ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

フィンランドソーシャルファーム実態調査報告会

日時:2015年 10月21日(水)13:30~16:00

会場:戸山サンライズ2階 大・中会議室 (東京都新宿区戸山1-22-1)

主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

後援:全国労働者共済生活協同組合連合会・大阪府民共済生活協同組合

参加費:無料

定員:100名(定員になり次第締切)

情報保障:要約筆記付き

手話通訳・点字プログラム・磁気ループ、車いすスペースは要申込

趣旨
 ソーシャル・ファームは、社会的企業の1つであるが、障害者など一般雇用が困難な者の雇用を目的としている点が特徴である。我が国は高齢社会を迎え、障害者の生きがいの向上や、社会保障費の効率化のために、このような企業の活用が日本でも必須となっている。
 ソーシャル・ファームは、ヨーロッパを中心に発展してきており、その重要性が認識されている。しかし、その制度の形態は、国によって異なり、わが国に適したソーシャル・ファームの形について検討するために、一昨年イギリス、昨年ドイツに現地調査を行った。
 さらに欧州における調査を進めて、今回は、北欧福祉国家でありながらソーシャル・ファームの発展政策を実施しているという特徴をもつフィンランドを調査したので、その結果をわが国のソーシャル・ファーム関係者に報告し、今後のわが国のソーシャル・ファームのありかたについて議論する。 

プログラム(順不同・敬称略)

13:30-13:40  開会挨拶
            片石修三(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会常務理事)

13:40-14:40  報告1「フィンランドソーシャルファームの動向から学んだこと」
            炭谷 茂(ソーシャルファームジャパン 理事長
                 社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長
                 公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 会長)

14:40-15:20  報告2「フィンランドのソーシャルファーム訪問調査報告」
            桑山和子(NPO法人 ぬくもり福祉会たんぽぽ 会長)

15:20-15:50  質疑応答
            司会:寺島彰(浦和大学総合福祉学部 学部長教授)

15:50        閉会挨拶
             野村 美佐子(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター長)

【申込方法】
下記のいずれか方法で2014年10月19日(月)までにお申し込みください。
  (※点字プログラムをご利用の方は10月7日(水)まで)
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。

①下記Webサイトより申し込み
   こくちーず http://kokucheese.com/event/index/336901/

②メールもしくはfax
   お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、磁気ループ、点字プログラム、車いすスペースなど必要があれば申し込み時にお知らせください。

 ※ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づき、このシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

【お申し込み、お問い合わせ先】
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0796
 FAX: 03-5273-0615
 Eメール:dinf-j@dinf.ne.jp

第23回職業リハビリテーション研究・実践発表会開催のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、職業リハビリテーションに関する研究成果を
広く各方面に周知するとともに、参加者相互の意見交換、経験交流を行う場として
「職業リハビリテーション研究・実践発表会」を毎年開催しており、企業、福祉、医療、教育など
さまざまな分野から毎年多数のご参加をいただいています。
今年度は平成27年11月12日(木)~13日(金)に開催します。
多くの方々のご参加をお待ちしております。

                    記

【開催概要】

名称:第23回職業リハビリテーション研究・実践発表会

開催日:平成27年11月12日(木)~13日(金)

会場:東京ビッグサイト 会議棟
     (東京都江東区有明3-11-1)

 プログラム:

11月12日(木)

◇特別講演
   「さまざまな人たちがともに働く、挑戦と成長の職場づくり」
    湯浅善樹氏、齊藤朋実氏(第一生命チャレンジド株式会社)

◇パネルディスカッションⅠ
   「精神障害者雇用の実際」
   ※研究発表会に先立ち、以下の講座・講習を行います。
     ・基礎講座(発達障害、高次脳機能障害、難病)
     ・支援技法普及講習「発達障害者支援技法の紹介~ナビゲーションブックの作成と活用~」

11月13日(金)

◇研究発表
   【口頭発表】82題、18分科会 
   【ポスター発表】36題

◇パネルディスカッションⅡ
   「これからの事業主支援」

お申し込み方法:当機構研究部門ホームページ(http://www.nivr.jeed.or.jp)よりお申し込みください。

参加費:無料

<問い合わせ先>
事務局:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
障害者職業総合センター 研究企画部企画調整室
〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-3
    TEL :043-297-9067
    Mail:vrsr@jeed.or.jp

company ma 旗揚げ公演『雨ニモ負ケズ』

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

私たちは、無言劇、身体劇を得意とする劇団です。
音楽は使用するものの、セリフのない芝居ゆえ聴覚に障害のある方にも是非観劇して
ただけないかと日頃から考えておりました。

