
【バリアフリーサービスについて】
・視覚障害者用の音声ガイドを用意しております。
 (要予約・・・03-3376-4425)
・車椅子の方には、車椅子用トイレを記載した地図をお送りします。電話でお申し込み下さい。
・来場に困難な方、駅までお迎えに行きます。
 地下鉄都営新宿線の小川町駅B5出口の階段の下に14時40分に集合してください。
 (かならず、事前にお電話下さい)

【料金】
当日    1,500円
会員・予約 1,000円

【予約・上映へのお問い合せ】
E-mail:スペースネオ(spaceneo@tcn-catv.ne.jp)

チケット予約・問い合わせ・・・海千山千
Tel&Fax:03-3376-4425
※当日は 090-8083-6888 まで御連絡下さい。

放送・通信バリアフリーセミナー障害者と放送・通信

日時:2006年2月28日(火)12:30〜17:30
場所:中野サンプラザ 11F アネモルーム

趣旨:近年、テレビなどの放送に障害者が登場することが増え、障害者が
どのように描写されるかについて当事者の関心も高まっている。
一方で、地上波デジタル放送が開始され、テレビ番組のアクセシビリティや
受信機の操作の利便性に対する要望も強い。
昨年度のセミナーでは、英国王立聴覚障害研究所から講師を招聘し、EUでは、「障害者とメディア」宣言が行われたり、デジタル放送サービスに関する基準を設けた国もあるということを知った。
本年は、米国よりテレビの障害者アクセスの専門家を招き、わが国の関係者と
意見交換をすることで、わが国の放送・通信行政と業界の課題を明確にする
ことを通じて障害者に対する支援の発展を期するものとする。

●参加費:無料
●募集人数:100名(事前申込制)
●申込方法:(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センターまでFAXまたはメールにてお申込み下さい。
●その他:同時通訳、パソコン要約筆記、手話通訳あり
 ★手話通訳・点字資料等が必要な方はお申込み下さい。
 ★FAXでお申し込みの方は受取確認を致しませんので、当日直接お越し下さい。
FAX:03-5909-8284
e-mail: 228housou@list.jsrpd.jp
担当:中村、外舘
お問い合わせTEL:03-5909-8280
●会場:
JR中央線・総武線/東京メトロ東西線「中野」駅 北口より徒歩1分

詳しくは、次のページをご覧下さい。

障害者と災害時の情報保障−2006年2月17日(金)開催

日時:2006年2月17日(金)13:00〜17:00
場所:ウェルシティ甲府(山梨厚生年金会館) 2階 鳳凰B(山梨県甲府市朝気1-2-1)
定員:80名
参加費:無料(手話通訳、点字資料、要約筆記あり)
主催:障害者放送協議会 災害時情報保障委員会
   日本障害者リハビリテーション協会
○開催趣旨 
 災害時における障害をもつ人の情報保障と支援について、これまで一連の研修会を開催してまいりましたが、今回は、発災後の避難支援、特に避難所における課題に焦点を当てて企画いたしました。
 国の施策について、また、独自の「災害時支援マニュアル(平成17年3月)」に基づき「福祉避難所設置・運営訓練(同年10月)」を実施するなど先進的な取り組みを行う山梨県の経験について学ぶとともに、他地域の経験についても意見交流し、今後の方向を探ります。

詳しくは、次のページをご覧下さい。
障害者と災害時の情報保障-災害発生後の支援と避難所における課題−

事務局((財)日本障害者リハビリテーション協会内)原田、松田
FAX:03−5292−7630 
E-mail:rehab@dinf.ne.jp
162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL: 03-5292-7628

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。