ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

日本障害フォーラム(JDF)セミナー

日時:2006年12月8日(金)10:00〜15:30
場所:中野サンプラザ 13階「コスモルーム」(東京都中野区中野4−1−1)
参加費:1,000円(資料代)(介助者は無料)

13の障害者団体・関係団体で構成される「日本障害フォーラム(JDF)」は、
設立3周年を迎えました。
JDFでは、その設立準備期以来、国連・障害者権利条約の成立に向けた活動を行ってきましたが、去る8月に国連・特別委員会で条約草案が暫定合意され、早ければ年内にも、国連総会にて権利条約が成立する見込みです。
本セミナーでは、これまでの活動の総括と、条約草案の評価、また今後のわが国における批准と履行に向けての課題や展望について、幅広い参加者を得て、共に議論していきます。

■申込方法・問合せ先
 
下記の必要事項をご記入の上、12月1日までにFAX、Eメール、
または電話にて、以下の連絡先までお申込ください。
(先着順・参加証などは特にお送りいたしません)
参加費は、当日に受付にてお支払いください。

JDF事務局(日本障害者リハビリテーション協会内) 原田、松田
電話:03-5292-7628   Fax:03-5292-7630 
E-mail: jdf_info@list.jsrpd.jp

「支援機器利用効果の科学的根拠算出に関する研究」

日時:2006年12月3日(日)11時10分〜16時00分
会場:国立京都国際会館(京都府京都市)アネックスホール
参加費:無料
定員:400名
問い合わせ先:東京大学先端科学技術研究センター
03−5452−5064(中邑研究室直通)

プログラム
11:10−12:00
「支援機器利用効果の科学的根拠算出がなぜ必要か?」
中邑賢龍(東京大学)
13:00−13:50
「機器利用効果をどのように測定するか?」
巖淵 守(広島大学)
14:00−14:50
「支援技術導入の効果を科学する −様々な機器の利用効果の実際−」
近藤武夫(東京大学)・平林ルミ(東京大学)・苅田知則(愛媛大学)・坂井 聡(香川大学)
15:10−16:00
特別講演「ハイブリッディアンの時代 −機器と人の共存を考える−」
畠山卓朗(星城大学)

平成18年度厚生労働科学研究・障害保健福祉総合研究成果発表会

開催日時:平成18年12月9日(土)12:50受付、13:20開会
場所:ハートピア京都・京都府立総合社会福祉会館3階 大会議室
〒604-0874 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町357番地
電話 075-222-1777 FAX 075-222-1778

内容:○第一部 研究成果報告(13:30〜14:45)
研究成果を基に、地域生活支援の在り方と「地域力」について報告を行います
○第二部 シンポジウム(15:00〜16:40)
研究成果報告を受け、地域生活支援の在り方と「地域力」について、分担研究者とシンポジウムを行い、
またフロアから質問を受け付け、研究テーマについて共有します
○情報交換会(17:30頃から2時間程度)
※第二部終了後、別会場にて情報交換会を予定しております。
この会では、報告者と参加者が交流を深め、情報・意見を交換、共有することにより、今後の課題を探ります

報告者:〔第一部報告者、第二部コーディネーター〕
谷口 明広(愛知淑徳大学医療福祉学部教授) 主任研究者
〔第二部シンポジスト〕
小田島 明(国立伊東重度障害者センター指導課長)
分担研究者:テーマ 調査地域の各事例にみる「地域力」の状況
武田 康晴(華頂短期大学社会福祉学科専任講師)
分担研究者:テーマ エンパワメントの概念からみる地域力の構成要素
永田 祐 (愛知淑徳大学医療福祉学部講師)
分担研究者:テーマ 地域力の概念規定と分析枠組み

参加費:第一部、第二部 無料。 情報交換会は5,000円以内を予定(当日受付にて集金いたします)
申し込み:FAXおよびE-メールにて受付いたします。
(有)自立生活問題研究所 FAX:075-352-4667
E-メール:jiritsu-info@s5.dion.ne.jp (担当:徳竹)

