ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座8月のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

 東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、
「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。
 この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」こともねらいとしており、
都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、どなたでも御参加いただけます。

テーマ
   安全で快適に暮らすための基礎知識
   ~整理整頓を学ぶ~

 整理整頓は、誰にとっても、安全で効率的に生活が送れるための条件ですが、
 視覚障害者にとっては、部屋が整理され整っていることは、安全の確保に直結する大事なことです。
 しかし、視覚障害者が整理整頓をするには、視覚障害者の特徴を踏まえたコツや工夫が必要です。
 本講座では、視覚障害者の整理整頓に詳しい方を講師にお迎えし、整理整頓の意味、整理整頓の
コツ、整理整頓を持続するための工夫などについて、具体的に学ぶ機会提供します。
ぜひ、御参加ください。

講師 鈴木 愛子(すずき あいこ)氏
    視覚機能訓練士

日時 平成29年8月27日(日)13:30~16:00

会場 東京都多摩障害者スポーツセンター
    第一集会室ABC(2階)
    住所:国立市富士見台2-1-1
    電話 042-573-3811

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 事前申込みは不要です。当日、13:00から会場で受け付けます。
        ※ 天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、
          以下の東京都教育委員会ホームページ御確認ください。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/shogaishanokouza.htm

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
      電話 03-5320-6857
      ファクシミリ 03-5388-1734
主催 東京都教育委員会

「第40回総合リハビリテーション研究大会」総合リハビリテーションの新機軸 ~リハビリテーションと介護福祉の融合~

■会期:2017年11月11日(土)、12日(日)

■会場:ボルファートとやま 2階 真珠の間(富山県富山市奥田新町8-1)

■参加費:一般3,000円、学生1,000円(介助者等は無料)
※点字資料、手話通訳、要約筆記、磁気ループあり

■開催趣旨:総合リハビリテーション研究大会の開催が40年という節目の年にあたり、
この間のわが国の総合リハビリテーションの進展の歴史と今後を展望します。
また、一般的にリハビリテーションや介護は人の手としての支援と考えられがちですが、
今後の人口減少社会において、介護ロボットやIT、テクノロジーの導入で
リハビリテーションや介護福祉の分野がどのように変化するかを考えます。

■申込締切日:11月1日(水)

下記アドレスより、内容の確認と参加のお申込みが可能です。
http://www.normanet.ne.jp/~rehab/2017/index.html

日本財団アジア太平洋障害者パートナーシップ事業 ワークショップ成果発表会のご案内

趣旨
このたび、公益財団法人日本財団の協力を得て、ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業研修修了生のうち、各地域でリーダーとして活躍する13名に対し、フォローアップ研修を行うはこびとなりました。障害問題は人権、女性、健康と福祉、貧困問題など幅広く、横断的に関連のある分野であり、途上国では特に障害者は社会から「置き去りに」されることが多いのが現状です。今回来日する13名は、障害当事者ならではの視点を用いて、障害者に関連する活動を日々行っていますが、資金の獲得、人材の確保など課題は山積しています。

フォローアップ研修では、研修修了生が抱える課題に着目し、その解決のヒントを参加者全員で考え、実現可能なプロジェクトの立案や持続可能性の高い事業計画の策定を目指します。その成果を披露する場として、下記の要領で成果発表会を開催いたします。ご来場の皆さまには各国の障害分野を担うリーダー達の発表をご覧いただくのみならず、現地の状況等について情報交換を行っていただく場といたします。

期日:平成29年7月21日(金)13:00~17:15(受付:12:30~)
会場:日本財団ビル 2階大会議室A・B
   (東京都港区赤坂1-2-2)
使用言語:日本語、英語(同時通訳)、日本手話、国際手話、日本語PC要約筆記
参加費:無料
*事前申込がない場合、資料の準備ができない場合がございます。予めご了承下さい。
定員:60名
*お申し込み多数の場合は当方で調整させていただきます。あらかじめご了承下さい。

プログラム:
12:30 受付

13:00 成果発表会
1.ご挨拶(主催団体・共催団体及び協力団体などを予定)
2.本事業概要紹介
3.ワークショップ参加者による成果発表

17:15 閉会

見えない・にく方の洋服選びをサポーするスマホアプリ無料モニター募集のお知らせ

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

「見えなくたってオシャレしたい!」
そんな視覚障害者の気持ちに応え、
洋服選びの支援を行うスマートフォン向けのアプリが登場!