『雨ニモ負ケズ』

■会場
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

■日時:2015年
9月21日(月・祝)19:00
9月22日(火・祝)13:00/17:00
9月22日(水・祝)13:00/17:00
※開場は開演の30分前です。

「子どもが笑えば世界は笑う」
小さい頃、チャップリンが好きだった。コトバを使わずに伝わってくる物語。
世界に通ずる「笑い」という武器。家や学校でいつも彼の真似をしていた。一方、宮澤賢治が紡ぐ不思議なコトバが好きだった。必ずしも理論的ではないコトバ から見えてくる風景。聞こえてくる音。チャップリンも宮澤賢治も想像力の自由を教えてくれた。と、僕らは稽古場で語り合いながら、「もしチャップリンが宮澤賢治に会っていたら」と妄想しつつ、台本のない作品づくりをしている。せっかくの旗揚げ公演、僕たちが好きなことを好きな形で伝えたい。子どもたちに。 もちろん、大人たちにも。「子どもが笑えば、世界は笑う」と言う。ならば世界が笑えるように子どもを笑わせたい。そんな演劇活動ができるよう、本日 company maはここ新百合ケ丘を拠点にその活動を始動します。

EU 障害者雇用セミナー2015 「EU・ドイツ・フランスにおける障害者雇用・就労の近未来

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

開催趣旨について
このセミナーは,EU障害者雇用研究会がここ数年間研究してきた欧州の障害者雇用・就労の現状を広く日本の方々に知っていただくことを目的にしています。
日本は昨年障害者権利条約を批准しましたが、障害のある方の雇用・就労については、まだまだ課題山積です。当研究会の成果を公開することによって日本における障害者の雇用・就労の今日的課題を西欧との比較において皆様とともに検討したいと考えております。
ご関心のある方はどなたでも、お誘いあわせの上ふるってご参加いただければ幸いです。

主催:EU障害者雇用研究会(代表・放送大学 大曽根寛)

講師:大曽根寛(放送大学 教授)
    引馬知子(田園調布学園大学 教授)
    高橋賢司(立正大学 准教授)

司会進行:吉川雅博(愛知県立大学 教授)

日時:2015年9月26日(土) 13:30~16:30

場所:放送大学 文京学習センター 地下1階多目的講義室
    〒112-0012 文京区大塚3-29-1

参加費:無料
     手話通訳・要約筆記あります

申し込み方法:E-mailにて、下記の項目を明記の上お申込みください。
          ohsone@ouj.ac.jp (大曽根研究室)

[申込時の記載事項]
・EU障害者雇用セミナー参加希望
・お名前(フリガナ)
・ご所属ないしお立場
・メールアドレス
・障害のある方で駐車場の必要がある場合は、お書きください。

定員:100人(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

お問い合わせ:
放送大学 大曽根研究室
TEL/FAX: 043-298-4145 E-mail:ohsone@ouj.ac.jp

平成27年度第2回身体障がい者パソコンサポーター養成講習会開催のお知らせ

岩手県在住で年齢が18歳以上の方を対象に、視覚又は肢体に障がいをお持ちのパソコン利用者への支援者を養成する講習会を下記の通り、開催いたします。

1 日時 : 平成27年9月19日(土曜日)、20日(日曜日)、26日(土曜日)、27日(日曜日)
10時から16時まで
2 場所 : 花巻市総合福祉センター 2階 会議室
3 定員 : 10人
4 受講料 : 無料
5 申込締切日 : 平成27年9月14日(月曜日)

  受講資格、受講内容、申込方法等詳細は下記のホームページでご覧ください。
  「パソコンサポーター 養成講習会」と検索。
  < a href=" http://www.normanet.ne.jp/~pciwate/kurso/informilo.html"> http://www.normanet.ne.jp/~pciwate/kurso/informilo.html

「全国FUKUSHI就職フェア」を開催!8月2日(日)13時@東京虎ノ門

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

全国から福祉法人が東京に集結。
「全国FUKUSHI就職フェア」を開催!
8月2日(日)13時~@東京虎ノ門
http://f2f.or.jp/fair2015

『日本の”FUKUSHI”を、世界最高の”welfare”にし、

誰もが当たり前に地域で生きることができる社会をつくる』

をビジョンに活動しているFACE to FUKUSHIでは、

FUKUSHIで働きたい・興味がある学生のための全国の福祉法人と出会える、

夏の大イベントを開催します!!!