締切り:平成18年11月22日(水)
※定員になり次第締切り、先着順となります。11月下旬に参加の可否のご案内をいたします。
主催:(有)自立生活問題研究所、京都エンパワメント研究会
共同主催:(財)日本障害者リハビリテーション協会

障害者IT支援セミナー ―より良い支援の実現のために―

開催日:2006年12月17日(日) 13:00〜17:00
会場:新宿住友ビル 47階 スカイルーム
主催:(財)日本障害者リハビリテーション協会
助成:独立行政法人 福祉医療機構

申込要領
●参加費:500円
●募集人数:100名(事前申込制)
●申込方法:(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センターまでメールまたはFAXにて
12月11日(月)までにお申込み下さい。
●その他:パソコン要約筆記あり
★手話通訳・点字資料・磁気ループが必要な方はお申込み下さい。
FAX:03-5273-0615 e-mail: it-seminar@list.jsrpd.jp担当:有田・野村
お問い合わせTEL:03-5273-0796

e-ラーニング参加者募集のご案内

特定非営利活動法人障害者在宅雇用支援センター様よりお知らせです。

このたび当法人において、下記の要領でe-ラーニングを実施します。若干名の募集ですので、先着順による受付になります。研修を受けたいけれど外出が困難でなかなか受講する機会がない方、ぜひご応募下さい。お待ちしています。
【日程】
平成18年11月〜平成19年2月までの約4ヶ月間

【場所】
ご自宅(但し申込手続の時だけ東京都内のハローワークへ行く必要があります)

【受講料】
無料

【研修内容】
ワード、エクセル、パワーポイント等を使った事務処理
Web関連技術(プログラミング技術含む)
ホームページコンテンツ、デザイン制作など

【対象者】
下記のいずれの条件も満たしている方
・身体障害者手帳をお持ちの方
・通勤が困難で在宅で働きたいとお考えの方
・首都圏にお住まいの方

【募集人数】
3名

【問合せ先】
NPO法人障害者在宅雇用支援センター 事務局 三浦
電話:03-3518-6640
FAX :03-3518-6641
mail:info@homework.or.jp

脳性麻痺者の二次障害について 第6回シンポジウム

ノーマネット事務局にお寄せいただいた情報です。

開催日時:2006年11月12日(日)13:00〜16:00(16:45〜 パネラーと参加者を交えた親睦会を予定しております。)
開催場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟101号室(下記地図参照)
参加費:1,000円
<第6回シンポジウム内容紹介>
リハビリテーション打ち切り問題についての緊急報告
報告者紹介
小山 万里子 氏 ポリオの会 代表 (予定)
パネルディスカッション「脳性マヒ者の二次障害について〜自分の障害を知ろう〜」
パネラー紹介
近藤 総一 氏 国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 整形外科部長
玉井 明 氏 障害者医療問題全国ネットワーク 会員 神奈川県在住
井上 さつき 氏 名古屋・くれよんBOX 代表
コーディネーター紹介
小佐野 彰 障害者医療問題全国ネットワーク 副代表 特定非営利活動法人 自立の家 理事

主催:障害者医療問題全国ネットワーク(二次障害情報ネット)

問い合わせ先
〒156-0043 東京都世田谷区松原 6-39-12カーサイズミダ101
TEL 03-3327-0971 FAX 03-3327-0972
E-MAIL:shi_un_ryouiki-ji@w7.dion.ne.jp
特定非営利活動法人 自立の家 内
障害者医療問題全国ネットワーク(二次障害情報ネット)
菊野・円谷まで

イヤホンガイド付き劇「エイジアン・パラダイス」

ノーマネット事務局にお寄せいただいた情報です。

「エイジアン・パラダイス」東京公演のご案内

【日程】11月3日(金・祝)〜5日(日)
【会場】三百人劇場
【交通】都営地下鉄三田線「千石駅」A-1出口より徒歩1分/JR「巣鴨駅」より13分
    〇上板橋駅より32分 〇新宿より20分 〇渋谷より25分 〇日比谷より12分

【芝居を楽しんで頂けるように】
目の不自由なお客様には、イヤホンガイドをご用意しております。
また、ご希望の方には点字あらすじ本を事前にお送り致します(チケット料金に含む)。
《日時指定・要予約》4日(土)14:30/19:00

