ノーマネットトップページに戻る
本文はここからです。

ノーマネットぼっくす

トップページ > ノーマネットぼっくす

「ノーマネットぼっくす」は皆様からお寄せいただいた情報を掲載しています。

ノーマネットぼっくすへようこそ!

この掲示板は障害・福祉関連情報掲示板です。
全国のノーマネット情報提供団体から寄せられた情報を発信しています。

ご利用方法

投稿をいただくためにはノーマネット情報提供団体としてご登録(無料)していただく必要がございます。

ご利用方法につきましては、ノーマネットぼっくす利用方法をご覧下さい。

免責事項

ノーマネットぼっくす投稿用ログインページ

 

一般ユーザからの投稿です。

「チャリティー・スマイル・ラン2016 in 日産スタジアム」参加者募集のお知らせ

補助犬変身Tシャツを着て、参加者全員で日本一周(北海道~沖縄間を距離換算し、目標を設定)を目指し、
日本中に補助犬旋風を巻き起こそう!

走っても歩いてもOKですのでどなたでも1名からお気軽にご参加いただけます!
お友達とでも、ご家族でも、会社のお仲間と一緒に たくさんの参加お待ちしています!!
当日は補助犬デモンストレーションなどイベントも盛りだくさんです。

日時 平成28年10月16日(日)
   10:00から16:00まで(受付開始9:00)
   ※雨天決行、荒天中止(前日に決定)

会場 日産スタジアム(神奈川県横浜市港北区小机町3300)

     
費用 大人3,240円(税込)中学生以下無料(入場は無料です)
参加特典としてメンバー全員に横浜F・マリノスホームゲームの特別席チケットと補助犬変身Tシャツをプレゼント

競技ルール
・リレーマラソン方式(1周400m)
・前、後半各1時間半の合計周回数をカウント
・1人連続何周走ってもOK。歩いてもOK。

申込み先と申し込み締め切り 
平成28年9月16日(金)までの平日9:00から17:00まで
インターネットhttp://www.goguidedogs.info/ または FAX045-949-0327、郵便で必要事項をご記載の上、
チャリティー・スマイル・ラン事務局まで、お申込みください。

お支払い方法
銀行振込 ジャパンネット銀行 本店営業部 普通 3981567
一般社団法人盲導犬総合支援センターチャリティーイベント
※振込手数料はご負担ください(お申込みより7日以内にお振込みをお願いいたします)

問合せ先 
チャリティー・スマイル・ラン事務局
一般社団法人盲導犬総合支援センター
横浜市都筑区茅ケ崎南5丁目2番22号2F
045-949-0338 (月~金 10:00~17:00) FAX045-949-0327
メール:event@goguidedogs.jp

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座(9月)のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

東京文化財ウイーク2016特別企画/主催:東京都教育委員会

 東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、
「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。

 この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」ことも狙いとしており、
都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、どなたでも御参加いただけます。

テーマ 旧細川侯爵邸の見学と伝統工芸の根付体験
     芸術の秋に、視覚障害者が文化財である旧細川侯爵邸についての解説を聞き、
     建物の内の幾つかの部屋を回ります。

     根付の専門家を講師にお迎えし、根付についてのお話と日本の小さな伝統工芸である
     「根付」を直接触って鑑賞する機会です。ぜひ、御参加ください。

     この講座は、公益財団法人 和敬塾の協力により、実施します。

講師 及川 空観(おいかわ くうかん)氏 (根付彫刻家)
     平成9年~ 根付の創作を始める。
     平成14年 イタリア・ローマにて西洋彫刻の薫陶を受ける。
     平成18年 根付の初個展を東京で開催(空観と号す。)
     平成20年 大阪芸術大学において学生に講義
     平成26年 第1回ゴールデン根付アワード受賞(清宗根付館主催)

日時 平成28年10月30日(日)
     13:30から16:00まで ※受付開始は、13:00です。

会場 公益財団法人 和敬塾(旧細川侯爵邸 本館)
     ※ 詳細は下記を御覧ください。

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 
平成28年10月17日(月)までの平日9:00から17:00までに電話、又はe-mailで、
氏名、連絡先(e-mail・電話)、同行援護の有無等について、
東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課まで、お申込みください。