利用者を増やし、意見を聞きたいということで
無料お試し期間が設けられています。

FCS アプリとは…
FCS(ファッション・コーディネート・サポート)アプリは、iPhone,iPad 用のアプリです。
iPhone のアクセシビリティ機能である、VoiceOver をON にしてお使いください。
本アプリは、あなたが持っているお洋服をデータ化しアプリに登録してお使い頂きます。
そのためには、①アプリへのユーザ登録、②ご自身のお洋服写真のご提出が必要です。

東京パラリンピックに向けて、障害者キャスター・リポーターを公募します。

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

キャスター募集

東京パラリンピックに向けて、障害者キャスター・リポーターを公募します。

これは、応募するあなた、私たちNHK、視聴者、そして社会、そのすべての変化につながっていくはず。

そんな思いから生まれた、NHK初の取り組みです。

募集期間 2017年6月22日(木)~7月21日(金)
※webでのエントリーは7月21日15:00までに投稿/郵送は消印有効

募集対象:1~4のすべてに該当する方

1.ア~ウのいずれかに該当する方
  ア.障害者手帳の交付を受けている方
  イ.専門医、専門機関等で障害があると認定されている方
  ウ.そのほか、障害特性に関して医師の診断書や専門職の意見書がある方

2.パラスポーツに興味・関心のある方
3.東京などでの研修に参加可能な方(2週間程度/ヘルパー同伴可)
4.NHK放送センターに通勤可能な範囲に居住することができる方

業務内容

主に障害者スポーツや福祉に関連するテレビ・ラジオ番組、中継などのキャスター・リポーター等の業務
その他、番組等の制作に関わる業務(取材、インターネットコンテンツへの執筆など)

応募方法

詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://nhk.jp/impairment-entry

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座7月のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

 東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、
「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。
 この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」こともねらいとしており、
都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、どなたでも御参加いただけます。

テーマ
 より良い睡眠を得るための基礎知識 
  ~睡眠のメカニズムを知って、健康に~

 ストレス社会と言われる現代、睡眠不足や不眠等眠りに関する問題を抱え、
健康のためにより良い眠りを身に付けたいと考える人は少なくありません。
 本講座では、睡眠に関する専門家を講師に迎え、睡眠のメカニズムや、
睡眠障害、睡眠不足の心身への影響などについて、基礎的な知識を学ぶとともに、
睡眠チェックや健やかな睡眠を得るためのコツなどの技術を提供します。
ぜひ、御参加ください。
 
講師 綾部 直子(あやべ なおこ)氏
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 睡眠障害センター 流動研究員、
睡眠障害専門外来担当
臨床心理士

日時 平成29年7月23日(日)13:30~16:00

会場 東京都障害者福祉会館
      住所:港区芝5-18-2
      電話 03-3455-6321

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 
 事前申込みは、不要です。当日、13:00から会場で受け付けます。
※ 天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、
東京都教育委員会ホームページ
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/shogaishanokouza.htmを、
御確認ください。

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
       電話 03-5320-6857
       ファクシミリ 03-5388-1734

主催 東京都教育委員会

イタリアソーシャルファーム実態調査報告会

日時:2017年 9月17日(日)13:30~16:50
会場:戸山サンライズ2階 大研修室 (東京都新宿区戸山1-22-1)
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
後援:埼玉県民共済生活協同組合・大阪府民共済生活協同組合
参加費:無料
定員:100名(定員になり次第締切)
情報保障:要約筆記付き
手話通訳・点字プログラム・磁気ループ、車いすスペースは要申込