杉本美鈴 作  鈴木真理子 演出

【あらすじ】「来るものは拒まず」をモットーにしている女主人・春子は上板橋のとある場所で下宿“エイジアン・パラダイス”を経営している。そこにはゲイバーママの英男、フィリピンパブホステスのアナベル、東大留学生タイ人のスジンダ、中国人と日本人のハーフ美華が住んでいた。今日は毎月一回催しているパーティーの日。そこへ慎一郎が突然やってくる。ルポライターを名乗る彼は、風の噂で怪しい外国人が住んでいると聞き、取材に来たのだ。それぞれに事情を抱えたちょっと風変わりな住人たち。事件が事件を呼び、春子の心配をよそに、近所の住人も巻き込みヒートアップ!

【問い合わせ】 劇団銅鑼
電話03-3937-1101
E-mail:gekidandora@pop12.odn.ne.jp

ロゴスの文化教室(井上洋治師講演会)開催

ロゴス点字図書館様よりお知らせです。

 カトリック司祭の井上洋治神父が、「日本人の心情で師イエスの福音をとらえなおす」という観点から語る。
日時 2006年11月11日(土) 午後2時〜4時
会場 ロゴス点字図書館(JR京葉線 潮見駅下車 徒歩5分)
参加費 1,000円(資料代込み 当日受付)定員120名
申し込み方法 お電話でご住所・氏名・電話番号・資料の種類(普通字・点字・テープ)をお知らせ下さい。   定員になり次第締切。
申込先・問い合わせ先
  社会福祉法人 ぶどうの木 ロゴス点字図書館
    〒135-8585  東京都江東区潮見2-10-10
電話 03−5632−4428 FAX 03−5632−4454
申し込み締切日 2006年10月31日(火)

アメリカの盲ろう者が来日・記念講演会のお知らせ

NPO法人視聴覚二重障害者福祉センターすまいる様よりお知らせです。

「第4回盲ろう者のビッグステージin Osaka2006「
<開催日>
平成18年9月30日〈土)、正午:開場、13時開演
<開催場所>
森之宮ピロティホール
<内容>
アメリカから盲ろう者Anindyaさん(愛称:バピン)を招き、記念講演を行います。(バピンに関するる簡単なプロフィルは下記をごらんください)
他に、主催者であるすまいるの盲ろう者自身による演劇(演題:「地球のどこかで」)、和太鼓、ミュージカルなどを披露します。
また、来場者のみなさんには、豪華景品が当たる福引やビンゴゲーム、その他の抽選会を用意しております。
是非、多くの方々にPRをして頂けますよう、お願い致します。特に、アメリカなど外国から盲ろう者を招待して講演会を行うのは20年ぶりのことですので、このめったにない機会に「盲ろう者について、是非学んで頂きたい」と思っております。以下は、バピンについて、理事長の門川の感想等です。

神奈川障害者職業能力開発校4月入校生募集のお知らせ

神奈川障害者職業能力開発校様よりお知らせです。

当校では平成19年4月入校生を以下の日程で行うことになりました。●募集期間 ?平成18年9月1日〜9月29日(新規学卒者対象)??平成18年9月1日〜12月19日(一般対象)●募集コース【身体障害者対象コース】:加工技術、CAD製図、コンピュータ制御、グラフィックアーツ、OAシステム、OA経理、OAビジネス【視覚障害者対象コース】:オフィスインフォメーション【知的障害者対象コース】:総合実務
●受験日?平成18年10月16,17日?平成19年1月11日?平成19年1月21日●合格発表日?平成18年11月2日??平成19年2月8日
入校日は4月5日となります。訓練期間は4月初旬から3月中旬までの1年間または2年間です。入学金、授業料は無料(教科書代等は自己負担)です。なお、敷地内に寮を完備しており、全国各地から訓練生を受け入れています。
※(平成19年3月から8ヶ月間、寮浴室改修工事を予定しており、浴室利用に制限が生じますのでご了承ください)
詳細についてのお問い合わせは、当校又は最寄の職業安定所(ハローワーク)までご連絡ください。

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。