ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

障害者権利条約の政府報告に関する学習会

 障害者権利条約締約国には、条約の履行状況を批准後2年以内に、国連障害者権利委員会に報告する義務があります。来年2月までがその期日である日本の政府報告(案)が9月24日の内閣府・障害者政策委員会で提出され、10月26日の政策委員会でも議論されました。
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/k_26/index.html

 民間団体が提出できるパラレルレポートの作成に資することを視野に、この政府報告(案)をよく読み、より高いレベルの内容にしていくために検討していきたいと思います。

 JDではこれまで2回、内部の学習・懇談会をもち、団体の課題や実情を条約と照らし合わせながら共有してきました。条約の実現に近づくため、さらに意見交換を重ねていきたいと考えています。今回は意思疎通、情報保障と子どもというテーマを切り口に、議論を広げていきたいと思います。みなさま奮ってご参加ください。
 JD加盟団体以外の方も、どなたでもご参加いただけます。

日時:2015年11月26日(木)午後1時半~4時半

場所:参議院議員会館B104会議室

◇要約筆記、手話あります。

定員:100名(事前のお申込みをお願いいたします。)

資料代:無料

【プログラム】

総合司会・コーディネーター 増田一世 JD常務理事

あいさつ 藤井克徳 JD代表
1.政府報告案の評価 赤松英知/JD政策委員
2.政府報告のモデル(ニュージーランド)紹介 小野 浩/きょうされん常任理事
3.JD加盟団体の実態(アンケートによるデータから) 薗部英夫/JD副代表
4.団体からの実態・意見

○問題提起
◆テーマ 1 意思疎通、情報保障 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 理事長 新谷友良
条約前文および第1条の障害者像-障害者の範囲、デシベルダウン運動を巡って-
◆テーマ 2 子ども 障害乳幼児の療育に応益負担を持ち込ませない会 副代表 中村尚子
第7条 障害のある児童

=意見交換=
まとめ・閉会あいさつ 太田修平 JD政策委員長

お問合わせ・お申込み先
日本障害者協議会(JD)事務局 〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5287-2346 FAX:03-5287-2347 Eメール:office@jdnet.gr.jp

お名前(ふりがな)、ご所属、ご連絡先(メールアドレス、電話番号、FAX番号)
障害による必要な配慮(手話・要約筆記・点字資料、車いすスペースなど)をメール、FAX等でお知らせください。

障害者の就労支援について考えるフォーラムV

障害者の就労支援について考えるフォーラムⅤ
~ILOなどの国際潮流と日本に問われているもの~

 2007年に全国福祉保育労働組合と日本障害者協議会が共同し、ILOに対し「日本の障害者雇用施策がILO条約に違反している」と提訴を行なってから8年が経過しました。2009年にはILOから報告が発表され、その後も条約適用専門家委員会での審議に合わせて意見書を提出し、政府の施策の諸問題を指摘しています。現在国内では、障害者権利条約の批准を受けて、また障害者総合支援法の施行3年を経て、障害者雇用に関する国内法制度の見直しが進められています。そこに私たちの意向を反映させていくためにも、ILO提訴を通じて明らかになった政府の施策の問題点を検証し、より実態に即した法制度改正への論議を深めていく必要があります。

 今回のフォーラムでは、ILOの最新報告と11月の条約適用専門家委員会の審議にむけた意見書についての報告と、国内の障害者の雇用施策の諸課題に関するシンポジウムを行います。

 ぜひ、多くの方々に参集していただき、就労支援のあり方についてみなさんと共に考えたいと思います。

日時 2015年11月19日(木)13:45~16:45

会場 参議院議員会館 1階101

参加費 無料

★情報保障あり(要約筆記、手話通訳)

定員 100人(定員になり次第締め切らせていただきます。)