お申込み多数の場合は、視覚障害者を優先し、抽選します。
※ 天候等の状況により中止の場合もあります。

開催について不明な場合は、東京都教育委員会ホームページ
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/shogaishanokouza.htm
を、御確認ください。

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
       電話 03-5320-6893
       ファクシミリ 03-5388-1734

【会場】公益財団法人 和敬塾(旧細川侯爵邸 本館)
細川家第16代当主 細川護立侯爵の本邸として、昭和11年建設のチューダー・ゴシック様式を基調とした華族邸宅。
現在は男子大学生寮を運営する公益財団法人和敬塾の育英事業の一環として使用。

 〒112-8682 東京都文京区目白台1-21-2
 地図 http://www.wakei.org/honkan/access.html
 電話 03(3941)6622

【最寄り駅】
 JR山手線「目白駅」より都営バス新宿駅西口行(白61)7分
 東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より都営バス練馬車庫行(白61)5分
  ※いずれも「目白台三丁目」下車40メートル
 東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷」駅 出口2から徒歩10分

JD緊急企画 相模原事件を考える緊急ディスカッション

日時:2016年9月28日(水)午後1時半~3時45分
場所:参議院議員会館 講堂 (東京都千代田区永田町2-1-1) 
定員:180名 参加無料  定員になり次第締め切りますので、お早めに申し込みください。  
*要約筆記、手話通訳、点字資料(要約)用意します。

開催趣旨

相模原市の津久井やまゆり園で起こった障害者殺傷事件から2か月余りが経過しました。
多くの人を震撼させたこの事件は、障害者・関係者の心に突き刺さったままではないでしょうか。

障害分野に関わる人だけでなく、精神医療、司法、研究者など様々な立場・視点から総合的に問題が
解明されなければなりません。追悼集会やさまざまなアクションも展開されています。

今、この事件とその問題を検証し、私たちはどこへ向かうのか、何をなすべきなのかを、
すべての人たちとともに考える場としたいと思います。

プログラム
・黙祷   司会 増田一世 JD常務理事
・あいさつ 藤井克徳 JD代表

《発言》 
三宅 浩子  当事者(知的障害・夢21)
奈良﨑真弓  当事者(知的障害)
太田 修平  当事者(肢体障害・JD理事) 
新井たかね  入所施設関係者(親御さん)
斎藤なを子  施設役員
金子  健  日本発達障害連盟会長(JD理事)
迫田 朋子  ジャーナリスト(元NHK)
石渡 和実  東洋英和女学院大学教授(JD副代表)
川田 龍平  国会議員 ほか、調整中

◎ご参加の国会議員から一言
◎フロアから指定発言-精神障害関係 

関口 明彦 当事者(精神)
小幡 恭弘 家族会(みんなねっと)
・アピール 相田(そうだ)あづさ(知的障害当事者・WA会)
・閉会あいさつ 薗部英夫 JD副代表

【お申し込み・お問合せ先】NPO法人日本障害者協議会(JD)
〒162-0052東京都新宿区戸山1-22-1
TEL:03-5287-2346 FAX:03-5287-2347
Eメール:office@jdnet.gr.jp

以下にご記入のうえ、メール、FAX等でお送りください。

お名前(ふりがな)
所属団体など
電話番号、FAX番号
メールアドレス
障害による必要な配慮  手話・要約筆記・点字資料、車いすスペースなど
その他(  )

「あなたにとって憲法とは?ともに学ぼう!語り合おう!」JD 障害者のしあわせと平和を考える シリーズ2

JD 障害者のしあわせと平和を考える シリーズ2 日本国憲法公布70 年
あなたにとって憲法とは?ともに学ぼう!語り合おう!

 私たちは、戦時中、障害のある人がどれほどの過酷な体験を強いられたかということ、
また、後遺症や潜伏していた傷が戦後になって現れ今なお苦しんでいる人がいることを、
昨年の企画《戦後70年と障害者》で知りました。そのような歴史をもつ障害者は、
平和を希求する思いを人一倍強くし、危険な前触れを察知する力を請負っているといえるでしょう。

 日本国憲法公布70年の節目である本年は、この戦後70年の意義を引き継ぎ、
障害分野の視点から、障害者のしあわせと平和を考えるシリーズ第2弾として
「憲法」を考えます。

 歴史を知り、学び、未来を見据えるために、私たちの身近な暮らしに根付いている
「憲法」の本質をわかりやすい公演でともに学び、みんなで語り合ってみませんか?