趣旨
ソーシャルファームは、障害者など一般雇用が困難な者の雇用を目的とした社会的企業の1つであり、ヨーロッパを中心に発展してきた。その重要性は増してきているが、制度の形態は国によって異なる。昨年はイギリス、ドイツ、フィンランドから講師を招き、それぞれの国の立場から日本型ソーシャルファームの推進に向けてのヒントとなる講演を聞く機会を設けた。
今回のセミナーでは、ソーシャルファームの歴史が最も長いイタリアのトリエステを訪問・調査した結果を報告し、原点を振り返りつつ今後の日本におけるソーシャルファームのあり方について意見交換を行う。

プログラム(順不同・敬称略) *プログラムは変更になる場合があります。

13:30-13:40 開会挨拶
         福母淳治(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会常務理事)

13:40-14:40 報告1 「イタリアソーシャルファームの動向から学んだこと」
         炭谷 茂(ソーシャルファームジャパン 理事長
             社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長
             公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 会長)

14:40-15:20 報告2 「イタリアのソーシャルファーム訪問調査報告Ⅰ」
         寺島彰(前 浦和大学総合福祉学部 学部長教授)              

15:20-15:30 休憩

15:30-16:10 報告3 「イタリアのソーシャルファーム訪問調査報告Ⅱ」
         野村 美佐子(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 参与)

16:10-16:45 質疑応答
         司会:寺島彰(前 浦和大学総合福祉学部 学部長教授)

16:45     閉会挨拶
         村上 博行(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター課長)

16:50     終了

シンポジウム「アクセシビリティ法は社会をいかにして・どのように変えてきたか―諸外国の事例を中心に」

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

米国が「障害を持つアメリカ人法」とそれに続く一連のアクセシビリティ法制で先行し、欧州が制定に動く「アクセシビリティ法」はいかなる手法を社会に導入し、社会をどのように変えてきたのでしょうか。本シンポジウムでは、アクセシビリティ法制の専門家であるG3ictのジェームズ・サーストン氏を講師に招いて学びます。また、日本におけるアクセシビリティ法制の必要性等について討論します。
どうぞ、皆様ご参加ください。

主催
特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)

共催・協力
日本障害フォーラム(JDF)
特定非営利活動法人ウェブアクセシビリティ推進協会(JWAC)
ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)

後援
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)

協賛企業
イデア・フロント株式会社
株式会社インフォアクシア
株式会社ミツエーリンクス

月日:6月26日月曜日
場所:エムワイ貸会議室 四谷三丁目(四谷三丁目駅前)会議室A
情報保障:手話通訳、要約筆記、ボランティアによる逐次通訳

プログラム
2時00分 主催者挨拶:山田肇(ICPF理事長)

2時10分 ジェームズ・サーストン(G3ict)
 講演「アクセシビリティ法をめぐる世界の動向」

2時50分 石川准(国連障害者権利委員会委員)
 講演「国連障害者権利委員会は何を求めているのか―情報、コミュニケーション、手話言語を中心に」

3時10分 休憩

3時20分 パネル討論
 三宅 隆(日本盲人会連合 情報部長)
 小出真一郎(全日本ろうあ連盟 理事)
 新谷友良(全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 理事長)
 渡井秀匡(東京都盲ろう者支援センター)

4時30分 閉会

参加費:無料
定員:100名

■申し込み

1.申込サイトから http://kokucheese.com/event/index/472609/

2.または、氏名、所属、連絡用メールアドレスを記載し、
  このアドレスにお申込みください。<infor@icpf.jp>

平成29年度身体障がい者パソコンサポーター養成講習会開催のお知らせ

視覚又は肢体の障がい者のパソコンの技術支援に必要な知識と技術の習得し、「仕事、家庭第一」で、空いている時間を有効に使って支援をしませんか。
1 日時: 前期  7月1日(土)から、後期 9月23日(土)から、各期4日間。各日10時開会
2 場所: 岩手県立視聴覚障がい者情報センター 研修室、又は、映写室
3 受講料: 無料
4 申込締切: 前期、又は、前期と後期を通じて受講される方は、6月27日(火曜日)
       後期のみを受講される方は、9月16日(土曜日)
5 受講資格
 (1) 岩手県在住で年齢18歳以上(申込時)の方(学生可)
 (2) サポーターとして積極的かつ誠意を持って活動する意欲がある方
 (3) 今年度中に全講習内容の出席が可能な方
 (4) 現在、メール送受信できる方

  受講資格、受講内容、申込方法等詳細は下記のホームページでご覧ください。
  「パソコンサポーター 養成講習会」と検索。

持続可能な開発目標 SDGs 勉強会 他分野から学ぼう!他分野と連携しよう!