【プログラム】

第1部 報告「ILO提訴に関わる最新動向」

第2部 シンポジウム「障害者就労支援策のあり方」

シンポジスト(敬称略)
久保寺一男(就労継続支援A型事業所全国協議会/全Aネット理事長)
叶 義文(全国社会就労センター協議会/セルプ協 副会長)
増田 一世(日本障害者協議会常務理事)
谷本 樹保(全国福祉保育労働組合 障害種別担当)
コーディネーター 斎藤 なを子(きょうされん副理事長)

主催:全国福祉保育労働組合・NPO法人日本障害者協議会

≪お問合わせ・お申込み先≫
日本障害者協議会(JD)事務局 〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5287-2346 FAX:03-5287-2347 Eメール:office@jdnet.gr.jp

お名前(ふりがな)、ご所属、ご連絡先(メールアドレス、電話番号、FAX番号)
障害による必要な配慮(手話・要約筆記・点字資料、車いすスペースなど)をメール、FAX等でお知らせください。

日本脳外傷友の会設立15週年記念全国大会

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

日本脳外傷友の会 設立15周年記念全国大会in東京

11月20日
13:00 全国代表者会議
    全国 支援拠点機関支援コーデネーター研修会
    加盟団体が運営する作業所職員研修会
    家族が高次脳機能障害になった子供の意見交換・交流会

18:00 全国交流会 全国の会員。家族が親睦を深め、交流する。

参加費5000円 トランペット演奏・合唱 心の唄コンサート

11月21日
(開場 9:30) 参加費(資料代 家族支援者2000円、当事者1000円です)

10:00 開会セレモニー
    来賓あいさつ
    当事者活動奨励賞 授与式――各地で頑張る当事者を応援・奨励します。
    基調講演 上田 敏先生 座長 渡邉 修先生(日本脳外傷友の会・顧問)

~休憩~

13:00 『こんな支援があれば僕らは働ける』
    橋本圭司先生と働く当事者の鼎談

14:00 シンポジウム「高次脳機能障害支援の現状とどうなる今後?」
    藤井 康弘 厚生労働省障害保健福祉部 部長
    今橋久美子 国立障害者リハビリテーションセンター
    渡邉 修  慈恵会医科大学教授
    古謝 由美 日本脳外傷友の会 副理事長
    瀧澤  学 神奈川県総合リハビリテーションセンター
    コーデネーター 小川 喜道 神奈川工科大学教授
    指定発言。会場からの質疑応答

16:15 閉会セレモニー
    大会アピール採択
    次回開催地アピール

16:30 閉会

<参加申し込み> ホテル予約/オプショナルツアー等企画・申し込み、東武トップツアー社が代行
         FAXで 03-5348-3799
             03-5348-3500

<記録> DVD制作・報告書作成して、後日加盟団体他に 全国に配布します。

<合理的配慮> 情報保障 手話通訳、要約筆記の用意いたします。

お問い合わせは、ホームページ検索 「NPO法人 日本脳外傷友の会」
からお近くの友の会又は準会員団体へお願いします。
又はFAX 0463-31-7676
E-mail jtbia2000@jtbia.org でお願いします。

第28回こんぼ亭のご案内 障害年金――こんなときどうするの?

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

【講師】 
  〇井坂武史先生(特定社会保険労務士)~「わかりやすい障害年金入門」の筆者!
  〇市川亨さん(共同通信記者)~障害年金問題を徹底的に追求している新聞記者!