日時:2016年11月2日(水)午後1時~5時
場所:憲政記念館 講堂 (東京都千代田区)

資料代500円 ※要約筆記、手話通訳、点字資料(要約)を用意します。
定員:400名
◆申し込み締切:10月20日(木)

プログラム

13:00~ 開会 主催者あいさつ、来賓あいさつ
第1部 公演=松元ヒロさん 「憲法くんが語る平和憲法」

休憩の後、14:20頃から
第2部 みんなで語ろう!憲法テラス

コーディネーター 藤井克徳JD代表 ★公演の松元ヒロさんも参加!
自立支援法違憲訴訟などの藤岡毅弁護士、公募による参加者“語(かた)リスト”の皆さんも交えて、
「憲法のこの条文が好き」「このフレーズに励まされる」など、憲法についての思いを語り合います。

17:00 閉会

お問合わせ
日本障害者協議会(JD)事務局 〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5287-2346 FAX:03-5287-2347 Eメール:office@jdnet.gr.jp

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座(9月)のご案内

 東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、
「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。
 この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」ことも狙いとしており、
都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、どなたでも御参加いただけます。

テーマ
漢方を学ぶ
~基礎知識・効能・付き合い方等~
  ほとんどの人が、テレビ等で効果が宣伝されている「漢方」の治療法、
  効能についての基礎的な知識を持ち合わせていない状況にあります。
  一方、今日、開業医や大学病院において治療に漢方薬が処方され、
  また、大学病院に専門の漢方医が配置されるなど、「漢方」を巡る
  状況が変わり始めているとも言われています。
  本講座では、「漢方」及び「漢方医学」に、専門医をお迎えし、基礎的な知識及び効能、
  付き合い方について、具体的に学ぶ機会を提供します。ぜひ、御参加ください。

講師 頼 建守(らい けんしゅ)氏
    産婦人科医、日本東洋医学専門医

日時 平成28年9月25日(日)13:30~16:00

会場 東京都障害者福祉会館
    住所:港区芝5-18-2
    電話 03-3455-6321

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 事前申込みは不要です。当日、13:00から会場で受け付けます。
※天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、東京都教育委員会ホームページ
 http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/shogaishanokouza.htm
を御確認ください。

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
       電話 03-5320-6857
       ファクシミリ 03-5388-1734
主催 東京都教育委員会

平成28年度第2回身体障がい者パソコンサポーター養成講習会開催のお知らせ

岩手県在住で年齢が18歳以上の方を対象に、視覚又は肢体に障がいをお持ちのパソコン利用者への支援者を養成する講習会を下記の通り、開催いたします。

1 日時 : 平成28年9月17日(土曜日)、18日(日曜日)、24日(土曜日)、25日(日曜日)
     10時から16時まで

2 場所 : 盛岡市 岩手県立視聴覚障がい者情報センター 映写室

3 定員 10人

4 受講料 無料

5 申込締切日 平成28年9月10日(土曜日)

  受講資格、受講内容、申込方法等詳細は下記のホームページでご覧ください。
  「パソコンサポーター 養成講習会」と検索。

SAP.AZN プロジェクト

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

これからの人間に、
エボリューション<進化>を!
日本には多種多様な民族がいる。
障害者や健常者、LGBT、外国人などが集まった社会で、「自分」をさらけだそう!

ワークショップはそれぞれの文化を覗けるチャンス。
さあ、人間の芸術祭りが始まるよ!

