ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

JANNET研究会のご案内 2006年1月21日(土)午後2時から4時30分

JANNETは年2回研究会を開催し、アジアを中心とする途上国の障害者・関係者支援に関する活動紹介、経験交流を行ってきました。研究会のテーマにはこれまでCBR(地域に根ざしたリハビリテーション)を多く取上げてきましたが、国や地域により実践が多伎にわたり、課題も少なくありません。今回はその中でもCBRの人材養成およびCBRの継続性に関して報告する機会を提供します。
人材養成では、カナダのクィーンズ大学で行われているCBR短期コースの紹介をいたします。継続性については、インドネシアのソロで外部者がはじめたCBRが村でどう継続、もしくは衰退したのかを紹介します。
質疑、ディスカッションの時間も用意しておりますので、どうぞ積極的にご参加ください。

■日時:2006年1月21日(土)午後2時から4時30分
■場所:戸山サンライズ(電話03-3204-3611)
■参加予定人数:50人(定員になり次第絞めきらせていただきます。)
◆手話通訳、点字プログラムを用意します。
■参加費:会員は無料。非会員は1,000円。学生500円。
詳しくは次のページをご覧下さい。
JANNET研究会のご案内

【お問い合わせ先とお申込み】
JANNET(障害分野NGO連絡会)事務局
担当:篠嶋貴子
電話:03-5292-7628
ファックス:03-5292-7630
e-mail:shinojima.takako@dinf.ne.jp
URL:http://www.normanet.ne.jp/~jannet/

わかこま自立生活情報室様よりお知らせ

情報提供団体様よりお知らせがありましたのでご紹介いたします。

私どもわかこま自立生活情報室は、障害者の自立生活の促進と社会参加を推進するための各種活動、情報提供をおこなっている障害当事者が運営する非営利団体です。当情報室では障害者の方が豊かな人生を送るための情報提供活動、出版、そしてホームページを小規模ながら運営してまいりました。

現在、高齢者や障害者といった移動に制限のある方を擁護し、社会参加を促す法律が制定されています。この結果、高齢者や障害者の方は、以前に比べ引きこもることなく自由に外出し、社会参加することが可能になり、それに伴う情報のニードも高まっております。

当団体に寄せられる相談のなかでも、観光・イベントの情報を求められる会員の方が増え、現在まで「車いすで行けるいちご園」「車いすで行けるお花見」「車いすで行ける紅葉スポット」などの情報を収集・編集し、小冊子・インターネットなどを通じて高齢者や体の不自由な方々に届けてまいりました。この度「車いすで行ける初詣2006」が完成いたしましたので、ぜひご覧頂きたくご連絡いたしました。

視覚障害者のためのテクノロジー研究・開発奨励賞応募受付開始

【スペイン マドリッド発】 世界最大規模の視覚障害者のためのNPO(非営利団体)であるO.N.C.E.(オンセ: (スペイン語)La Organización Nacional de Ciegos Españoles、(英語)The Spanish National Organisation of the Blind)は、「第4回O.N.C.E.視覚障害者のためのテクノロジー研究・開発奨励賞」の応募受付を開始しました。同賞は、視覚障害者の社会への調和やノーマライゼーションに大きく貢献する技術開発を促進することを目的に、隔年で開催されています。官民を問わず、視覚障害者のクオリティー・オブ・ライフを向上させるための技術開発を行っている個人や研究所に対し、研究助成金を授与するものです。

研究助成金額: 第1位 (1名)240,000ユーロ(約3,300万円)
応募方法と締め切り: 応募は指定の応募用紙(APPLICATION FORM)を利用し、2006年6月30日までにお送り下さい。
*指定応募用紙(APPLICATION FORM)は下記websiteよりダウンロード可能です。http://www.once.es/otros/premios/imasd/index-i.cfm
*「募集要項」概略(日本語)を次のテキストファイルとPDFファイルより、ご参照下さい。募集要項テキスト募集要項PDF
尚、全情報を網羅した「募集要項」(英語)は上記のウェブサイトに掲載しております。
問い合わせ先
バーソン・マーステラ内 O.N.C.E.広報担当 西村章子
E-mail: once_PR@jp.bm.com
Tel: 03-3264-6701/ Fax: 03-3237-1244

オーディション参加者募集中!

<東京境界線紀行>のご案内

樅山智子(作曲家)、羊屋白玉(演出家)、三宅文子(プロデューサー)の三人で立ち上げたアクション・ユニット、マイノリマジョリテ・トラベルが、明治安田生命社会貢献プログラム「エイブル・アート・オンステージ」参加事業として、<東京境界線紀行>というパフォーマンス・プロジェクトを開始致しました。現在私たちと一緒に実験的な舞台作品を創る仲間を探しております。12月10日実施のオーディションは、最初の出会いの場と考えており、多くの方のご参加をお待ちしております。オーディション募集概要につきましてはウェブサイト、www.mimajo.netをご参照下さい。現在も参加申し込みを受け付けておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

バリアフリーアートアカデミー ビック・アイ シネマ 入場無料

当協会へお寄せ頂いた情報です。

1.「障害者週間」の事業のひとつとして、車椅子席、字幕スーパー、副音声による状況ガイドなどを使用し、劇場と同じような臨場感を感じて頂けるバリアフリー上映会を行います。