【日時】 2015年10月24日(土)12:30開場 13:00~15:30
      ※30分程度延長する場合があります

【会場】 小岩アーバンプラザ(東京都江戸川区北小岩1-17-1)
  〇アクセス: JR小岩駅北口より徒歩15分、京成本線江戸川駅より徒歩10分
  〇詳しくはチラシの地図をご覧ください

【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円

【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
        TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
        EMAIL: comhbotei@gmail.com

醸す力、編む技--コミュニティを変えるアート

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

アートミーツケア学会大会 2015年度総会・大会

2015年11月7日(土)・8日(日)
大分県立総合文化センター/iichiko総合文化センター(大分県大分市高砂町2‒33)
大分県立美術館(大分県大分市寿町2‒1)

*11月6日(金)<1>国東半島スタディツアー  <2>絵画と音楽のユニバーサルデザインな鑑賞

高齢化と人口減少、グローバル競争が進む中、各地で地域社会の存続が危ぶまれる一方、次世代を育み、
仕事を創り出す地域コミュニティの重要性は逆に増しています。そこで求められているのは、
「誰もが誰もを知っている」同質性に根差した旧来型の濃密なコミュニティではなく、
「誰かが誰かを知っている」多様性を編みこんだ、 緩やかにつながるコミュニティです。

大分は、大規模工業とともに、地域に根差した醤油や酒の醸造業が盛んであり、竹細工や七島イなどのように
自然素材を活かして編む技にも長けた土地柄です。山がちで小藩分立が続いたことから、多様な文化が各地に
息づき、アートによるまちづくりも各地で進められています。ただ一方、存続が危ぶまれる地域社会を抱えている点は、
他地域と同様です。
アートミーツケア学会大分大会では、多様性を編みこみ、寛容を醸し出し、新たな社会への展望を拓く、
コミュニティの創造に向けたアートの可能性を探ります。

参加申し込み方法     
1.参加申込みフォームをご利用のうえ、必要事項をご記入ください。

2.参加費(懇親会費、オプション代金含む)をご入金ください。

申込み/期限         
2015年10月30日(金)
*定員200人になり次第、締め切ります。

お問い合わせ/お申し込み先  
アートミーツケア学会 事務局
〒630-8044 奈良市六条西3-25-4 一般財団法人たんぽぽの家
Tel. 0742-43-7055 Fax.0742-49-5501 E-mail art-care@popo.or.jp

ケアとテクノロジー 10月24日(土) 開催

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

「人が人として世話をする」 ― 家庭・職場・地域の支えあう力が弱くなり、とりわけ“ケア”の現場の人手不足から、
人間らしく寄りそうことがむずかしくなってきています。

医療・介護・子育てといったケアは、お互い命ある人として、さまざまな感情をやりとりする繊細な行為です。
だからこそ誰かに頼ることがむずかしく、ストレスと無力感をかかえ、時には孤立感に悩まされ、人として
世話ができたのか、という思いにかられます。

今、ケアの現場では、医療・介護ロボットなど“テクノロジー”化が注目を集めています。産業の発展とともに
進歩してきたテクノロジーが、人の感情や尊厳といった分野にも関わるようになっているのです。

このフォーラムでは、すでにテクノロジーを活用しているケアの現場の声を聴くことで、さまざまな観点から
その役割と可能性を評価し、人のやるべき行為について再考し、その未来を見つめたいと考えます。
子育て・教育・医療・福祉など、ケアの分野をこえた交流を深めるためにも、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

日時  2015年10月24日(土)13:20~17:00 (13:00 受付開始)

会場  クリスタルタワー20F A会議室

      〒540-6020 大阪府大阪市城見1-2-27

定員  150名

参加費 無料

対象 ● 子育て、看病、介護をしている人、それを支えるNPOの職員
   ● 教育にたずさわっている人、大学・研究機関
   ● 医療・保健・看護・福祉にかかわる職員、中間支援組織
   ● カウンセラー、ソーシャルワーカーなど対人援助者

主催  一般財団法人住友生命福祉文化財団
    一般財団法人たんぽぽの家

お問い合わせ
一般財団法人たんぽぽの家(担当:小林・佐賀)
E-mail:carecare@popo.or.jp

『働く広場』公開座談会「精神障害者雇用は今!」のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

障害者週間「連続セミナー」(主催:内閣府)が、12月5日(土)から6日(日)まで、
中野セントラルパークサウス コングレスクエア(東京都中野区)にて開催されます。
当機構は、5日(土)に「精神障害者雇用は今!~精神障害者の職域拡大の可能性について~」
と題して、公開座談会を開催いたします。ぜひご来場ください。