<ワークショップの内容>

★ネイチャーバイブレーション・ワークショップ
香瑠鼓(振付家・アーティスト)
日時:2016年10月15日(土) 14時〜17時45分(13時半〜受付開始)
場所:スタジオルゥ(東京都世田谷区北沢1-39-7 SAビル2F-N)
交通手段:小田急線・京王線「下北沢」駅より徒歩5分
参加費:4000円
参加者対象:障害の有無や種類を問わずご参加いただけます。
参加者人数:20名まで(応募者多数の場合は抽選を行います)
申込〆切り:9月28日(水)まで

カラダや声、イメージを使って行うオリジナル・エクササイズのクラス。身体の力を抜いてブレない自分をつくり、身体と脳に同時に働きかけることで創造力が高まります。
さらに、身体を開くことによって表現力、コミュニケーション力も変わり、本来の自分や相手の良さを発見できます。
特別プレゼントで個別アドバイス付き!(ストレッチ→ダンス→個別アドバイス)

プロフィール
慎吾ママの「おはロック」、グリコ「ポッキー」(新垣結衣)、大和ハウス「ベトナムにも」篇(役所広司・古田新太)、EDWIN「ジャージーズ」(瑛太・ 水原希子)から、ボートレース「BOEDO CITY」シリーズ(すみれ)、ソフトバンク白戸家「ギガ物語」シリーズ(乃木坂46)、モンスターストライク「超・獣神祭 夜祭り」篇まで、手掛けた振付は1300本以上。
一方で、1996年より障害のある人たちが参加する「バリアフリーワークショップ」を実施。障害の有無を超えたコミュニケーションを模索する中で、自然界 からヒントを得た独自の即興メソッド「ネイチャーバイブレーション」を体系化。障害のある人のみならず、あらゆる人の可能性を開くメソッドとして注目さ れ、今年7月には東京大学大学院による研究成果が国際学会でも発表される。自身も東大教育学部にて、2015年度前期非常勤講師を務めた。

★シェイスクピア・ワークショップ
野﨑美子(演出家・アクティングトレーナー)
日時:①2016年11月19日(土)13時〜16時半(12時半〜受付開始)
   ②2017年1月予定
場所:①雑司が谷地域文化創造館 第一練習室
   ②都内スタジオの予定
交通手段:東京メトロ副都心線 「雑司が谷」駅2番出口直結
     都電荒川線 「鬼子母神前」駅より徒歩2分
参加費:3000円
参加者対象:障害の有無や種類を問わずご参加いただけます。
参加者人数:30名まで(応募者多数の場合は抽選を行います)
申込〆切り:①10月26日(水)まで /② 未定

※①と②の内容が異なります。
本気の皆、集まれ!この秋、私たちは一緒に芝居を作る仲間を募集します。                             
「この世界はすべてひとつの舞台。人間は男女を問わずすべて役者にすぎない。一人一人が様々な役を演じる」(W・シェイクスピア)。
演劇は体験する芸術。そして芸術は心のカーニバル。さあ、ここであなたと感動のドラマづくりをスタートしましょう。2017年11月20〜26日にロックミュージカル公演があります。その出演者メンバーをキャスティングするかも!?

プロフール
福島県郡山市出身。舞台芸術学院、劇団青年座付属養成所卒業後、劇団東演入団。1996年、文化庁在外研修員として、英国とロシアに留学。その後、ロシア に移住。モスクワ芸術座付属演劇学校マスタークラス卒業。ユーゴザパト劇場客員俳優となる。
2006年に帰国し、アクティングトレーナー、舞台演出家として活動。残夏-1945-(2015年)において聾俳優との創作現場を経験。

★仮)お芝居のつくり方 2日間ワークショップ
喰始(劇団WAHAHA本舗主宰・演出家・放送作家)
日時:2017年3月11・12日
場所:都内スタジオ

※詳細は決まり次第公式HPにてお知らせします!
<お問い合せ・お申し込み先>
以下の項目を記入の上、メールでお申し込み下さい。
お問い合せ・お申し込み先:sapaznp@gmail.com
お名前(よみがな)・年齢・メールアドレス・障害の有無・職業・必要なサポート

<手話・音声説明>
聴覚障害者・視覚障害者向けの説明動画(音声・手話)