日時 2017年6月28日(水)午後2時~5時15分

会場 戸山サンライズ 2階 大研修室 (東京都新宿区戸山1-22-1)

参加費 勉強会=無料  *定員:50名(先着順) 

交流会=3,000円(交流会:午後5時30分~19時30分)

手話通訳、要約筆記、磁気ループ、点字資料あり

開催趣旨
日本において「持続可能な開発目標(SDGs)」達成への取組では、
政府には推進本部が設置され実施指針が策定されたり、民間では
市民社会組織(CSO)がネットワークを立ち上げて連携し、
政府や企業に働きかけたりなど官民で活発化しています。

しかしながら、障害分野においてSDGsについての認知度は低く、
一部の団体ではイベントのテーマとしてSDGsを取り上げるように
なってきましたが、まだ身近な課題となっているとは言い難いです。

また、他分野組織との連携もできていないのが現状です。
そこで、本勉強会において、障害関係者および団体にSDGsについて
広く周知するとともに、障害者団体と他分野のCSO、企業などとの
連携を促進します。

プログラム (敬称略)
受付開始 13:30~
開会挨拶 14:00~14:10
来賓挨拶 14:10~14:20  国連広報センター等より
第一部  14:20~15:40

「SDGsと障害者~権利条約との関係を中心に~」(20分)
 中西由起子 アジア・ディスアビリティ・インスティテ-ト代表

「政府の取り組み」(40分)
 1.外務省の取り組み(20分)
    横地晃 外務省地球規模課題総括課 課長
 2.厚労省の国内政策における取り組み(20分)
    調整中

「市民社会の取り組み」(20分)
 黒田かをり CSOネットワーク 事務局長・理事

15:40~15:55 質疑応答(15分)

15:55~16:10 休憩(10分)後、第二部へ

第二部 16:10~17:00  意見交換(50分)
テーマ別に3つのグループに分かれて、モデレータ2名がそれぞれの分野における
SDGsの動向や活用状況等を5~6分程度ずつ話題提供したあと、障害分野での
活用について意見交換する。

 1.国際協力
    稲場雅紀 SDGs市民社会ネットワーク 代表理事
    勝又幸子 ヒューネットアカデミー 代表

 2.国内政策
    新田英理子 日本NPOセンター SDGs事業プロデューサー
    臼井久実子 障害者欠格条項をなくす会 事務局長

 3.他分野との連携
    田中直樹 (株)電通総務局社会貢献部 シニア・マネージャー
    原田潔 日本障害者リハビリテーション協会 企画・国際課 課長

17:00~17:10 まとめ 
17:10~17:15 閉会の辞 
17:30~19:30 交流会(希望者のみ)    

◆主催 公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
◆協力 JANNET(障害分野NGO連絡会)
*大阪府生活協同組合連合会、全国労働者共済生活協同組合連合会助成事業

お申込み
*締切:6月23日(金)但し、定員50名になりしだい締め切ります。
 FAX、メールまたはお電話等で、下記必要事項とともに事務局へお申込み下さい。
 (会場準備のため、可能なかぎり事前のお申し込みをお願いいたします。)

お申込み書
FAX: 03-5273-1523
E-mail: kokusai@dinf.ne.jp

お名前(ふりがな)
所属  
連絡先 〒
電話
FAX
E-Mail

「意見交換」参加希望グループ □国際協力 □国内政策 □他分野との連携
 
必要事項 □手話通訳 □要約筆記 □磁気ループ □点字 □車いす利用 □拡大文字 □テキストデータ

介助者 □あり □なし

交流会参加 □出席 □欠席

※頂いた個人情報は、本勉強会以外の目的には使用しません。

事務局 日本障害者リハビリテーション協会 国際課(奥平、堂西)
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話03-5273-0601 E-mail:kokusai@dinf.ne.jp

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。