日時
平成27年12月5日(土)12時00分~14時00分(120分)

内容
平成25年6月に成立した障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律により、
精神障害者が法定雇用率の算定基礎に加えられたことなどを契機に、雇用されている
精神障害者の数は大きく伸びているところです。
一方、平成25年度に厚生労働省が実施した障害者雇用実態調査では、精神障害者の
雇用上の課題として、「会社内に適当な仕事があるか」と回答した企業が77.2%と
最も多く、企業においては、精神障害者の職務の創出や設定に苦慮している状況が
うかがえます。

そこで今回は、専門的な職種が主となる医療機関において、創意工夫により精神障害者が
新たな職務に従事している事例をご紹介し、その事例を通じて職務創出のノウハウなどに
ついてのディスカッションを行い、精神障害者の職域拡大の可能性を参加者とともに考えます。

場所
中野セントラルパークサウス コングレスクエア
(東京都中野区中野4丁目10番2号)
中野駅から徒歩5分(JR中央線、総武線、東京メトロ東西線)

定員 100名
参加費 無料

申込方法
下記のページよりご確認ください。

お問い合わせ先
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
企画部情報公開広報課(担当:藤巻、上田)
電話番号:043-213-6203 FAX:043-213-6556

「介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット」結成3周年記念シンポジウムのご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

「介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット」
 3周年記念シンポジウム

2015年11月7日(土)
午後1時25分~午後4時50分
(開場:午後1時)
会場大阪弁護士会館
大阪市北区西天満1-12-2

■京阪中之島線「なにわ橋駅」下車出口1から徒歩約5分
■地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車1号出口から徒歩約10分
■地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車26号階段から徒歩約7分
■JR東西線「北新地駅」下車徒歩約15分

【入場無料】
【事前申込不要】

第1部
①電動車いす費支給・勝訴判決の報告

 講演者國府朋江弁護士(当会スタッフ弁護士)

 2015年2月9日、福岡地方裁判所で電動車いす費用(補装具費)に関する画期的な判決が下されました。
 障害のある人にとって地域で生きるということはどういうことか、判決で示された裁判所の考え方をご紹介します。

②弁護団王式による交渉事案の成功例から見た支給量交渉

 講演者髙野亜紀弁護士(当会スタッフ弁護士)・ご本人

 これまで,誰も十分な支給量を獲得したことのなかった地域で,30代の筋ジストロフィーの女性が弁護団
 とともに行政と交渉を行い,十分な支給量を獲得しました。その交渉内容とは?弁護団の活動とは?
 ご本人の思いは?弁護団とご本人がお話しします。

第2部
「全国各地からの弁護団方式によるヘルパー時間数交渉及び裁判等の事例報告&意見交換」
 
障害当事者の話を交えながら,全国で介護.給量増量を果たした事例をご報告し,今後の活動に向けた意見交換
を致します。

報告者:静岡県・山口県・京都府・富山県など全国の弁護団

コーディネーター:藤岡毅弁護士(当会共同代表)

要約筆記,手話通訳及び事前の資料送付等の情報保障が必要な方は,
2015年10月9日までに,下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ:介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネットシンポジウム事務局
TEL 0120-979-197 FAX03-3264-3314(田中晴雄法律事務所 添田 あて)
E-mail kaigohoshou@gmail.com

主催:介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット
後援:大阪弁護士会

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座(11月)のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

 東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、
「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。
 この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」こともねらいとしており、
都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、どなたでも御参加いただけます。