<助成>
助成 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
アーツカウンシル東京ロゴマーク

<主催>
SAP.AZNプロジェクト・サイン アート プロジェクト.アジアン

<ホームページ紹介>
サイン アート プロジェクト.アジアン http://www.sapazn.jp/
サイン アート プロジェクト.アジアンFacebook https://www.facebook.com/SAP.AZN/
SAP.AZNプロジェクトFacebook https://www.facebook.com/sapaznws/
サイン アート プロジェクト.アジアンTwitter  https://twitter.com/sapazn

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座(8月)のご案内

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

東京都教育委員会では、視覚障害者の方々が教養を高め、
日常生活を豊かにする機会として、「視覚障害者教養講座」を、
おおむね月1回実施しています。
この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」ことも
ねらいとしており、都内在住・在勤・在学の方で関心のある方でしたら、
どなたでも御参加いただけます。

テーマ
  食生活から考える夏の健康管理
  ~視覚障害者が手軽に作れる料理の紹介を中心に~

夏は、食中毒にかかりやすく、また、暑さで食欲を失くしたりするなど、
健康管理が難しくなる季節です。

本講座では、栄養管理や調理に詳しい専門家を講師にお迎えし、
視覚障害者が、暑い夏を健康で快適に過ごせる知識と技術を学ぶ機会を提供します。
ぜひ、御参加ください。

講師 田口 道子(たぐち みちこ)氏
    料理研究家、管理栄養士

日時 平成28年8月28日(日)13:30~16:00

会場 東京都多摩障害者スポーツセンター
    第一集会室ABC(2階)
    住所:国立市富士見台2-1-1
    電話 042-573-3811

費用 無料

対象・定員 都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

申込み・受付 事前申込みは不要です。当日、13:00から会場で受け付けます。

※天候等の状況により中止の場合もあります。
開催について不明な場合は、東京都教育委員会ホームページ
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_bunka/shogaishanokouza.htm
を、御確認ください。

問合せ先 東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(土曜・日曜・祝日は除く。)
     電話 03-5320-6893
     ファクシミリ 03-5388-1734
主催 東京都教育委員会

障がい者アートによる地方創生を目指して 第6回チャレンジドアートエキスポインジャパン2016開催

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

*企画案作成:NPO法人サポートセンターどりーむ

1.名称 第6回 チャレンジドアートエキスポ・イン・ジャパン2016

2.目的 障がいある人たちのアートの才能を本見本市を通して、発掘育成し、障がい者アートのビジネス化を図り、県内の文化・経済の再発見をすることで地方創生を目指す。

3.テーマ アートでつなぐ平和のメッセージ(For PeaceWith Art)

4.日時 2016年10月14日(金)~10月16日(日)
     午前11時~午後4時30分

5.場所 島根県ビッグハート出雲・ギャラリー&白のホール

6.主催 特定非営利活動法人サポートセンターどりーむ

7.共催 島根県商工会議所連合会
     オランダ王国大使館
     わんぱく大使館(運営;NPO法人サポートセンター
     どりーむ 就労継続支援B型事業所)

8.特別後援 島根県(申請中)

9.後援 島根県教育委員会(申請中)、県内主要都市、県内主要商工会議所、
     日蘭協会、(公財)日本リハビリテーション協会、
     (公財)日本チャリティ協会、(公社)島根県看護協会、マスコミ各社、
     外国大使館など

10.特別協賛 出雲大社

11.協賛 株式会社山陰合同銀行 ごうぎんチャレンジドまつえ、福祉関連団体など
      協賛企業10~20社他
      わんぱくデザイン研究所(運営;NPO法人サポートセンターどりーむ)、

12.運営事務局長(プロデューサー)アリスター・ジャック
   (元オランダ・フィリップス社デザイン部長)

13.同時開催 “第9回ゆめのつばさコンサート”
        10月15日(土)午後2時~4時
        会場:ビッグハート・白のホール
        参加予定アーティスト:6組
        【長坂ゆきひろ/ごうぎん混声合唱団/アコルデソーン合唱団
         ジュニアミュージカル風花/バンドどりーむ
         (ゲスト・あべひろひさ&三原バンド&riAri)
         スペシャルゲスト杉浦貴之】
        音楽監督:阿部裕久