・福祉×地域おこし
・福祉×6次産業
・福祉×社会起業

地域の課題に取り組む、福祉法人が全国から集結します!!

福祉で働きたいと考えている学生さんや、

UIJターンで、地域で働きたい学生さんは必見です!!

申込はこちらから!→http://f2f.or.jp/fair2015/entry.html

◎イベント詳細

イベント名:全国FUKUSHI就職フェア日時:8/2(日)13時~18時

会場:日本財団ビル1・2階(東京都港区赤坂1-2-2)

http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

東京メトロ 「虎ノ門駅」「溜池山王駅」「国会議事堂前駅」から徒歩5分

参加費:無料

対象:2016年3月卒業予定者、第二新卒者、その他福祉に興味のある学生

【プログラム】

■オープニングトーク 「就職フェアへようこそ~今、福祉がオモシロイ~」

FACE to FUKUSHI共同代表による対談

(プロフィール:http://f2f.or.jp/profile/#pro2

■ブース型会社説明会 「業界初!?カジュアルなカフェテリア形式の個別説明会」

気軽にリラックスして出展法人ごとにブースに分かれて話をきけます!

■就職セミナー 「働きつづける、自分にあった福祉法人の選び方。」

就職活動のヒントを伝えるセミナーを行います。

■FUKUSHI大交流会 「出展法人も学生もごっちゃになった大交流会!」

会社説明会では聞けなかったことを聞いたり、学生同士がつながったり。

等身大で交流しましょう◎

【出展法人】

■社会福祉法人ゆうゆう(北海道)

北海道石狩にて、共生型の地域創りをテーマに活動。

制度に縛られない様々な福祉サービスを展開しながら地域を創る
という大きなビジョンをもっている。

■社会福祉法人八ヶ岳名水会(山梨)

「障がい者があたり前に暮らす」に、緑豊かな八ヶ岳でチャレンジする法人。
恵まれた自然を活かして、生産・加工・販売を一貫して行う
六次産業化に取り組んでいる。

■NPO法人みらいず(大阪)

障害者支援にとどまらず、子ども向け教育プログラムや、
復興支援、ひきこもりの居場所支援など、
様々なコンテンツ事業を展開する大阪のNPO法人。

■社会福祉法人南高愛隣会(長崎)

「ふつうの場所でふつうの暮らしを」をテーマに、
障がいのある方の地域生活の希望を叶えるための活動を長崎で展開。
「罪を犯した障がい者・高齢者への支援」「障害者の結婚生活支援」など、
制度外のサービスも展開している。

その他出展法人一覧:http://f2f.or.jp/fair2015/exhibitor/

【申込み】

参加には事前申込が必要です。

http://f2f.or.jp/fair2015/entry.html

お問い合わせ先

一般社団法人FACE to FUKUSHI 事務局
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1-6F-103
電話:06-4799-0108
FAX:06-4799-0107
E-mail:office@f2f.or.jp
WEBサイト:http://www.f2f.or.jp

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座(8月開催)

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

 東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、
「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。
 この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」こともねらいとしており、
都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、どなたでも御参加いただけます。

テーマ
 同行援護制度の概要
  ~視覚障害者の地域生活支援~

 平成25年4月1日に、地域社会における共生の実現に向けて新たな障害者保健福祉施策を
講ずるための法律として、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
(障害者総合支援法)」が施行されました。

 平成26年10月から、同法第5条第4項で規定された「同行援護」(視覚障害により、移動に
著しい困難を有する障害者等につき、外出時において、当該障害者等に同行し、移動に必要な
情報を提供するとともに、移動の援護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。)に
関する都道府県・区市町村事業が開始しました。

 本講座では、視覚障害者の生活の向上に寄与するため、「同行援護」を中心に視覚障害者の
移動に係るサービス等を、具体的に学ぶ機会を提供します。ぜひ、御参加ください。

講師 鈴木 孝幸(すずき たかゆき)氏
    (社福)日本盲人連合会(日盲連)副会長

日時 平成27年8月23日(日)13:30~16:00

会場 港勤労福祉会館
      住所:東京都港区芝5丁目18番2号
      電話:03-3455-6381

 【最寄り駅】
  JR田町駅(三田口)徒歩5分  都営地下鉄三田線A7出口徒歩1分

 【アクセス方法】
  ①田町駅(三田口)を出てすぐ階段を下り、 第一京浜国道を右折。
  1つ目の大きな交差点の向かい側。 大きく「港区立勤労福祉会館」と書いてあります。会場は、 1階の第一洋室です。
  ②都営地下鉄三田線A7出口すぐ左隣。
  大きく「港区立勤労福祉会館」と書いてあります。

