6.3JD緊急フォーラム
 検証 障害者自立支援法施行直後の実態、
     そして今なすべきことは
各地から650名がつどい
さまざまな実態と、今なにをなすべきか語り合う
多数の参加、ありがとうございました!
ニッショーホール

6月3日(土)日本障害者協議会は、東京・ニッショーホールで、JD緊急フォーラムを開催しました。全国から650名以上が参加し、会場は熱気に包まれました。

太田JD企画委員長による「今日から反撃、応益負担の抜本的な見直しを」とする基調報告のあと、佐藤JD政策委員長からは、実態調査の第一次分の報告が行われました。調査は定点調査という形で、今後自立支援法施行後の障害者の経済状況を中心に、第二次、第三次が行われることになっています。
シンポジスト
つづいてシンポジウムが行なわれました。宮代隆司さん(日本グループホーム学会)は、「日割り計算となり、家族のもとに戻る人もでてきた」と語りました。氏田照子さん(日本自閉症協会)は、「障害程度区分は自閉症などの発達障害の特性を反映できていない」と述べました。井上忠幸さん(東京コロニー・ケースワーカー)は、「利用者に4月からは給料をもらうのではなく、私たちが払うようになったんですか?、と言われ、つらい」と、苦しい事情を明かにしまた。二見精一さん(足立区)は、「この法律は厚労省も含めて誰も完全にわかっていない」とし、さらに「各自治体が行っている減免措置を3年後も続けさせるという視点も大事ではないだろうか」。
フロアーからも発言
会場からは、「更生医療が自立支援医療という形になり、一割負担は命の問題と直結するようになった」という切実な声、「こんな法律は、絶対に許してはならない」などの強い問題提起がなされました。
プログラム
●総合司会  大塚淳子(日本精神保健福祉士協会)
開会あいさつ 
基調報告  太田修平(JD企画委員長)
JD生活実態アンケート調査の趣旨説明と中間報告 佐藤久夫(JD政策委員長)他
シンポジウム
 コーディネータ 藤井克徳(JD常務理事)・加藤房子(全国精神障害者地域生活支援協議会)
 シンポジスト
  井上忠幸(社会福祉法人東京コロニー・コロニー印刷東村山工場ケースワーカー)
  氏田照子(社団法人日本自閉症協会副会長)
  二見清一(足立区福祉部障害福祉課障害福祉計画係主査)
  宮代隆司(日本グループホーム学会運営委員) 
 指定発言(居宅生活、医療、児童関係者から)
アピール 

一問一答


2005年の運動

 主催  日本障害者協議会(JD)
 〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 TEL 03-5287-2346 FAX 03-5287-2347
 E-MAIL  office@jdnet.gr.jp  URL  http://www.jdnet.gr.jp

■
Copyright JD 2006