14.企画協力 NPO法人サポートセンターどりーむ東京支部、
        米子支部(設立準備中)、岡山支部

15.出展数 国内アート作品約500点(絵画・陶芸・工芸品など)
       参加都道府県数:東京、埼玉、神奈川、鳥取、島根など15地域

16.特設展示 オランダ、ごうぎんチャレンジドまつえ、
        キラキラ雲南(スペシャルオリンピックス)*予定
        ゆめゆくワークサポート活動(島根県)*予定
        デザインビジネス提案ブース、わんぱくデザイン研究所(主催者)

17.協賛出展 各福祉施設10団体予定(食料品・工芸品など)会場1Fロビー

18.セミナー ☆特別セミナー“町の保健室・麻衣どりーむ”開設記念特別講座”
        “命はやわじゃない(仮題)”講師 杉浦貴之(予定)
        10月15日(土)午前11時~12時 
        会場 ビッグハート出雲・レセプションホール
        ☆海外情報セミナー
        10月16日(日)午後1時~2時30分
        会場 ビッグハート出雲・茶のスタジオ
        内容&講師未定 ★セミナーすべて定員 60名

19.入場料 ギャラリー・特別セミナー、海外情報セミナーは無料、
       コンサート 入場料 2000円

☆事務局:〒691-0031 出雲市東福町156-1
     特定非営利活動法人サポートセンターどりーむ
     運営事務局:担当・常賀信寛(つねよし)
     TEL&FAX:0853-62-4872
     メール:art-art@amail.plala.or.jp

介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット 4周年シンポ

ノーマネット事務局にお寄せ頂きました情報です。

介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット 4周年シンポ
-わたしらしい自立生活をつくる権利とは!?-

内容

■介護保障がいのちを支える~ALSの場合~

講演者
岡部宏生さん(一般社団法人日本ALS協会会長)
平岡久仁子さん(一般社団法人日本ALS協会常務理事)

■弁護団方式によるヘルパー時間数24時間交渉事案

脳幹梗塞を発症し、脳動脈乖離に基づく四肢麻痺と
運動障害性構音障害(閉じ込め症候群)が生じた当事者が
弁護団方式 で交渉を行っています。
現在その交渉内容とは?弁護団の活動とは?
ご本人の思いは?弁護団とご本人がお話しします。

講演者
原島有史弁護士(当会会員弁護士)、ご本人

■全国各地からの弁護団方式によるヘルパー時間数交渉及び裁判等の事例報告&意見交換

障害当事者の話を交えながら、全国で介護支給量増量
(重度訪問介護毎日24時間など)を果たした事例をご報告し,
今後の活動に向けた意見交換を行います。

報告者:全国各地の弁護団(10程度の弁護団予定)
コーディネーター:藤岡毅弁護士(当会共同代表)

2016年10月15(土)午後1時~午後5時(開場:12時30分)

会場 川崎市産業振興会館4階
   神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
   JR川崎駅から徒歩8分(東京駅から3駅 品川駅から1駅)
   京急川崎駅から徒歩7分(羽田空港から直通13分)

入場無料
申込不要

動画で生中継を行います!詳しくはホームページ先頭に後日アップします
http://kaigohoshou.utun.net/

要約筆記、手話通訳及び事前の資料送付等の情報保障が必要な方は、
2016年9月10日までにご連絡ください。

主催:介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット
後援:日本障害フォーラム、社会福祉法人日本身体障害者団体連合会、
全国手をつなぐ育成会連合会、一般社団法人ゼンコロ、
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会、
特定非営利活動法人DPI日本会議、特定非営利活動法人日本障害者協議会、
公益社団法人日本社会福祉士会、きょうされん、
障害のある人と援助者でつくる日本グループホーム学会、
NPO法人障害児・者人権ネットワーク、公益社団法人全国脊髄損傷者連合会、
公益財団法人日本知的障害者福祉協会、一般社団法人日本ALS協会

お問い合わせ:介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット
TEL・FAX 0120-979-197
※コンビニのFAXからは送信できません

E-mail kaigohoshou@gmail.com
参加費無料・申し込み不要

ページ

RSS - ノーマネットぼっくす を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615 ウェブによるお問い合わせ
(C)2005 - 2014 NORMANET
本文はここまでです。