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 事前申込みは不要です。当日、13:00から会場で受け付けます。

※天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、東京都教育委員会ホームページ
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/27shogaishanokouza.htm
を、御確認ください。

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
       電話 03-5320-6893
       ファクシミリ 03-5388-1734

主催 東京都教育委員会

第10回ソーシャルワーク研究所シンポジウム

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

(1)総合テーマ 「高齢・少子社会における「生きづらさ」の諸相とソーシャルワーク -ミクロ・アプローチのゆくえ-」

(2)主催    ソーシャルワーク研究所

(3)日時     2015年11月15日(日) 13:00~17:30 ※受付開始12:15~

(4)会場    明治学院大学 白金校舎・本館1201教室 (東京都港区白金台1-2-37)

(5)参加費    5,000円

(6)募集定員  80名(定員になり次第締め切り)

(7)プログラム(敬称略)

【主題講演】13:00~14:30 ※講演後に質疑応答を予定

渡部律子(日本女子大学)
 「超高齢・少子社会における生活支援とソーシャルワーク専門職
  -暮らしの質(QOL)を高めるミクロ・アプローチのゆくえ-」

【シンポジウム】14:45~17:30 ※質疑応答30分間を含む

佐藤千秋(聖マリアンナ医科大学東横病院)
 「医療領域における生活支援とソーシャルワーク専門職
  -がん患者の暮らしを支えるミクロ・アプローチ-」

山田勝美(山梨立正光生園)
 「子ども家庭領域における生活支援とソーシャルワーク専門職
  -暴力に立ち向かうミクロ・アプローチ-」

八木裕子(東洋大学)
 「介護保険施設・機関における生活支援とミクロ・アプローチ
  -高齢者福祉とソーシャルワークの進め方-」

総合司会:北川清一(明治学院大学、ソーシャルワーク研究所)

(8)第10回ソーシャルワーク研究所シンポジウムのURL
http://www.meijigakuin.ac.jp/~kitagawa/social/symposium.html

第13回 全国車いすアクセス・マニア集会 in 仙台 7/19(日),2015

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

◎者ども仙台に参集せよ!◎

【第13回 全国車いすアクセス・マニア集会in 仙台 7/19(日),2015】

日時:7月19日(日)13時より~18時まで
場所:仙台市宮城野区 生涯学習総合センター第2セミナー室(JR仙台駅東口徒歩5分)
住所:〒983-0852 宮城野区榴岡4-1-8 TEL022-295-0403

<開催目的、車いすアクセス・マニアとは>

 現在の日本では、歩けなくなっても、どんな重度の障害があっても、それに応じた車いすを使い、
公共交通を利用して旅行したり、行きたい所に行くことができます。
そんな旅で味わう楽しさ・困難さの全てを、より楽しさに変えてしまう”アクセス・マニア”達の、
旅の自慢話を聞き、自分も発表して、電車や路線バスを利用する仲間を増やそうとする集まりです。

 平成15年・東京都国立市で開催されて以来、京都・愛知・香川・福井・滋賀・茨城・神奈川・大阪・
東京・神戸・京都で行われ、今回の仙台市で13回目。

「全国」というタイトルは、日本全国の車いすでの旅の話をするという意味で、別に全国の車いす旅行仲間が
集まる訳ではありません。けれど、車いすでのアクセスの最新の動向、全国各地のアクセス状況を目いっぱい
ご紹介します。

 かって駅にエレベーターが無かった頃、あらゆる方法で電車にもバスにも乗ろうと挑戦し
「ある時は”トラベル" 時どき ”トラブル”」を全国で起こしていた旅行者がいました。
今では数を増やし、バス・列車・船・飛行機など、あらゆる乗り物を利用し、国境をも飛び越えるのが普通に
なってきました。
でも、"乗れない公共交通”は、まだまだ多く存在します。
そこを培った”乗る技術や交渉力”をフルに発揮し、人様の助けも借りて、ある時は内規も変えさせて、
行けるとこまで行く。

そんな旅行者を ”車いすアクセス・マニア”と言う!