2.障害のある方もない方もひとつの空間を共有することにより「バリアフリー」を体験し、相互理解を深めることを支援致します。

上映日時
12月18日(日)「皇帝ペンギン」13時半開場 14時から上映
12月24日(土)「機関車先生」13時半開場 14時から上映
会場 ビッグ・アイ多目的ホール(両日とも定員1200名)
※事前申込は必要ありません。お気軽にお越しください。

主催
財団法人 大阪府地域福祉推進財団
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
TEL(072)290-0974 FAX(072)290-0972

詳しくは、次のページをご覧下さい。
バリアフリーアートアカデミー ビッグ・アイ シネマ

障害保健福祉総合研究成果発表会 平成17年12月19日(月)

研究者向け発表会
日時:平成17年12月19日(月)9:00〜16:45
場所:戸山サンライズ 大研修室 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
TEL:03-5273-0601
参加費:無料

【申込・問い合わせ先】
申込用紙(HTML申込書 ワード文書申込書)に必要事項をご記入の上、ファクスにて以下の連絡先へお申し込み下さい。

財団法人日本障害者リハビリテーション協会 総務部(担当:槇野/栗山)
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話: 03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
詳しい内容は次のページをご覧下さい。

「初心者向けホームページ作成研修会」開催のお知らせ

このたび当協会では、障害者情報ネットワークノーマネットを多くの団体に利用して頂くため、まだホームページをお持ちでない貴団体に、是非参加して頂きたくご案内申し上げます。
 すでにノーマネットでホームページをお持ちの団体様も歓迎いたします。
本ホームページ作成研修会では、ご担当者の方がホームページを作成するための基本知識や作成方法の基本操作、そしてアクセシビリティについて等、最低限必要な知識や操作方法をご紹介し、実際にホームページを作成して頂きます。
日時:平成17年12月16日(金)午後1時から6時30分
会場:戸山サンライズ2階中会議室
東京都新宿区戸山1−22−1
定員:若干名(お申し込み多数の場合は先着順とさせて頂きます。)
参加費:500円(懇親会費用含む)
申し込み方法:下記申込書にご記入のうえ、平成17年12月14日(水)までにFAXまたは電子メールにてお申し込み下さい。
問い合わせ先・申し込み先
(財)日本障害者リハビリテーション協会 情報センター(担当:池田)
電話03−5909−8291
FAX 03−5909−8284
電子メール info@mx.normanet.ne.jp
最新の内容は次のページよりご覧下さい。

音声ガイド付き演劇 11/25(金)〜29(火)

ノーマネット事務局にお寄せいただいた情報です。

【タイトル】「マイラストセレモニー 〜僕が死んだらこんな葬式〜」

【作・演出】鯨エマ 
 
【あらすじ】主人公、友之は葬式の費用があまりに高いことに腹を立て、自分の葬式のシナリオを書き始めたが友之は突然死んでしまう。遺された家族や友人が、ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら出した葬式はいかに・・・?

【公演日程】11月25日(金)- 11月29日(火)土・日・火は:14時、19時。他19時の回のみ。音声ガイド付きは26日の昼・夜、28日19時。要申し込み。他の日は相談

【場所】麻布ディプラッエ(大江戸線赤羽橋駅。改札口を出て左が赤羽橋出口。地上に上がって横断歩道を渡り、目の前のガソリンスタンド、モービルがある建物の2階。送り迎えをご希望の方は予約時にお申しつけ下さい。)

【料金】3300円(介助者の方は1名まで無料)

※介助犬を伴われる方、赤羽橋の駅までお迎えが必要な方、地図が必要な方はお申し付け下さい。
※介助の方がお待ち頂けるロビーあり

【お問い合わせ】海千山千03-3376-4425(緊急・当日090-8083-6888)

国際セミナー開催案内2005年12月3日(土)

趣旨:
十年が延長された国連ESCAPアジア太平洋障害者の十年は2007年に中間年を迎えようとしています。しかしアジア太平洋地域の多くの途上国における障害者のおかれた状況は依然としてきわめてきびしいのが現状です。今回の国際セミナーは、内閣府の障害者週間の行事の一環で開催されることになりました。会場では展示コーナーも設けてありますのでご覧ください。

主催:日本障害者リハビリテーション協会
協賛:JDF(日本障害フォーラム)
後援:内閣府、独立行政法人社会福祉医療機構、厚生労働省(依頼予定)
開催期日:2005年12月3日(土)午後1時から5時
開催場所:銀座ソニービル 8F「ソミドホール」電話03-3289-5310
参加者:150名
参加費:無料
*英語・日本語逐次通訳、手話通訳、PC要約筆記、点字プログラム等を用意します。

【申し込み方法・問い合わせ先】
FAX,メールにて下記の連絡先までお申し込みください。
(財)日本障害者リハビリテーション協会 上野・山納
Tel:03-5292-7628 Fax:03-5292-7630 Email:sanno.natsumi@dinf.ne.jp

障害のある人のコミュニケーションを支えるための情報共有の方法

「言語的意思伝達に制限のある重度障害者に対してIT技術等を活用した意思伝達手段の確保を支援するための技術開発に関する研究」

日時:2005年12月4日(日曜)
会場:国立京都国際会館アネックスホール
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池(http://www.kich.or.jp
定員: 200名(*入場無料です。当日,発表会受付においで下さい。)

問合せ先: 東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室(柏総合研究棟620号)
Fax:04-7136-4480
e-mail:nakalab@bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。