テーマ
がん医療の潮流 ~基礎から、遺伝子治療まで~

がんは、最も死亡率の高い病気で、長年、日本人の死因の第一位を占めています。
一生のうちに日本人の二人に一人はがんを患うとも言われています。
また、がんは、初期にほとんど自覚症状がなく、発見時には病状が進行していることから、
死に至る怖い病気として恐れられてもいます。

一方、近年、早期発見や治療法の進歩により、生存期間が伸び、
がんを死に至る怖い病気として恐れるのでなく、がんとともに暮らし、
働くことが大きな課題となっています。

本講座では、がんに関する基礎知識とがん治療の最新の動向、予防等について、
専門家をお迎えし、視覚障害者にわかりやすい内容の講演を行います。

講師 若尾 文彦(わかお ふみひこ)氏
    国立がん研究センター がん対策情報センターセンター長、医師 

日時 平成27年11月22日(日)13:30~16:00

会場 東京都障害者福祉会館

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 事前申込みは不要です。当日、13:00から会場で受け付けます。

※天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、
東京都教育委員会ホームページ
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/27shogaishanokouza.htm
を、御確認ください。

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
       電話 03-5320-6893
       ファクシミリ 03-5388-1734

主催 東京都教育委員会

会場:東京都障害者福祉会館
    住所:港区芝5-18-2
    電話 03-3455-6321

【最寄り駅】
JR田町駅(三田口)徒歩5分  
都営地下鉄三田線A7出口徒歩1分

フィンランドソーシャルファーム実態調査報告会

日時:2015年 10月21日(水)13:30~16:00

会場:戸山サンライズ2階 大・中会議室 (東京都新宿区戸山1-22-1)

主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

後援:全国労働者共済生活協同組合連合会・大阪府民共済生活協同組合

参加費:無料

定員:100名(定員になり次第締切)

情報保障:要約筆記付き

手話通訳・点字プログラム・磁気ループ、車いすスペースは要申込

趣旨
 ソーシャル・ファームは、社会的企業の1つであるが、障害者など一般雇用が困難な者の雇用を目的としている点が特徴である。我が国は高齢社会を迎え、障害者の生きがいの向上や、社会保障費の効率化のために、このような企業の活用が日本でも必須となっている。
 ソーシャル・ファームは、ヨーロッパを中心に発展してきており、その重要性が認識されている。しかし、その制度の形態は、国によって異なり、わが国に適したソーシャル・ファームの形について検討するために、一昨年イギリス、昨年ドイツに現地調査を行った。
 さらに欧州における調査を進めて、今回は、北欧福祉国家でありながらソーシャル・ファームの発展政策を実施しているという特徴をもつフィンランドを調査したので、その結果をわが国のソーシャル・ファーム関係者に報告し、今後のわが国のソーシャル・ファームのありかたについて議論する。 

プログラム(順不同・敬称略)

13:30-13:40  開会挨拶
            片石修三(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会常務理事)

13:40-14:40  報告1「フィンランドソーシャルファームの動向から学んだこと」
            炭谷 茂(ソーシャルファームジャパン 理事長
                 社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長
                 公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 会長)

14:40-15:20  報告2「フィンランドのソーシャルファーム訪問調査報告」
            桑山和子(NPO法人 ぬくもり福祉会たんぽぽ 会長)

15:20-15:50  質疑応答
            司会:寺島彰(浦和大学総合福祉学部 学部長教授)

15:50        閉会挨拶
             野村 美佐子(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター長)

【申込方法】
下記のいずれか方法で2014年10月19日(月)までにお申し込みください。
  (※点字プログラムをご利用の方は10月7日(水)まで)
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。

①下記Webサイトより申し込み
   こくちーず http://kokucheese.com/event/index/336901/

②メールもしくはfax
   お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、磁気ループ、点字プログラム、車いすスペースなど必要があれば申し込み時にお知らせください。

 ※ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づき、このシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

【お申し込み、お問い合わせ先】
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0796
 FAX: 03-5273-0615
 Eメール:dinf-j@dinf.ne.jp

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。