 なんだかんだと言っても、車いすで旅行する自慢話しの集会かも? と揶揄する向きもありますが、
この集会に参加する貴方が「バスや列車に2倍3倍と乗れば、世の中が変わるかも」と感じれば
オモウツボなのです。

<レギュラー講師>

◎ 今福 義明(アクセスジャパン代表)
電動車いすユーザーとしての視点から徹底して、バリアフリー化を求めていく交通バリアフリーファイター。
「どこでも行く、年間500回バスに乗る」を実践して、国内も海外も出かけている、車いすアクセスや
交通問題の第一人者。
「ACCESS-JAPAN」
http://www.access-all-japan.jp/

◎ アシトド松井(車椅子電車評論家)
脊髄損傷とオストメイトの重複障害者。
当初は自動車でのみ移動していたが、突然、電車で行動するようにライフスタイルを変更、
趣味は史跡・城跡めぐり。国内全県踏破を達成し、ほとんど知らざるは無しの旅のベテラン。
「アシカなくてもトドまらず」
http://ashitodode.gozaru.jp/index_002.htm

◎ 山名 勝(アクセス関西メンバー)
ハンドル形電動車イスの公共交通利用問題の第一人者。
世界中で日本だけの、いわれなき乗車拒否解消に執念を燃やしている。
単なる旅マニアでなく広い知見からアクセス問題を考え、情報提供している。
「どこにでも行こう車イス」
http://kurumaisyu.exblog.jp/
「Facebook」https://www.facebook.com/masaru.yamana

◎ 頼尊 恒信(NPO法人CILだんない 事務局長)
都市圏の交通アクセスのデータベース化の研究に加わっていたが、近年では滋賀県北部にCILを設立し、
地方圏域のアクセス問題が関心事となっている。
また、各地のバリアフリー応援やフェリー乗船を精力的に行っている。

◎ 「旅の話し」当日の発表者を募集しています。(一人20分程度)
話しだけでもOKですが、プロジェクターで映写出来る準備をしていますので、
写真があればスライドやパワーポイントのデータをUSBメモリーでご持参ください。

問い合わせ・事前申し込みは下記へメールしてください。
(今福)access@access-all-japan.jp
(山名)cuhww502@occn.zaq.ne.jp

生と性のバリアフリーフォーラム 2015

<生と性のバリアフリーフォーラム 2015の概要>

2015年7月11日(土)10時00分~17時00分

●会場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 409号室

 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1

●ゲスト 佐々木一成さん(Plus-handicap 編集長)

     松本理沙さん(同志社大学実習助手)

     土田幸子さん〔鈴鹿医療科学大学准教授)

     木全和巳さん(日本福祉大学教授)

●参加費・・・一般 3,000円 学生・障がい当事者 2,000円

●定員・・・80名(定員に達し次第、申込受付を締め切ります)

<フォーラムの開催趣旨>

 「障害と性(セクシュアリティ)」の問題を、みんなで当たり前に語り、

 当たり前に発信・共有することのできる、公共広場(フォーラム)をつくる。

 障害とセクシュアリティ(性・恋愛・セックス・結婚等)の問題は、かつて「タブー」「福祉の闇」として考えられてきた。

 70年代以降の自立生活運動、障害者の権利擁護や就労支援の進展、差別禁止の時代の流れの中で、
 当事者や支援者の立場、教育や介助の現場から、NPOの活動、書籍や論文などを通して、徐々に語られるようになってきた。

 しかし、そうした語りの声は、まだ十分とは言えない。メディアで取り上げられることはあっても、
 センセーショナルな「ネタ」としての現状描写や問題提起のみにとどまり、具体的な処方箋を提示する段階には至っていない。

 障害学をはじめとする学問領域や、性的支援を行うNPO、特別支援教育の現場での一定の蓄積はあるが、
 そうした蓄積は、なかなか一般の人の目に触れるまでには至っていない。

 言うまでもなく、人間にとって性は当たり前の基本的欲求である。障害の有無にかかわらず、
 私達が、毎日の生活や、これからのライフコースを考えていく上での大きな原動力、モチベーションの源泉になる。

 今必要なのは、障害と性というテーマについて、「ネタ」でも「タブー」でもなく、
 公の場で、継続的に、多くの人が「当たり前」に語り、「当たり前」に情報を発信し、共有できる場を創造することではないだろうか。

 「生と性のバリアフリーフォーラム」では、障害とセクシュアリティにまつわる様々なテーマを取り上げ、
 第一線で活躍されている研究者・専門家の方々をゲストにお招きして、トークセッションを行う。

 このフォーラムの場を起点にして、障害のある人の生と性の語り方・語られ方に、
 ささやかな、しかし、確実な変化の渦を巻き起こしていきたい。

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。